私が出逢った男たち3 -緑川すずめ-

出逢いは偶然のように訪れるけれど、振り返ってみるとそれも運命かもしれないと感じる事があります。日本人。アジア人。白人。黒人。過去に出逢った印象的な男たちを日本のオンナ「緑川すずめ」が語ります。

私が出逢った男たち

私が出逢った男たちPart1
by 乾京子
私が出逢った男たちPart2
by 卯月あみか
私が出逢った男たちPart3
by 緑川すずめ

マガジン発行部数

緑川すずめ自己紹介
緑川すずめにメールする
結婚しない娘達

新着エッセイ

27 タケ*後編*
26 タケ*前編*
25 マスター
24 アレックス*後編*
23 アレックス*前編*
22 ショウ
21 上司のSさん
20 アラン
19 裕人
18 上司のTさん
17 名もなき男(その二)
16 新橋くん
15 暁さん
14 名もなき男(その一)
13 アキ
12 ヒロ
11 ダン*最終章*
10 ダン*第三章*
09 ダン*第二章*
08 ダン*第一章*
07 カーン*後編*
06 カーン*前編*
05 トニー*後編*
04 トニー*前編*
03 ジョージ *後編*
02 ジョージ *前編*
01 こういち

第24回

アレックス *後編*


そのうち彼が毎晩クラブに行くのは遊びに行ってるわけじゃないんだと分かってきた。彼はRAVE(レイブ)と言うパーティーでクスリを売って商売をしていた。白い丸い錠剤。ほとんどが野外で行われるパーティーで音楽はトランスと言うもの。そう言えばアレックスの車の音楽はいつもトランスだった。そのパーティーはいつも直前まで何処で開催されるか分からないのだけど、それはお巡りさんの調査をしにくくするため、と言うことらしい。

そのイベントに私も連れて行ってもらったことがあるけれど、みんな首から“おしゃぶり”をぶらさげていて、朝まで元気に踊り続けている、異様な雰囲気だった。くすりで体がすごくハイの状態なのだ。びょんびょん踊ってる人、疲れて地べたにぐったり座り込んでいる人。クスリを飲んでハイになっている時は歯が震えてガチガチと噛み合うので、それで舌を噛まない為におしゃぶりが必要らしい。彼はそのクスリを6つ飲んでも効かなくなってきたから、自分は飲むのを止めた、と言った。売っているだけ、だと。彼も充分“悪い男”だったのだろう。

それでもアレックスは私には優しかった。年下なのに、大人っぽかったし、頼りになった。ある時、当時流行っていたトムクルーズのミッションインポッシブル2を二人で観にいった。彼は始終私に、“(英語だから)意味は分かるのか”と聞いてきた。映画が終わって、“面白かった?“と彼に聞いてみると、”2度目だからね。“と言った。私は驚いた。私が観たいと言ったから、付き合ってくれたらしい。そんな事、最初から言えば良いのに。これがいわゆる、ジェントルマンらしい振る舞い?と思ってみたりした。

アレックスは彼女は居ない、と私に言っていた。でも私はMI2みたいな流行の映画を観るのは絶対女の人とだろう、と確信していた。私にもその時、引っ付いたり離れたりしている男の人が別に居て、全てが煮え切らない状態だった。ある時、その人と居る時に、アレックスから電話があって、いつまでもこんな事を続けているわけにもいかないので、“もう日本に帰る。”とウソを言って電話を切った。いつかアレックスが連絡をくれなくなってしまうのが怖かったから、こういう形で終わらせる事が出来てほっとした。

彼がそんな事で傷ついたり、がっかりしないで居てくれたら、と思う。若い男の立場として、年上の女は振るより、振られる方がずっと気が楽じゃないかな。身勝手かもしれないけど私はそう思う。

2005.02.14


緑川すずめ
 



スポンサード リンク

私が出逢った男たち3


 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

こういう仕草は女らしい

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情3

国際化

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援

オトコとオンナ

チョコレートカクテル

擬態語恋愛攻略本

不倫のススメPart2

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2004.09.03
訪問者数:
更新:2011.02.16
デジタルたまごやトップ