私が出逢った男たち -乾 京子-

今まで多くの男性に出逢った。学校、合コン、バイト、ネット・・。友達として10年以上仲良くしている人、すぐ別れてしまった人、恋人だった人。過去の男たちついて様々な角度から赤裸々に、時に淡々と綴ります。

私が出逢った男たち

私が出逢った男たちPart1
by 乾京子
私が出逢った男たちPart2
by 卯月あみか
私が出逢った男たちPart3
by 緑川すずめ

乾京子自己紹介
マガジン発行部数

新着エッセイ

Part2へ

57

最終回-父と兄-

56 まる
55 ヒロシくん
54 肥後くん
53 あぶ
52 あつのぶくん
51 柳沢くん
50 ナパ
49 まっちゃん
48 エビさん
47 アラタ
46 神田くん
45 よっしー
44 佐々木くん
43 ぬぅ
42 しんすけ
41 小林くん
40 本田さん
39 古庄
38 中田くん
37 ライ
36 早苗
35 白い車の人
34 けんじ
33 後藤さん
32 ゆう
31 しんご
30 早稲田くん
29 キョースケ
28 糸井さん
27 スーさん
26 じゃんぼ
25 だいちゃん
24 セク原田
23 新保くん
22 キクちゃん
21 りき
20 竜ちゃん
19 クニヒロ
18 たけ
17 ダン
16 ひとし
15 ○ヤマ・○ョウ
14 社長
13 たかしさん
12 神様・其の2
11 いけや
10 しゅう
09 トモ
08 ゆうじ・其の2
07 ゆうじ
06 トシ
05 神様
04 モーミン
03 アツオ
02 バンビ
01 ダイスケ
00 きのっぴ

第4回

モーミン


中学時代、好きな男の子や、
お気に入りだった男の子に秘かな呼び名を付けたものである。
命名『モーミン』。
由来は簡単である。
もみあげが長いからモーミン。
単純だがなかなかバレないものだ。

モーミンは『好き』ではなく『お気に入り』だった。
どことなく野暮ったい感じが良かった。
運動神経抜群、頭脳明晰、リーダー格。
モテる要素はあるのだが、どうしても野暮ったい為にモテない。
だから私も『好き』ではなく『お気に入り』だったのかもしれない。

友達も皆彼を陰で『モーミン』と呼び、
誰も彼を好きではないが気になる存在だった事には違いない。

身体測定を行った数日後、保健委員だった私はコッソリ彼の結果をコピーした。
女の子同士でそれを見ていると、誰か一人が悲鳴に近い声をあげた。
「ちょっと、胸囲のとこ見てよ!」
胸囲の欄を見てみると、なんと100cm以上あるのだ。
確かに彼は水泳部で体格は良かったが、そこまであるとは思わなかった。

そして少し間があり、今度は皆一斉に笑い出した。
「モーミンすげー!」
「流石モーミン!」
「伊達にモーミンじゃないね!」
モーミン本人も、
まさか自分がこんなに笑いのネタになっているとは思いもしなかっただろう。

日々モーミンの話題は尽きる事がなかった。
なかなかネタになる人材なのである。
だからと言って、彼の何が特別という訳でもなかったのだが、
『モーミン』という名が出るだけで盛り上がったものである。

ほぼ毎日彼の話をしているものだから、男の子達も気付き始める。
「モーミンって誰のこと?」と聞かれた時には皆黙り込んでしまった。

しかしこれだけ話していると、誰だかしぼられてきたらしく、
男の子達の間でも彼を『モーミン』と呼び始めた。

もうこれではこの名前は使えない。
なので、新しい呼び名を考える事にした。
そして考え出したのは『ミッシェル』である。
名字の頭が「み」だったのでミッシェル。
安易だが、その野暮ったさに似合わない感じがまた良かった。

しかし『モーミン』がバレた為、『ミッシェル』もすぐにバレてしまった。
同じ内容で違う名前を言ってれば簡単にバレてしまって当然である。
中学生の浅はかさとでも言えばいいのか、それとも私が馬鹿だったのか。

ちなみに私はあだ名を付けるのが好きだった。
モーミンもミッシェルも、考案者は私である。
その他、友達の好きな男の子のあだ名も付けたし、
呼び辛い名前の人のあだ名も全て付けた。

しかし私は小・中学校と、友達も少なく大人しい生徒だった。
その頃の同級生が私を覚えているかと言えば不明である。
内面はこんなに遊び好きだったのにね。


2002.10.30

乾京子


スポンサード リンク

私が出逢った男たち


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

小口輸入支援・販路ドットビズ


創刊:2002.09.12
訪問者数:
更新:2011.02.16
デジタルたまごやトップ