私が出逢った男たち -乾 京子-

今まで多くの男性に出逢った。学校、合コン、バイト、ネット・・。友達として10年以上仲良くしている人、すぐ別れてしまった人、恋人だった人。過去の男たちついて様々な角度から赤裸々に、時に淡々と綴ります。

私が出逢った男たち

私が出逢った男たちPart1
by 乾京子
私が出逢った男たちPart2
by 卯月あみか
私が出逢った男たちPart3
by 緑川すずめ

乾京子自己紹介
マガジン発行部数

新着エッセイ

Part2へ

57

最終回-父と兄-

56 まる
55 ヒロシくん
54 肥後くん
53 あぶ
52 あつのぶくん
51 柳沢くん
50 ナパ
49 まっちゃん
48 エビさん
47 アラタ
46 神田くん
45 よっしー
44 佐々木くん
43 ぬぅ
42 しんすけ
41 小林くん
40 本田さん
39 古庄
38 中田くん
37 ライ
36 早苗
35 白い車の人
34 けんじ
33 後藤さん
32 ゆう
31 しんご
30 早稲田くん
29 キョースケ
28 糸井さん
27 スーさん
26 じゃんぼ
25 だいちゃん
24 セク原田
23 新保くん
22 キクちゃん
21 りき
20 竜ちゃん
19 クニヒロ
18 たけ
17 ダン
16 ひとし
15 ○ヤマ・○ョウ
14 社長
13 たかしさん
12 神様・其の2
11 いけや
10 しゅう
09 トモ
08 ゆうじ・其の2
07 ゆうじ
06 トシ
05 神様
04 モーミン
03 アツオ
02 バンビ
01 ダイスケ
00 きのっぴ

第52回

あつのぶくん


私の初恋は、保育園の年長の時だったらしい。
親から聞いたのと、その頃の日記を読むと『あつのぶくん』の名が頻繁に出てくる。

しかし保育園の頃のアルバムを見ても、あつのぶくんは全然格好良くない。
5〜6歳にして演歌歌手の様な顔立ちをしている。
優しかったのかと言えば、全くその辺の記憶はなく、親に「これが初恋」と擦り込まれた気がしないでもない。
現に日記を読むと、あつのぶくんが出てくる日だけ父の字で書いてある。

だが、バレンタインデーに彼の家までチョコレートを渡しに行った記憶だけははっきりとしている。
父の車に乗せてもらい、届けたのだ。
チョコレートを選んで買ってくれたのも親だったのだろう。

元々私の両親は、私が学校の誰を好きかという興味を常に持っており、それを応援するどころかアドバイスまでしてくれる、思春期には厄介な人達である。
それは学生時代に留まらず、社会人となった今でもである。

そのくせお見合い話は一切持って来ない。
理由を聞くと「お互い断ったときに面倒でしょ?」と言う。
なんとなく納得もするがどうも腑に落ちない。

30間近になりまだ未婚の私に母はこう言う。
「結婚が幸せって訳じゃないからね」
そして必ず「お父さんには内緒ね」と釘を刺す。
せめて子供だけでも欲しい旨を伝えると、
「今の時代怖いわよ。私だって子供なんて生まなきゃ良かったと思うし」と言う。
私の立場がないではないか。
しかしそんな事に腹は立たない。

あつのぶくんの話に戻るが、小学校に入った頃、親がこう言った。
「あつのぶくんね、まだチョコレート大事にして食べてないんだって」
その口調はとても嬉しそうであった。

他にも、保育園のお遊戯会の時、衣装に必要な色の服を持ってなかった私に
「これ、あつのぶくんが貸してくれたの。お遊戯会にはこれを着なさいね」
と、わざわざ借りて来てくれた。
正しくは「あつのぶくんの親が貸してくれた」なのだろうが、母はそういう私の恋路を楽しんでいる様だった。

5〜6歳の子供の恋を至れり尽せりで応援する親もどうかと思うが、未だに少女漫画を読み、ときめいている私を思えば、その頃の親の気持ちも分からないでもない。


2003.10.21

乾京子


スポンサード リンク

私が出逢った男たち


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

小口輸入支援・販路ドットビズ


創刊:2002.09.12
訪問者数:
更新:2011.02.16
デジタルたまごやトップ