必勝パチスロ人生 *回 天馬*

ごく普通の学生だった男がひょんなことから始めたパチスロ。しかし気が付けばいつのまにかどっぷり・・・。独自の必勝法を編み出しそしてその事に喜びを感じ、さらに深くパチスロの世界に身を委ねる事となった男の物語。

パチスロカテゴリ

はっぱ

必勝パチスロ人生

はっぱ

週刊パチス論

はっぱ

ユウキ式パチンコ必勝法

 

必勝パチスロ人生

はっぱ

マガジンの登録と解除

はっぱ

回 天馬自己紹介

はっぱ

あなたもライターになれる

 

新着記事

15 サミー事件〜その3〜
14 サミー事件〜その2〜
13 サミー事件
12 爆裂AT機時代到来
11 お気に入りだった機種
10 衝撃
9 奔走
8 進化
7 霹靂
6 井の中の蛙
5 目押し
4 勝つ為の基本
3 溺堕
2 出会い2

1

出会い

第3回

溺堕


たまたま初めて打ったパチスロ、しかもたった千円でセブンボーナスを引き俗に言うビギナーズラックで、持ちコインから連チャンが始まり、たった2時間程でその日3万円の勝ちを得た。時給にして1万5千円。なんだかイケナイ事で得た金のように感じた興奮と、勝った事もそうだがパチンコと違い自分でストップボタンを押してボーナス絵柄を揃えるという行為にすっかり魅了されてしまった。その日は夜布団に入り目をつぶっても瞼の裏にリールが回っている光景が焼きつき、耳の奥ではボーナスを揃えた時のファンファーレとコインが鉄の下皿に吐き出される音が耳鳴りのようにいつまでも鳴り響いていた。

すっかりパチスロと言うギャンブルに脳の神経を焼かれ、それからはパチスロを打つ為に時間を作るようになり、打った事のない機種があると聞けば車で1時間以上かかる隣りの街までも赴いた。打ち方なんてデタラメで、とにかくボーナスに当たるまで打ち、当たったらそのコインがなくなるまで打つという打ち方。そんな打ち方で勝てる訳もなく、大学入学時に親戚からもらった入学祝いやバイト代、わずかな貯金を瞬く間に使い果たし次第に借金してまで打つようになった。一週間で30万円以上負けた事もあった。

それでも私はパチスロを打ち続けた。子供時代からずっと心通じ合わない家族との生活、何の意味も見出せない大学生活。そんな埋め切れぬクロスワードの如き日々をパチスロだけが満たしてくれた。もしかしたら今で言う(昔も言っていたのかも知れないが)ギャンブル依存症に陥っていたのかも知れない。

しかし、そんな日々が長く続くはずもなく金がなければパチスロも打てず、友人や親にも大した額ではないが金を返さなくてはならない状態になり、警備員や宅急便の配達、コンビニのレジなどバイトを掛け持ちし金も時間もない形で物理的にパチスロから離れる事となった。パチスロを打ちたいという欲求が消える事はなかったが、ある程度距離を置けたおかげで冷静に考える事も出来た。

パチスロは適当に座って好きなように打っていても勝つ事なんて出来ないものだと。この間私は本屋などにあるパチスロ関係の本を読み漁った。今更だったが、パチスロには6段階の設定という物があり、それを店の設定師が振り分ける事で店の売り上げを調節していたのだ。当時の私はそんな事すら知らずに打っていたのだった。

そして借金の返済とともにパチスロを打つ資金も得、この充電期間に考えていたパチスロに勝つ為の自分なりの考えを実行に移す為パチ屋へと向かった。

これが私のパチプロとして歩みだした第一歩だったのである。

2005.06.28

★楽天で「ギャンブル」を探す★

回 天馬


スポンサード リンク

必勝パチスロ人生|回 天馬|たまごや


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2005.05.25
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ