がんばる女性へ応援歌! by 池田ゆう

がんばる女性へ応援歌!
現代社会の処世術を女性起業家の目で探ります。ますます迫り来る実力社会の波。木の葉のように舞いながらも着実に正しい航路を指し示す水先案内人【池田ゆう】が贈る女性のための応援歌です。

キーワード:女性,SOHO,起業,新規事業,子育て,くらし,処世術

池田ゆうのコラム

6 マナーについて(電話編)
5 人材育成のための「コーチング」
4 私の27時間
3 ある「おばあちゃん」との出会い。
2

2日目

1 大丈夫でしょうか?といわれても・・・

あなたもライターになれる
 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情2

老人ホームの裏事情

国際化社会

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援

オトコとオンナ

チョコレートカクテル

不倫のススメPart2

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2000.09.01
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ

第6回

マナーについて(電話編)


仕事を行うにあたり、特に必要となる事。マナーについて、少し触れたいと思う。

電話の応対。簡単そうで実は奥が深く、きちんとしたマナーを守れている人は少ないと常に感じている。そうゆう私も、たまに礼節を欠いた対応をしてしまい受話器を置いた後で、なんとも言えない後悔の念を持つ事がある。

みなさんは、電話が好きだろうか?言葉遣いはもちろん、その中で私自身が一番心がけていることをひとつお話したいと思う。余談になるが、長年、銀行の窓口係りとして勤務させて頂いた。ご存知かもしれないが、銀行員は、ノルマが信じられない程に多いのだ。毎日の電話セールスというのが必至であり、当時を思い出すと心から自分を褒めてあげたいといつも思う。と同時に、あの時に鍛えられ、身に染みついた電話の技は一生の財産だとも感謝している。

自分のノルマを数倍に達成しないと気が済まない貧乏性の私は受話器で、耳に本物のタコを作ったという凄い経歴の持ち主でもある。電話。されど電話。たった一本の電話で、相手をその気にさせる、声による営業のコツを習得してしまったのである。

当たり前の事ながら、かける先の都合を徹底して研究する。時間、職業、家庭環境など。相手が一番リラックスしている時間にしかかけない。次に呼び出し音が鳴る間に、テンションを高めておく。相手との話の第一歩、「お世話様になっております!」を心の底から吐き出す。懐かしくなくても、嫌いな相手でも、「好きな相手なんだ」と自分に言い聞かせて・・・この時が勝負なのだ。常に相手の話をよく聞き、絶対に適当な答え方をしない。顔が見えない相手だけに、声、言葉ひとつでその電話のまとまり方は180度変わってくる。

結論を急がずに、とにかく、相手を気持ち良くさせる事。顔の見えない相手に対して、真の笑みを浮かべて話すことが出来れば対面しての商談、交渉事はもっとうまくいくはずだ。(たまに、主人から「電話なのに、そこまで笑わんでもいいやろ」と不気味そうに言われたりもする)演じる事。

そして、問題は最後の受話器の置き方。いまさら・・・と思う方が多ければ素晴らしいことだが、出来ていない人が殆どなのも事実である。「相手が受話器を置いてから、自分も受話器を静かに置く」どんな素晴らしい話が出来ても、演技することが出来ても、最後の受話器の置き方で、私は、相手のおおよそを判断している。

「ではまた。」ガチャン!!試してみてはいかがだろう?きっと、殆どの方が「また」から1秒も経たないうちに、ガチャン!!だから。

たまに、受話器を放り投げているのではないかと疑いたくなるほど大きな音を立てて切る人もいる。興ざめである。

「ではまた」・・・・・カチャ。この時も受話器は押さえるように置くのがベストなのだ。・・・・・この間(ま)が大事なのである。たま〜〜〜〜に、同じようなタイプの方と出会い、お互いに相手の受話器を気にしながら、「しーん」とした数秒を過ごすときがある。少しばかり、「いつ切れるのかしら・・・」と困惑したりもするが。そうゆう時は、たとえ顔を知らない相手であっても、なんとなく、そのお人柄が見えたような暖かい気持ちになるものだ。

電話のマナー。わかっているようで、一番難しいコミュニケーション。そんな小さい事どうでもいいのかもしれない。でも、経験上、そうゆう小さい事の積み重ねが、幾つもの「結果」を出している。それは間違いない事実である。

母として、妻として、そして、女として、ひとつ、その技を磨いてみてはいかが?電話の応対が素敵な女性(ひと)って、実際お会いしても想像どおり、また、想像以上の方が多い。

マナー。結局は、相手を気持ち良くさせる事。それに尽きるのかもしれない。

2000.10.15
池田ゆう

スポンサード リンク