必勝パチスロ人生 *回 天馬*

ごく普通の学生だった男がひょんなことから始めたパチスロ。しかし気が付けばいつのまにかどっぷり・・・。独自の必勝法を編み出しそしてその事に喜びを感じ、さらに深くパチスロの世界に身を委ねる事となった男の物語。

パチスロカテゴリ

はっぱ

必勝パチスロ人生

はっぱ

週刊パチス論

はっぱ

ユウキ式パチンコ必勝法

 

必勝パチスロ人生

はっぱ

マガジンの登録と解除

はっぱ

回 天馬自己紹介

はっぱ

あなたもライターになれる

 

新着記事

15 サミー事件〜その3〜
14 サミー事件〜その2〜
13 サミー事件
12 爆裂AT機時代到来
11 お気に入りだった機種
10 衝撃
9 奔走
8 進化
7 霹靂
6 井の中の蛙
5 目押し
4 勝つ為の基本
3 溺堕
2 出会い2

1

出会い

第2回

出会い2


バイトまでの少しだけの時間暇つぶしに立ち寄ったパチ屋。この日も少しだけ羽台を打つつもりだったが、私はパチンコ屋に入るといつもスロットコーナーもそれとなく見るようになっていた。

この日も普段通りシマの端っこからチラッと見るだけのはずであった。その店に設置してあったのはニューパルサーというボーナス絵柄にカエルが採用されている台で、この当時はどこの店に行ってもこの台しか見かけないと言う程大人気で、現につい最近までその販売台数の記録は破られていなかったのだ。だから打った事はなくとも「ここもこいつか」と思いながら羽台のシマへ行くはずだった。

しかしこの店はいつも行く店とは様子が違っていた。客がいないのである。スロットを打っている客が一人もいない。この店は雑居ビルの一階に店舗があるという形態で店自体も非常に狭く、店全体にしても客が10人いるかいないかで一列しかないスロットのシマには誰もいなかったのである。

正直この時「チャンス!」と思った。普段行く店のスロットコーナーには怖そうなオッサン達が黙々と打っていて何も知らない自分なんかが打ったらシマを荒らすな、などと言われるんじゃないかとか(実際そんな事ノーマルのスロットのシマでははないのだが)そんな偏った知識だった自分にはこの店が天国に見えた。とにかく私は初めて女の子に告白するような気持ちでニューパルサーの前に腰掛けた。

千円札を台と台の間のコインサンドに入れると客のいない店内にコインのジャラジャラと落ちる音が響いた。千円で50枚。1枚20円で、基本的に1ゲーム3枚掛けでプレイ、小役などの払い出しを受けるので」だいたい千円で30プレイしか回せない。これでスロットがこの時の自分にとってどれほど贅沢な遊びか分かって頂けただろうか?

その50枚のコインを下皿に移し取りいよいよ初めてのスロットである。コインを3枚入れレバーを叩くとリールが回り始めた。リールが回り出すとリールの絵柄が全く見えなくなった。電車に乗ると外の景色が線を引くように流れて見えるようにただ絵柄が上下に流れていた。だがボーナス絵柄の「7」だけは赤く他の絵柄より少し大きかったため何となくボヤッとではあったが認識出来た。とりあえずそのボヤっと見える「7」を狙ってみたが当然揃わない。スロットは内部でボーナスフラグが成立しないとリールにいくら「7」を狙っても揃わないのだ。

そのフラグを察知する手段としてリーチ目が存在するのだがそんな事も知らない私は毎ゲーム「7」を狙っていた、。そしてギャンブルにはビギナーズラックという言葉があるのだが、私もその恩恵を受ける事となった。その千円分のコインで今まで狙っても揃ってくれなかった「7」が突然一直線に揃いけたたましいファンファーレが鳴り響いた。この時私の中で眠っていた何かが躍動し始めたのを感じた。

2005.06.11

★楽天で「パチスロ」を探す★

回 天馬


スポンサード リンク

必勝パチスロ人生|回 天馬|たまごや


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2005.05.25
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ