必勝パチスロ人生 *回 天馬*

ごく普通の学生だった男がひょんなことから始めたパチスロ。しかし気が付けばいつのまにかどっぷり・・・。独自の必勝法を編み出しそしてその事に喜びを感じ、さらに深くパチスロの世界に身を委ねる事となった男の物語。

パチスロカテゴリ

はっぱ

必勝パチスロ人生

はっぱ

週刊パチス論

はっぱ

ユウキ式パチンコ必勝法

 

必勝パチスロ人生

はっぱ

マガジンの登録と解除

はっぱ

回 天馬自己紹介

はっぱ

あなたもライターになれる

 

新着記事

15 サミー事件〜その3〜
14 サミー事件〜その2〜
13 サミー事件
12 爆裂AT機時代到来
11 お気に入りだった機種
10 衝撃
9 奔走
8 進化
7 霹靂
6 井の中の蛙
5 目押し
4 勝つ為の基本
3 溺堕
2 出会い2

1

出会い

第5回

目押し


「目押し」とは、回っているパチスロのリールの絵柄を自由に枠内に狙って止めること。(もちろん内部で小役なりボーナスなりの抽選にパスしていなければいくら絵柄を狙っても揃いはしませんが)私がパチスロを打ち出してしばらく後、この目押しが出来るだけで大幅に勝率が上がる、もしくは100%勝てるなんていう目押し至上主義の時代がやって来ました。その先駆けとなったのが、ユニバーサル販売(現アルゼ)のクランキーコンドルでした。

パチスロは通常時、チェリーやスイカといった「小役」は内部で成立フラグが立っていても、リール枠内にその絵柄を狙えなければ取りこぼしという形で損失になってしまいます。基本的にパチスロの絵柄はストップボタンを押した位置から最大4コマしかすべって来ませんから、その4コマ以内に成立した小役の絵柄がなかったら配列上取りこぼしてしまうので、通常時小役を狙ってプレイする事は重要な事なのですが、このクランキーコンドルという台は通常時適当にプレイするのと小役を狙ってプレイするのとでは1000円あたり4.1Gの差が生まれるのです。金額にすると240円づつ得していく事になります。

さらにこの目押しはBIGボーナス中にも威力を発揮します。パチスロにはリプレイハズシと言ってBIG中に変則打ちで、リール配列や制御を利用してJACIN絵柄を外し獲得枚数を増やすリプレイハズシという攻略法があるのですが、このクランキーコンドルは普通に適当に打つのと比べこのリプレイハズシを行うと、一回のBIGごとに約57枚、金額にして1140円も得してしまうのです。そしてこの小役狙いとリプレイハズシを駆使する事でこのクランキーコンドルは100%勝てるパチスロとして有名になり、それとともにこの2つの攻略法も世の中に広まっていったのです。

この頃の私はというと、ようやくデータ採りや店選びで勝つ自信はついたものの、目押し力はボーナス絵柄ぐらいは自分で揃えられるといった程度のもので決してうまい方ではなかった。それでも、それまではその程度のレベルで十分事足りていたのです。しかし、このクランキーコンドルの登場で市場に出てくるパチスロは小役目押し、リプレイハズシが出来なければ損をしてしまう機種ばかりが主流となり私がそれまで打っていたパチスロでは一番の人気を誇っていたニューパルサーも時代の流れにより入れ替えの対象となっていった。(このニューパルサーは打ち手の目押しの技量でそれほど大きな差は生まれない機種であった)

パチスロ界はまさに「目押し出来ずば人にあらず」的な目押し至上主義時代へと突入し、私も勝って行く為に自分の目押し力を向上させる必要にせまられていたのであった。

2005.07.27

★楽天で「目押し」を探す★

回 天馬


スポンサード リンク

必勝パチスロ人生|回 天馬|たまごや


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2005.05.25
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ