読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

至上の恋

4.君しだい


翌朝、未紀は高熱を発した。これが流行中のインフルエンザか、と
思い至ったときには、もう枕から頭をあげることさえ困難だった。

39度の熱では、横になっていてもまるで楽ではない。ひいひいと
熱い息を吐きつつ、遠い踏切の警報機の音を、妙に懐かしいものの
ように聴いていた。

瑶子が来てくれたのは、夜の7時すぎだった。
「ついに別れますか」部屋に入ってくるなり彼女は言った。
「車で来たわ。祐介くんに荷物持ってきてって頼まれてさ」
「また瑶子んちに?」未紀は唸った。
「それがさ、」瑶子は笑った。
「青テントに泊めてもらってるんだって」
「青テントって…」
「多摩川の橋の下。彼、ホントだれとでも仲良くなるのね」

やがて、温かい香りが流れてきた。瑶子も友人の危機には粥ぐらい
つくるのだと、ありがたく思った。しかし実際にはほとんどのどを
通らない。8時間持続するという熱ざましシートの効果は大嘘で、
火あぶりの如く最悪な気分に、ひたすら耐えているしかなかった。

涼しげな氷の音がした。体温と同化した熱ざましシートがぺりっと
はがされ、つんざく冷たさの濡れタオルが顔にかぶさった。
「ほら、全然いいだろ」
「うん。全然いい」
答えながら未紀は、タオルのかげから目を出した。

祐介がリンゴを剥いていた。

男のくせに節の目立たない、色白の手。見なれた銀の指輪が中指に
光っている。初めて会ったときから、この手が好きだった。未紀は
しばしうっとりと見つめ、そしてつぶやいた。

「卑怯だ」
「なにが?」静かに集中している祐介の横顔だった。
「ひとの病気につけこんで」
「そんなんじゃないよ」くるくると紅い皮が、円を描いてゆく。
「ミキの熱が下がったら、ちゃんと出てくよ」
青テントに? 訊きかけて未紀は目をつぶった。

「ごめんね」祐介は言った。
「俺、ミキを家族だと思いこんでた。それで遠慮がなくなってた。
気遣いもなくなってた。親とか兄弟って、よほどのことがあっても
見捨てないもんなんだろ? だからミキは何でも許してくれるって、
都合よく考えちゃってたんだな」

卑怯だ、と未紀はまた思った。しおらしいようなことを言いながら、
それでは私がとても非情な女みたいじゃないか。

「そうだ、さっき電話あったよ。その人から」
目を開けると、祐介がサイドテーブルの本を顎で指していた。
「出たの?」未紀は起き上がりそうになった。
「まずかった?」
「まずかないけど、何て?」
「謝ってた。それとお礼言ってた。『何とかやってみます』だって」
「…」
「すげえ時の人じゃん、佐伯紘一郎って」
「…」
「知り合いなんだ」

ひたと見つめるまるい瞳を見て、祐介が、祐介にしてはものすごい
辛抱をしているのが、未紀にもよくわかった。

「なんかさ、」彼は笑った。「春は旅立ちの季節だよね」
「何よそれ」
「激動っていうか」
「…」
「俺なりに、いろんなこと考えたよ」

一瞬、未紀は泣きそうになった。

「ここに置いとくね」
すりおえたリンゴを、祐介は途方に暮れたようにながめた。
「色変わるけど、味は変わんないから」

つめたいタオルで顔を覆ったまま、未紀はドアの閉まる音を聴いた。
1年も経てば、みんな思い出になる。忘れられないなんて、お伽噺
の世界のこと。決まった住所も、携帯電話も持たない男。今度こそ
永遠に、目の前から消える。

引き剥がすように起き上がった。

全身がつれるように痛んだ。ああ、また私は馬鹿をやろうとしてる。
思いながら未紀は、目の見えない人のように、壁づたいに歩いた。
祐介が出ていってから、どのくらい時が過ぎたのかもわからない。
やっとドアだと思ったのは、窓だった。がらがらと引き開け、夜気
に顔をさらした。

物音にはじかれたように、祐介が振り仰いだ。
路上から見あげた目は、ほとんど畏怖にみちていた。

その姿を、未紀は見下ろしていた。
すべては自分の、次のひとことにかかっているのだと思った。

― 完 ―

2003.02.23
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ