霊感が、ついちゃった職員

老人ホームの裏事情PART1

いつかはお世話になるかもしれない老人ホームのショッキングな裏事情。老人たちにとって同じような毎日でもじつは日々刻々と変わっていく老人ホーム。そんな老人ホームの毎日をのぞいて見ませんか?

超高齢化社会コラム
老人ホームの裏事情Part5
〜学校では教えない本当の社会福祉〜new3.gif (112 バイト)
by エル・ドマドール
老人ホームの裏事情Part4
by 稲垣尚美
老人ホームの裏事情Part3
by 辻本ゆめの
いきいき介護ライフ
by 渡部紗也
老人ホームの裏事情Part2
by 永礼盟
老人ホームの裏事情
by 稲垣尚美
 
稲垣尚美のコラム
稲垣尚美自己紹介

老人ホームの裏事情Part4へ
35 まちさんの転落
34 痴呆の利雄さん
33 入院について
32 入所する人の家族の思い
31 介護認定調査のお仕事
30 熱の効果
29 風邪の季節です
28 あいさんのお仕事
27 帰宅願望
26 実習生と差し入れ
25 外泊
24 外国の介護
23 お盆の帰宅
22 ヘルパー実習
21 よしさんの外出
20 薬とアルコール
19 もう一つ、七夕様
18 七夕様
17 よしさんの歩行
16 リハビリの成果
15 ショートステイのたねさん
14 バラ園へ
13 夫婦愛っていいな〜
12 虐待を受けてきた人
11 近所の人
10 場違いな存在
9 重度の方の死
8 インフルエンザ
7 お花見ツアー
6 シンプルな生活
5 Tさんと娘さん
4 さととはつゑ
3 霊感が、ついちゃった職員
2 幽霊信じますか?
1 まんじゅう持ってこい
0 プレリリース

発行部数


最終更新日:2011.02.27

創刊:2002.02.14

  デジタルたまごやトップ
 
第3回

霊感が、ついちゃった職員

こんばんは、稲垣尚美です。梅の花が、満開です。

この間、W(21歳女性)という職員と一緒に夜勤をしました。まだ、就職して1年足らずの職員です。なんと彼女、就職してから霊感を感じるようになったと言うのです。それまでは、死イコール無だと思ってたようなのです。

彼女、いわく「なんか、いるのを感じるの。見えないんだよ。ほんと、ほんと。それまでの人生、霊なんて信じてなかったんだから。特に、この施設だと洗濯室。あそこへ行くとぞくっとするくらい感じるの」「洗濯室?」霊感ゼロの私は、なんで洗濯室なのか、わかりません。

私は、施設の中で一番恐いのは、夜中の3時にスイッチを入れに行く地下のボイラー室です。大きな機械が、震えるようにゴーとうなり声を立てて、部屋全体をおおっているのが、とても不気味です。だからボイラーのスイッチを入れに行く時、大急ぎで走ってスイッチを入れてきます。もう恐くてしかたないので。洗濯室は、恐いって感じたこと全くないです。洗濯室へ行くと私に見えるのは、膨大な洗濯物の量です。

「ボイラー室なんて何もいないよ。ただ、暗いだけ。それよりも洗濯室。あそこは、施設の外から覗かれてる気がするの。やはり水場だからかな」確かに言われてみれば、施設の周りって結構、お墓があります。そんなところからきてるのかな。

「稲垣さんって小さい頃、おじいさんかおばあさんにかわいがられなかった?すごくそういう人に守られてる気がするの」確かに小さい頃、祖父母にすごくかわいがられてました。もう、二人とも亡くなってしまったのですが。その二人、特に祖父に守られてるっていう気は、します。

私は、何年もこの仕事をしてるのに死に直面したことがほとんど無いのです。だから、死後の処置もしたことがありません。なのに一年足らずのWは、「私、何度か死に直面してるよ。もう五回も死後の処置もしてるし」なんという私との違い。

よく思うのが、死ぬ時も人って看取ってくれる人を選ぶのかな。私自身が、避けてるのか、老人に避けられてるのか、わからないけど、私が、勤務してる時間は、平穏に過ぎていくことが多いんです。

その平穏さが、祖父のせいだとしたら、「おじいちゃん、あまり過保護にしなくてもいいよ」と言いたくなります。

2002.03.01


スポンサード リンク

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。


 

Web tamagoya.ne.jp
 
オススメサイト

週刊マナー美人

女性のためのクルマ読本

知って得する労働法

常識ぽてち

ファミレス様、覚悟せよ!

お店で買うにはちと恥ずかしい

四柱推命による人生相談


ライター募集

お問合せ