がんばる女性へ応援歌! by 池田ゆう

がんばる女性へ応援歌!
現代社会の処世術を女性起業家の目で探ります。ますます迫り来る実力社会の波。木の葉のように舞いながらも着実に正しい航路を指し示す水先案内人【池田ゆう】が贈る女性のための応援歌です。

キーワード:女性,SOHO,起業,新規事業,子育て,くらし,処世術

池田ゆうのコラム

6 マナーについて(電話編)
5 人材育成のための「コーチング」
4 私の27時間
3 ある「おばあちゃん」との出会い。
2

2日目

1 大丈夫でしょうか?といわれても・・・

あなたもライターになれる
 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情2

老人ホームの裏事情

国際化社会

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援

オトコとオンナ

チョコレートカクテル

不倫のススメPart2

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2000.09.01
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ

第2回

2日目


いよいよ面接第2回め。期待を膨らませ応募者の待つ部屋に入る。すぐに、目に止まった女性がいた。

今回は男性5名、女性6名。その中で彼女の目付きだけが違うのである。なんとも、イキイキとした活発そうな目。一目で「うまくやっていけそうだ」と直感した。きっと、大手企業のキャリアに違いない。

前回よりも多少力の入った説明をした。質問の中で、やはり、彼女の言葉だけは生きていた。相手の目をしっかりと見て、失礼のない的を得た内容。

「これから新しい事を勉強したい」という謙虚な気持ちがはっきりと伝わってきた。こうゆう人がひとりでもいると、断然その場がワンランク上がる。不思議なものである。

個人面談で彼女のキャリアも確かに素晴らしかった(企業がではなく、彼女の考えと仕事に対する姿勢が)のだが、驚いた事に現在は専業主婦だと言う。家庭を守って8年になるとか・・・子供が3人。まだ、手のかかる年頃である。

現役ではないのに、自信にあふれた前向きな主婦に久しぶりに出会った。面接をしていて、心から嬉しくなるのはこうゆう時である。

「主婦も捨てたもんじゃないぞ!」

「生きるための現場」でがんばっている主婦パワーが、私は欲しいのだ。毎日の生活の中、子育てが終わるのを待つよりも、少しでも若いうちに「自分」の可能性を試すことにしたのだと言う。彼女の良いところは、素直さと柔軟性とその中に秘めた闘志である。

「家庭と仕事の両立したいって我がまま・よくばりですかねえ」と彼女は言った。「い〜え、絶対に違いますよ。だって、時間は戻ってこないのだから、存分に使ったほうが後悔しないと思いますよ」

実際、私自身、子育てをしながら仕事をし、まだ、2人は子供を産むつもりでいる。これは自分自身への挑戦でもある。

続けていれば、後から収入がついてくる。神様はよくご存知である。心がサボったときには、確かに収入、減ったっけ・・・

面接。新しい誰かと出会う時。イキイキとして決してあきらめない女性に出会うと、こちらが力をもらえる。

がんばる人を心から応援する人って必ずどこかにいるもんです。そんな人と出会えた時、もうひとりの自分が見えてきます。時間を数倍活用する人生の方がきっと楽しい。そしてあなたも絶対できるから!

2000.09.08
池田ゆう

スポンサード リンク