私が出逢った男たち -乾 京子-

今まで多くの男性に出逢った。学校、合コン、バイト、ネット・・。友達として10年以上仲良くしている人、すぐ別れてしまった人、恋人だった人。過去の男たちついて様々な角度から赤裸々に、時に淡々と綴ります。

私が出逢った男たち

私が出逢った男たちPart1
by 乾京子
私が出逢った男たちPart2
by 卯月あみか
私が出逢った男たちPart3
by 緑川すずめ

乾京子自己紹介
マガジン発行部数

新着エッセイ

Part2へ

57

最終回-父と兄-

56 まる
55 ヒロシくん
54 肥後くん
53 あぶ
52 あつのぶくん
51 柳沢くん
50 ナパ
49 まっちゃん
48 エビさん
47 アラタ
46 神田くん
45 よっしー
44 佐々木くん
43 ぬぅ
42 しんすけ
41 小林くん
40 本田さん
39 古庄
38 中田くん
37 ライ
36 早苗
35 白い車の人
34 けんじ
33 後藤さん
32 ゆう
31 しんご
30 早稲田くん
29 キョースケ
28 糸井さん
27 スーさん
26 じゃんぼ
25 だいちゃん
24 セク原田
23 新保くん
22 キクちゃん
21 りき
20 竜ちゃん
19 クニヒロ
18 たけ
17 ダン
16 ひとし
15 ○ヤマ・○ョウ
14 社長
13 たかしさん
12 神様・其の2
11 いけや
10 しゅう
09 トモ
08 ゆうじ・其の2
07 ゆうじ
06 トシ
05 神様
04 モーミン
03 アツオ
02 バンビ
01 ダイスケ
00 きのっぴ

第36回

早苗


私は1年以上前、7つ年下の男の子と付き合った。
彼の名前が『早苗』である。
女の子っぽい名前だが、男性でもこの名前の人は結構いる。

出逢いは友達のライブを観に行った時に、同じライブハウスでライブをしていたバンドの男の子の一人であった。
一目見て気に入り、打ち上げの時できるだけ近くに座り話し掛けた。

お互い年齢は言わなかったが、私は彼を自分より3〜4つ年下だと思い、逆に彼は私自分よりを3〜4つ年上だと思っていた。
なので7つ違いと判明したときにはお互い驚きであった。

私達は余り間がなく付き合い始めた。
好きな音楽、映画、本が似ていた。
共通した好きなものがあると楽なものである。

彼はまだ学生だった。
私は一応社会人である。
その辺のわきまえはあったが、少しずつ『ズレ』を感じてくる。
本当に解り切っていることでも、だんだんとお互い苛立ちが出てくる。

4ヶ月程付き合った頃、どちらからともなく「別れよう」ということになった。

基本的に私は別れた男とはスッパリ連絡を断ってしまうのだが、早苗は「友達でいて欲しい」と言った。
何度も断ったが、「友達としては最高」と言われ嫌な気持ちはしなかった。
なので友達として時々遊ぶことにした。

本当に友達なのだから手も握らない。
少し前までは当たり前の様に手をつないで歩いていた道も、お互い微妙な距離を保ちながら歩く。

何週間かは慣れなかったし、寂しい気持ちにもなったが、それも普通になってくる。
それと同時に、友達でいるという行為が変だと思った。
やはり私の中に未練があったのだろう。

早苗は本当に優しい人で、また好きになってしまいそうで怖かった。
彼には全くその気持ちがないことが見て判る。

そしてよくよく考えてみれば「遊ぼう」と誘うのはいつも私からだった。
それに気付いてから、私からは連絡をしなくなった。
彼からの連絡もなかった。

本当は「別れよう」となったのも、彼の気持ちを察して言った言葉だった。
言わなかったら、もっと気まずい雰囲気になるのは分かっていたのだ。

やはり私の場合、別れた人とは二度と会わない方が良いのだ。
バッタリ会ってしまったとき『惜しいことをした』と思わせたら成功だ。
それが振った相手でも、振られた相手でも、である。


2003.06.24

乾京子


スポンサード リンク

私が出逢った男たち


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

小口輸入支援・販路ドットビズ


創刊:2002.09.12
訪問者数:
更新:2011.02.16
デジタルたまごやトップ