宅配ピザ屋盛衰記 -ニシノライデン-

アルバイトで始めたピザ配達のバイト。気がつけば28歳の時に取締役に昇進していた。順風満帆な人生のはずが、なんと今年初めにあえなく倒産。外食産業15年間の生々しい浮き沈み体験をニシノライデンが語ります。

宅配ピザ屋盛衰記

はっぱ

マガジンの登録と解除

はっぱ ニシノライデン自己紹介
はっぱ あなたもライターになれる

新着記事

18

変わった先輩

17

店長が頼りない

16

新しい店長

15

ヘルプの洗礼

14

店長不在

13

レジのお金が足りない。!

12

ますますバイトがつけあがる

11

正月に働くとは

10

嵐が過ぎ去った後

09

配達人はサンタクロース?―パート2―

08

配達人はサンタクロース?―パート1―

07

生まれて初めての交通事故

06

30分過ぎたからタダにせい!

05

30ミニッツデリバリー?

04

散々なデビュー

03

取締役への第一歩!

02

面接なのに正座?

01

いきなり時給が700円に!

00

アルバイトをするぞ!

第2話

面接なのに正座?


○日の△時、大阪府門真試験場からほど近いこのお店でこれから15年間関わる事になろうとは、この時考えもしなかったのだが、到着してみるとすでに何人かのバイト希望者が集まっていた。(結構きてんな。ひょっとしたら誰か落とされるかも知れんな)そこに自分は入っていないところがポジティブなのか、自身過剰なのかは置いといて、2番目に名前を呼ばれて事務所に入った。

入ると社員らしき男性が二人座っており、何故か机とイスがきちんと2つずつあるのにも関わらず、一人は机の上に座っていた。どちらが偉いのかこれほど簡単なクイズは無いだろうなと思いながら、こちらには会議机どころかイスすらない状況で「あの、どこに座れば?」と聞くと、机に座ってらっしゃる偉いのであろうお方から「そこや。」と自分達の目の前を指差した。一応カーペットが敷かれていたので靴を脱ぎ、指定された場所へあぐらをかいて座ると「正座や!」と怒られ、えらいところにきたんとちゃうか・・・と不安に思いつつも小4のそろばん塾以来の正座をすることにした。

一通り条件面と確認事項などのやりとりをした後、「それ着れるんやったら入れたるわ。」と偉いお方。私の後ろを指差し、(そういえば入るときに赤いものが一瞬視界に入ったな)と思って振り返ると、そこには真っ赤に輝く衣装が!「それ何か分かるか?」と再び偉いお方。「あのう、もしかしてこれサンタの衣装じゃ・・・、」と私。

「ピンポーン!」と偉いお方。(ええー、そんな事チラシに一言も書いてへんやん。どうりで話をしててもカラ返事やったわけや)と思いつつも知り合いの多い地区から離れていることもあり、冷やかされることはないだろうと考え承諾した。

これも後に聞いた話だが、今回大量採用されたアルバイト(結局一緒に並んでいた人たちはほとんど採用。)は、このサンタの衣装で配達するのが嫌で辞めた人たちの補充採用であることが分かった。だから、求人広告には一言もあえて書かなかったのである。一種の詐欺である。結局サンタ手当ては別にくれたので誰も文句は言わなかったのだが。

それと私を面接してくださった偉いであろうお方。後にこの会社の社長となり、私が取締役として支えていくことになろうとはこの時考えもしなかった。

「いつから来れる?」と偉いお方。この物語、最終的には取締役のイスに座るのだが、スタートは正座だったのである。

2005.02.03

ニシノライデン


スポンサード リンク

宅配ピザ屋盛衰記|ニシノライデン|たまごや


 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

こういう仕草は女らしい

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情3

国際化

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援

オトコとオンナ

チョコレートカクテル

擬態語恋愛攻略本

不倫のススメPart2

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2005.01.15
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ