読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

素敵な嘘

1. 珍客


土曜日の朝は、洗濯をすることに決めている。
寮のランドリールームがいちばん空いている時間帯だからだ。授業
のほとんどない土曜日、学生の朝は遅い。
でもその日は、ちょっと様子が違った。いつものように1週間ぶん
の衣類を抱えてランドリールームを訪れると、だれもいない室内で
1台きりの乾燥機が孤独な音をたてていた。

僕の洗濯が終わり、乾燥機が止まっても、先客は現れなかった。
少し迷ってから、乾燥機の扉を開けた。大量の衣類があふれだし、
あわてて受け止めた僕は、自分が何気なくつかんだものを見て頭の
中がまっしろになった。

女物のパンティだった。

しかも黒いレースのスケスケに透けたデザインだった。僕はそんな
ものを手にするどころか、至近距離で見るのさえ初めてだった。
あまりの事態にフリーズしていると、背後から声がした。
「おー、悪い悪い」
現場をおさえられた下着泥棒のように、僕はパンティーを乾燥機の
中へ押し戻した。
声の主は、友人の森島だった。
「オレんだよ。今片すから」彼は言った。

パンティーだけではなかった。そろいの黒いブラジャーや、足首の
ところにハート型のラメ飾りが入ったストッキング(なんて詳細に
見ているのだ僕は!?)…森島はまるで臆する様子もなく、そんな
品々のしわを伸ばしてたたみ、持参の袋にしまった。
「彼女来てんの?」
僕の問いに、仲間うちでもとくに女性にモテる森島は、少し照れた
ような、素晴らしくチャーミングな笑顔を浮かべてみせた。

          〜*〜*〜*〜*〜

女人禁制なんて規則は、この男子寮では建前にすぎない。
何せここの管理人ときたら、70は間違いなく越えているお爺さん
一人きりなのだ。門限が夜10時なのに9時には完全に眠っている。
設備がやや老朽化していることにさえ目を瞑れば、学生にとっては
パラダイスのような環境なのである。

「柏木って、もしかして女嫌い?」
大学に入って数か月たったころ、森島に訊かれたことがある。
僕は19歳の今日まで、まともに女の子と付き合った経験がない。
当然、部屋に連れ込んだこともない。森島のような男からみれば、
僕の生活は荒れ果てた砂漠みたいに思えるのだろう。

         〜*〜*〜*〜*〜

部屋に戻って洗濯物を片づけていると、突然あわただしいノックの
音とともに、緊迫した森島の呼び声が聞こえた。

ドアを開けるや否や、香水の匂いがした。

次の瞬間、髪の長い女の子が部屋の中に押し込まれていた。そして
血の気を失った森島が、僕に向かって合掌していた。
「1時間…いや、30分でいい!」彼は言った。
僕は女の子を見た。彼女はめまいのしそうなミニスカートをはいて
いた。すらりとした足首のハート型のラメ飾りが、まっさきに目に
飛び込んできた。

「何なんだよ?」やっとのことで、僕は言った。
「オフクロが来るんだ」森島は真剣に冷や汗をかいていた。
「急に電話かかってきて…今、下のロビーにいるって」
女の子が小さなためいきをついた。顔を見ると、彼女はまっすぐな
栗色の髪を、とてもだるそうにかき上げた。
「とにかく頼む」
「オイ!」
「すぐ帰らすようにするから。じゃ!」
そう言って森島は、バンとドアを閉めた。

僕は呆然と突っ立っていた。
「ねえ」
眠そうな声に振り向くと、女の子はすでに腰かけていた。僕の気に
入りの椅子に、勝手に。あっけにとられた。
「水くれない? よーく冷えたやつ」
彼女はそう言って、脚を組んだ。
「あたし、すっごいふつか酔いなの」

→ 第2回へつづく →
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ