宅配ピザ屋盛衰記 -ニシノライデン-

アルバイトで始めたピザ配達のバイト。気がつけば28歳の時に取締役に昇進していた。順風満帆な人生のはずが、なんと今年初めにあえなく倒産。外食産業15年間の生々しい浮き沈み体験をニシノライデンが語ります。

宅配ピザ屋盛衰記

はっぱ

マガジンの登録と解除

はっぱ ニシノライデン自己紹介
はっぱ あなたもライターになれる

新着記事

18

変わった先輩

17

店長が頼りない

16

新しい店長

15

ヘルプの洗礼

14

店長不在

13

レジのお金が足りない。!

12

ますますバイトがつけあがる

11

正月に働くとは

10

嵐が過ぎ去った後

09

配達人はサンタクロース?―パート2―

08

配達人はサンタクロース?―パート1―

07

生まれて初めての交通事故

06

30分過ぎたからタダにせい!

05

30ミニッツデリバリー?

04

散々なデビュー

03

取締役への第一歩!

02

面接なのに正座?

01

いきなり時給が700円に!

00

アルバイトをするぞ!

第8話

配達人はサンタクロース?―パート1―


初回から散々なデリバリー研修が続いていたのだが、どうにかこうにか一人で配達できるようになってきて一週間、いよいよサンタの衣装を着る日がやってきた。

「今日からサンタすることになったから。」と店長はうれしそうに衣装を手渡してきて自らもいそいそと着替えだし、早速その格好で配達へ出かけていった。

その日はクリスマスまで幾日かあったのもあり、比較的暇な営業で年末年始の準備に追われている状態で、どっぷり日が暮れてから今日の初デリに出かけた。この店の界隈はかなり治安が悪く、駅のロータリーが近くにあったりするもんだから、真冬にも関わらず族やヤンキー達が集まりこのサンタの格好が的になるのも時間の問題で、かなりドキドキしながら道を走っていた。

まずサンタがピザデリバリーをする企画自体、他の店舗でもすったもんだがあった影響で、お客さんの方にもあまり告知されていなかった。ただでさえピザというデリバリービジネスが認知されてないうえに、真っ赤なサンタの衣装を着るもんだから目立つことこの上なく、配達の道々でほうぼうから、「あっ!見て見てサンタが配達してんで!何運んでねんやろ。」やら「あんな格好して、はずかしないんか」など結構色々言いたい放題言われた。

しかも他の店では、からかわれたデリバリーがキレて相手を血祭りにしたという、今では必ず新聞沙汰になる考えられないことまで起こっていた。(昔でも駄目だがサンタが人を殴り倒し返り血を浴びているとは…)

私自身も例外なく色々な体験をしたあるお客さんのところに行ったときなど「お待たせしましたぁ〜。」と元気よく玄関ドアをあけると、一人暮らしの独身男の部屋でどう考えても「メリークリスマス!」とは縁遠い方のようで非常に気まずい雰囲気が流れたり…(何がめでたいねんと顔が言っていたように見えた…)

またある時はお客さんのもとへ配達している途中で信号待ちをしていると、見るからにヤンキー仕様のグ○リアフルスモーク(当時はヤンキーご用達)の窓が開いて、「兄ちゃんおもろい格好してるやんけ!ちょっとそこ止まってサンタの衣装貸してや!」となんとサンタをカツアゲしようとするではないか!なんとバチアタリな輩なのであろう!全然「清しこの夜〜♪」ではない。ましてサンタが見ぐるみ剥がされるなど聞いたこともない。その他、小学生に石を投げられたりと、とにかくいろんな目に合わされた。

そんなこんなで不安でもありわくわくもするクリスマスをいよいよ迎えることになった。

2005.04.27

ニシノライデン


スポンサード リンク

宅配ピザ屋盛衰記|ニシノライデン|たまごや


 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

こういう仕草は女らしい

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情3

国際化

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援

オトコとオンナ

チョコレートカクテル

擬態語恋愛攻略本

不倫のススメPart2

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2005.01.15
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ