私が出逢った男たち -乾 京子-

今まで多くの男性に出逢った。学校、合コン、バイト、ネット・・。友達として10年以上仲良くしている人、すぐ別れてしまった人、恋人だった人。過去の男たちついて様々な角度から赤裸々に、時に淡々と綴ります。

私が出逢った男たち

私が出逢った男たちPart1
by 乾京子
私が出逢った男たちPart2
by 卯月あみか
私が出逢った男たちPart3
by 緑川すずめ

乾京子自己紹介
マガジン発行部数

新着エッセイ

Part2へ

57

最終回-父と兄-

56 まる
55 ヒロシくん
54 肥後くん
53 あぶ
52 あつのぶくん
51 柳沢くん
50 ナパ
49 まっちゃん
48 エビさん
47 アラタ
46 神田くん
45 よっしー
44 佐々木くん
43 ぬぅ
42 しんすけ
41 小林くん
40 本田さん
39 古庄
38 中田くん
37 ライ
36 早苗
35 白い車の人
34 けんじ
33 後藤さん
32 ゆう
31 しんご
30 早稲田くん
29 キョースケ
28 糸井さん
27 スーさん
26 じゃんぼ
25 だいちゃん
24 セク原田
23 新保くん
22 キクちゃん
21 りき
20 竜ちゃん
19 クニヒロ
18 たけ
17 ダン
16 ひとし
15 ○ヤマ・○ョウ
14 社長
13 たかしさん
12 神様・其の2
11 いけや
10 しゅう
09 トモ
08 ゆうじ・其の2
07 ゆうじ
06 トシ
05 神様
04 モーミン
03 アツオ
02 バンビ
01 ダイスケ
00 きのっぴ

第49回

まっちゃん


今の会社で、彼を一目見た時から『好み!』と思った。
顔は決して良いとは言えない。
以前書いた『中田くん』に似ているのだ。
見た感じは私と同じか、1〜2個年上といった風である。

名前を知りたいと思ったが、席が遠い為自然に調べられない。
しかし偶然にも、私を面接したおじさんが紹介してくれた。
しかも個人的にである。
「彼が『まっちゃん』。こちらが今日から入った『きょうこさん』」
私の本名は日本人にとても多い名字なので、どこの会社へ行っても何人かいる。
その為、下の名前で呼ばれることが多い。
その会社にはなんと4人もいるのだ。

それからなんとなくまっちゃんと話す機会は多くなった。
話し方を聞いてると、どうも私より若そうだ。
さり気なく「お幾つなんですか?」と聞くと、私より4つ年下だった。
それだけでもう恋愛感情はなくなってしまう。
だが、会社へ行く楽しみの一つは彼に決定した。

入社して1〜2週間が過ぎた頃、会社の女の子達が私の歓迎会を企画してくれた。
あまり女の子だけで、というのは好きではない。
何故だか警戒せざるを得ない。
『色々探られる』『感じ良くしないと嫌われる』『仲良くし過ぎると面倒臭い』
しかしそんな不安とは裏腹に、歓迎会はとても楽しいものだった。

そこで、まっちゃん情報を手に入れた。
彼女がいる。同棲している。犬を飼っている。結婚間近。
恋愛対象から外れたものの、やはりがっかりしてしまう。
それでも楽しみの一つには過ぎない。

それから何日か経ち、まっちゃんとまた雑談をしていると、何処に住んでいるかを聞かれた。
「○○区です。まっちゃんは?」と聞く。
実はこの前の歓迎会で知っていたのだが、一応会話の成り行き上である。
「○○駅です」
「ああ、会社から近いから楽ですね」
「でも一人暮らしだからちょっと寂しいですよ」
は?同棲してんでしょ?と思いながらも話を合わせる。
「いいですね、一人暮らし。私はまだ親と一緒ですよ」
「いや、大変ですよ。家賃もあるし、犬も2匹飼ってるし」
「え?2匹も?」
どうやら彼女は犬にされてしまったらしい。
全て知っていながら知らない振りも楽しいものである。

だがそんな嘘を吐く彼に愛想をつかしてしまった。
こういう男程信用ならない。

それでもまっちゃんは社内で一番話しやすい。
嘘を吐かれ、騙された振りもいつまで続くのだろう。
今はそれが会社へ行く楽しみの一つとなっている。


2003.09.26

乾京子


スポンサード リンク

私が出逢った男たち


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

小口輸入支援・販路ドットビズ


創刊:2002.09.12
訪問者数:
更新:2011.02.16
デジタルたまごやトップ