私が出逢った男たち -乾 京子-

今まで多くの男性に出逢った。学校、合コン、バイト、ネット・・。友達として10年以上仲良くしている人、すぐ別れてしまった人、恋人だった人。過去の男たちついて様々な角度から赤裸々に、時に淡々と綴ります。

私が出逢った男たち

私が出逢った男たちPart1
by 乾京子
私が出逢った男たちPart2
by 卯月あみか
私が出逢った男たちPart3
by 緑川すずめ

乾京子自己紹介
マガジン発行部数

新着エッセイ

Part2へ

57

最終回-父と兄-

56 まる
55 ヒロシくん
54 肥後くん
53 あぶ
52 あつのぶくん
51 柳沢くん
50 ナパ
49 まっちゃん
48 エビさん
47 アラタ
46 神田くん
45 よっしー
44 佐々木くん
43 ぬぅ
42 しんすけ
41 小林くん
40 本田さん
39 古庄
38 中田くん
37 ライ
36 早苗
35 白い車の人
34 けんじ
33 後藤さん
32 ゆう
31 しんご
30 早稲田くん
29 キョースケ
28 糸井さん
27 スーさん
26 じゃんぼ
25 だいちゃん
24 セク原田
23 新保くん
22 キクちゃん
21 りき
20 竜ちゃん
19 クニヒロ
18 たけ
17 ダン
16 ひとし
15 ○ヤマ・○ョウ
14 社長
13 たかしさん
12 神様・其の2
11 いけや
10 しゅう
09 トモ
08 ゆうじ・其の2
07 ゆうじ
06 トシ
05 神様
04 モーミン
03 アツオ
02 バンビ
01 ダイスケ
00 きのっぴ

第15回

○ヤマ・○ョウ


またもやキャバクラのお客様である。
席につく時スタッフに「あの人は触るから気を付けて」と言われ、少し距離を置き、隣に座った。

私は『触る』と言われる客になかなか触られない。
その『○ヤマ・○ョウ』も決して私に触らなかったが、気に入られたらしく、「キャバ嬢に電話番号を教えるのは初めてだ」と言い、教えてくれた。

どうやら彼は世界的に有名なデザイナーらしい。
小汚い格好はしていたが、そう言われればなるほどと思う節もある。
しかし余りにも自慢げに話すので、大した事はないのだろうと思いつつ「スゴーイ!」などと連発していた。

彼はしきりに「俺のアトリエに来なさい」と言う。
本音で「怖い」と言うと。
「怖いのは俺の方だよ。スキャンダルになったら大変だ」と返す。
だったら誘わなきゃいいのに。

それでも私は翌日彼に電話を掛けた。

なんだか大きな事を言えば言う程うさんくさい。
「六本木までベンツで迎えに行くから、アトリエに来なさい」だとか、「銀座や六本木で俺を知らない女は居ない」などとぬかす。

そして「俺がデザインしたものをあげるから、1日だけ恋人になりなさい」と言う。
「そんなの嫌だわ。物でつられたくはないの」と言うと、「馬鹿な女だな」と言う。
お前こそ馬鹿なんじゃないかと思いながらも、今後のお客様になるかもしれないので、
「ええ、馬鹿なんです」と素直に答える。
「利口な女は金を払ってでも俺に抱かれたがっているのに、お前は本当に馬鹿な女だ」
と言う。
そういう女の方が馬鹿なんじゃないかしら?
小汚い自慢屋のおじさんに誰が抱かれたいなんて思うのだろう。

そして彼は悔し紛れかこう言った。
「結構歳を取ってるから利口な女だと思って電話番号を教えたが、もう消してくれ」
「ああ、分かりました」と言い、電話を切った後即電話帳から削除した。

その後彼の名前をネットで検索したが、1件だけヒットした。
しかし名前だけで何の説明もない。
確かにデザイナーではある。
写真も載っていない。

もし世界的に有名だとしたら、もっと多く詳しくヒットするだろうし、あんなつまらない自慢話もしないのではないだろうか?

しかしキャバクラには『自分は凄い』と言いたがるお客様は少なくない。
そういう場で日頃の鬱憤を晴らしているのかもしれないと思うと可愛くさえ思えてくる。
と、言いたいところだが、やはり可愛くはないのだ。


2003.01.28

乾京子


スポンサード リンク

私が出逢った男たち


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

小口輸入支援・販路ドットビズ


創刊:2002.09.12
訪問者数:
更新:2011.02.16
デジタルたまごやトップ