がんばる女性へ応援歌! by 池田ゆう

がんばる女性へ応援歌!
現代社会の処世術を女性起業家の目で探ります。ますます迫り来る実力社会の波。木の葉のように舞いながらも着実に正しい航路を指し示す水先案内人【池田ゆう】が贈る女性のための応援歌です。

キーワード:女性,SOHO,起業,新規事業,子育て,くらし,処世術

池田ゆうのコラム

6 マナーについて(電話編)
5 人材育成のための「コーチング」
4 私の27時間
3 ある「おばあちゃん」との出会い。
2

2日目

1 大丈夫でしょうか?といわれても・・・

あなたもライターになれる
 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情2

老人ホームの裏事情

国際化社会

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援

オトコとオンナ

チョコレートカクテル

不倫のススメPart2

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2000.09.01
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ

第1回

大丈夫でしょうか?といわれても・・・


面接第一回目・・・4名の男性と6名の女性が集まった。新規事業の人材募集広告による成果である。誰もやったことのない内容、生き残るための事業だけに説明にも力が入る。その後の面接。

なんと、男性陣の現実的発想の多いことか・・・「無から有」を作る事に慣れていない。慣れていないならまだしも、殆どがマイナス思考。これが、これまでの日本を作り上げてきた人達のなれの果てか・・・

「そんなことは不可能ではないのでしょうか?」「その奥の秘策はどのようなものがあるのですか?」今日、初対面の面々で、まだ、採用も決まってないというのに、なんと失礼な質問であろう?十数年かかって作り上げたノウハウが、そんなに簡単にわかってたまるものか、と内心憤慨した。「なぜ、キミタチに教えなきゃならないの?」

私達、一般市民がこれからの生活を守るには、自分達で立ち上がるしかないのだ。そのためには、まだ、心に余裕がある今、コツコツと取り掛かるしかない。みんなが、「え〜、そんな事できるの?出来たら凄いけどね。」と思うこと自体、この事業のやりがいもあるというものだ。もし、あなた方男性が、「凄い」「でも、どうやって?」と思うならば、ただついてくればいい。それだけの事である。それとも、日本人特有の考え、「女は信用ならない」「心細い」のだろうか・・・だとしたら、「あっかんべ〜」である。多少、真剣に物事を捉えることが出来る女性ならば、その柔軟性と粘り強さでは、絶対的に男性に勝ると思っている。確かに、悔しいかな、どうしても、勝てない面もあるけれど。

さて、女性の面接に入った。みんなの目は疑惑と希望そのもの。。。おもしろいことになるぞ!と思いきや・・・「本当に3ヵ月後に、給料がいただけるのでしょうか?」「私、なんにも出来ないのですが、それでも大丈夫でしょうか?」「子供がいるのですが、大丈夫でしょうか?」

ため息が出そうになった。いや、出た。今回の募集は、「家庭副業」で「自分達の手で働く場所作り」が出来る方、その運営に関わっていただける方・・・であるハズ。「なんにも出来ない」「大丈夫?」謙遜しているのか、面接側をバカにしているのか・・・なんにも出来なくて、大丈夫?という人になぜ、給料を支払うの?

今日の収穫はこうである。「みんな、将来のことは案じているものの、他力本願、楽に稼ぎたい。と思っている!」特に、専業主婦が長い人。また、OLに疲れて楽になりたい人。とりあえず、今日の応募者はそうであった。

人に甘えながら、収入が取れるのなら、私もそうしたい。

これからの日本は、今、みんなが思っている以上に実力社会になり、出来ない人は食べていくことさえ難しくなる事、みんな本当にわかっているのだろうか?そうなる前に「転ばぬ先の杖」「アリときりぎりす」のアリとなって、基盤を作りましょう!と、こんこんと説明したでしょう?

明日も多くの応募者が待っている。担当の話では、やる気満々の女性が数人いるらしい。さてと、明日に期待しますか・・・どうも、道は長そうだ。

2000.09.01
池田ゆう

スポンサード リンク