私が出逢った男たち -乾 京子-

今まで多くの男性に出逢った。学校、合コン、バイト、ネット・・。友達として10年以上仲良くしている人、すぐ別れてしまった人、恋人だった人。過去の男たちついて様々な角度から赤裸々に、時に淡々と綴ります。

私が出逢った男たち

私が出逢った男たちPart1
by 乾京子
私が出逢った男たちPart2
by 卯月あみか
私が出逢った男たちPart3
by 緑川すずめ

乾京子自己紹介
マガジン発行部数

新着エッセイ

Part2へ

57

最終回-父と兄-

56 まる
55 ヒロシくん
54 肥後くん
53 あぶ
52 あつのぶくん
51 柳沢くん
50 ナパ
49 まっちゃん
48 エビさん
47 アラタ
46 神田くん
45 よっしー
44 佐々木くん
43 ぬぅ
42 しんすけ
41 小林くん
40 本田さん
39 古庄
38 中田くん
37 ライ
36 早苗
35 白い車の人
34 けんじ
33 後藤さん
32 ゆう
31 しんご
30 早稲田くん
29 キョースケ
28 糸井さん
27 スーさん
26 じゃんぼ
25 だいちゃん
24 セク原田
23 新保くん
22 キクちゃん
21 りき
20 竜ちゃん
19 クニヒロ
18 たけ
17 ダン
16 ひとし
15 ○ヤマ・○ョウ
14 社長
13 たかしさん
12 神様・其の2
11 いけや
10 しゅう
09 トモ
08 ゆうじ・其の2
07 ゆうじ
06 トシ
05 神様
04 モーミン
03 アツオ
02 バンビ
01 ダイスケ
00 きのっぴ

第38回

中田くん


専門学校の同級生だった友達に、男の子を紹介してもらった。
その人が『中田くん』である。

第一印象はそこそこ格好良い、感じの良い人。であった。

その日を境に私達は3人でよく遊びに行った。
そして私は、少しづつ彼を好きになっていった。

8月の終わり、彼は出張でエチオピアへ行く事になった。
約3ヶ月、メールのやり取りをしようという約束をし、彼は旅立った。

毎日来る彼からのメールがとても楽しみだった。
そして文面からして、彼も私に好意を持っている事は分かった。

誕生日にはバースデーカードをメールで送り、それに対し感激のメールをくれる事も嬉しかった。

その頃私はいわゆるプー太郎であった。
彼からのメールには時々「仕事決まった?」などとあり、「まだ探してない」と答えたものである。
「ゆっくり探せばいいよ」という彼の返事を鵜呑みにし、私は余り真剣に仕事を探さなかった。

そして彼が帰って来る日、私は電話を何時頃しようか迷っていた。
すると彼から成田に着くなり私に電話があった。
「お土産渡したいんだけど、明日会えるかな?」
という言葉に有頂天になり、バイトをしていたがその後に会う事にした。
二人きりで会うのはこれが初めてだったのだ。

会うなり彼は「仕事は決まった?」と尋ねてきた。
「うん、○○ってとこでバイトしてるよ」と言うと、「バイト?なんで就職しないの?」と言う。
答えに困った。何を言っても言い訳にしか聞こえないだろう。
元々就職する気がないのである。
しかし何故かそれを伝えられない。
今だったら堂々と言えるのだろうが、その時は言えなかったのだ。

まあ、それでも話は弾み、私は更に中田くんを好きになった。
彼の態度はというと、以前と少し違った気がしたが。

何週間か経ったとき、私は電話で彼に告白をした。
彼は「少し考えさせて」と言い、それから約1週間連絡がなかった。
友達何人かに相談すると、全員が全員「電話した方がいいんじゃない?」と言った。
そして電話をした。

彼は「メールで返事する」と言って、即電話を切った。
嫌な予感だけである。
しかし10分置きにメールを確認した。

彼からの返事は無題で一行。
「お付き合いはできません。友達でいましょう」
何度読み替えしても涙は止まらないのである。

それから連絡は取らなかった。
紹介してくれた友達とも連絡は途絶えた。

しかし私は少しだけ学んだ。
彼が出張へ行っている間、毎日ワールドアトラスを眺めていた。
エチオピアの首都の名前はアジスアベバなのである。
アフリカっぽい印象が強く、今でも私は「アフリカ」というと、
「エチオピア」という名前より「アジスアベバ」という名前の方が先に出てくるのである。


2003.07.08

乾京子


スポンサード リンク

私が出逢った男たち


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

小口輸入支援・販路ドットビズ


創刊:2002.09.12
訪問者数:
更新:2011.02.16
デジタルたまごやトップ