私が出逢った男たち -乾 京子-

今まで多くの男性に出逢った。学校、合コン、バイト、ネット・・。友達として10年以上仲良くしている人、すぐ別れてしまった人、恋人だった人。過去の男たちついて様々な角度から赤裸々に、時に淡々と綴ります。

私が出逢った男たち

私が出逢った男たちPart1
by 乾京子
私が出逢った男たちPart2
by 卯月あみか
私が出逢った男たちPart3
by 緑川すずめ

乾京子自己紹介
マガジン発行部数

新着エッセイ

Part2へ

57

最終回-父と兄-

56 まる
55 ヒロシくん
54 肥後くん
53 あぶ
52 あつのぶくん
51 柳沢くん
50 ナパ
49 まっちゃん
48 エビさん
47 アラタ
46 神田くん
45 よっしー
44 佐々木くん
43 ぬぅ
42 しんすけ
41 小林くん
40 本田さん
39 古庄
38 中田くん
37 ライ
36 早苗
35 白い車の人
34 けんじ
33 後藤さん
32 ゆう
31 しんご
30 早稲田くん
29 キョースケ
28 糸井さん
27 スーさん
26 じゃんぼ
25 だいちゃん
24 セク原田
23 新保くん
22 キクちゃん
21 りき
20 竜ちゃん
19 クニヒロ
18 たけ
17 ダン
16 ひとし
15 ○ヤマ・○ョウ
14 社長
13 たかしさん
12 神様・其の2
11 いけや
10 しゅう
09 トモ
08 ゆうじ・其の2
07 ゆうじ
06 トシ
05 神様
04 モーミン
03 アツオ
02 バンビ
01 ダイスケ
00 きのっぴ

第23回

新保くん


私が小学校に入り、即好きになった男の子は『新保くん』である。
初恋ではない。
初恋は5〜6才の頃に済ませている。

彼は私の家から1分も歩かない所に住んでおり、登下校をよく共にした。
小学校低学年の頃、遊んだ記憶があるのは新保くんだけである。
女の子の友達が、いなかった訳ではないはずなのだが・・・。
その頃の記憶というのは、本当に曖昧である。

新保くんとは6年間同じクラスで、特別仲良くしていた訳ではないが、小学校の6年間、私は彼のことがずっと好きだった。

バレンタインデーにチョコレートを渡さなかった年はない。
小学生1年の頃から毎年渡していたのだ。

彼は、その当時から見れば、完璧な人物だった。
成績優秀、スポーツ万能、ルックスも良く、頭が良い為、かなり面白い。
性格が少し歪んでいた様だが、正義感も強く、これだけのものを持っていると、さほど気にならない。

しかし、小学校の頃の卒業アルバムを見ると、愛嬌のある顔はしているが、決して良い顔とは言えない。
悪くはないのだけれど。

6年間好きだったと言っても、彼だけを好きだった訳ではなく、常に好きな男の子は4〜5人いた。
その中に常に新保くんが入っているだけである。

私は彼の母親が嫌いだった。
いかにも教育ママといった感じで、成績の良くない私を、余り息子に近づけない様にしていたからだ。

小学校中学年くらいから、彼とは遊ばなくなった。
男女を意識し始める年頃ということもあるのだろうが、新保くんの母親から「一緒に登下校しないでね」と言われたことを覚えている。

そして、彼は国立の中学へと行った。
私は公立の中学である。
中学で国立があること自体知らなかったし、今でもその事実がなければ知らないでいたかもしれない。

中学に上がると同時に、彼は引っ越してしまった。
そのことについては余り悲しくもなかった。

そして最近、彼の住んでいるという所を知った。
同じ町内だったのだが、子供にしてみれば結構遠い距離なんだろうと感じた。

しかし、あれだけの実力を持っておきながら、彼はまだ有名にはなっていない。
彼は「絶対有名人になる」といつも言っていた。
著名人になるというのは、とても険しい道なのかもしれない。


2003.03.24

乾京子


スポンサード リンク

私が出逢った男たち


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

小口輸入支援・販路ドットビズ


創刊:2002.09.12
訪問者数:
更新:2011.02.16
デジタルたまごやトップ