ショートステイのたねさん

老人ホームの裏事情PART1

いつかはお世話になるかもしれない老人ホームのショッキングな裏事情。老人たちにとって同じような毎日でもじつは日々刻々と変わっていく老人ホーム。そんな老人ホームの毎日をのぞいて見ませんか?

超高齢化社会コラム
老人ホームの裏事情Part5
〜学校では教えない本当の社会福祉〜new3.gif (112 バイト)
by エル・ドマドール
老人ホームの裏事情Part4
by 稲垣尚美
老人ホームの裏事情Part3
by 辻本ゆめの
いきいき介護ライフ
by 渡部紗也
老人ホームの裏事情Part2
by 永礼盟
老人ホームの裏事情
by 稲垣尚美
 
稲垣尚美のコラム
稲垣尚美自己紹介

老人ホームの裏事情Part4へ
35 まちさんの転落
34 痴呆の利雄さん
33 入院について
32 入所する人の家族の思い
31 介護認定調査のお仕事
30 熱の効果
29 風邪の季節です
28 あいさんのお仕事
27 帰宅願望
26 実習生と差し入れ
25 外泊
24 外国の介護
23 お盆の帰宅
22 ヘルパー実習
21 よしさんの外出
20 薬とアルコール
19 もう一つ、七夕様
18 七夕様
17 よしさんの歩行
16 リハビリの成果
15 ショートステイのたねさん
14 バラ園へ
13 夫婦愛っていいな〜
12 虐待を受けてきた人
11 近所の人
10 場違いな存在
9 重度の方の死
8 インフルエンザ
7 お花見ツアー
6 シンプルな生活
5 Tさんと娘さん
4 さととはつゑ
3 霊感が、ついちゃった職員
2 幽霊信じますか?
1 まんじゅう持ってこい
0 プレリリース

発行部数


最終更新日:2011.02.27

創刊:2002.02.14

  デジタルたまごやトップ
 
第15回

ショートステイのたねさん

こんばんは、稲垣尚美です。梅雨は、どうしちゃったのでしょうね。このまま夏になっちゃうのかな。

ショートステイの常連さんのたねさんの話です。ショートステイは、普段は在宅で介護されてるのですけどたまに施設へお泊まりにいらっしゃいます。たねさんの場合は、一度の期間が1週間くらいの利用です。

たねさんは、95歳の高齢で腰がすいぶん曲がっています。90度近く曲がっている感じ。いつもおじぎをしてるみたいです。痴呆は、ありません。歩くのにふらつきがあるので移動は、車椅子。自分で上手に操作できます。でも、少々難聴気味。耳元で大きな声で話せば理解してくれます。

性格は、朗らかで優しい人。話しているといつのまにか時間を忘れてしまいます。冗談もたまに出てくる人なのに家庭の話になると暗くなります。それは、たねさんの家庭環境に明るい未来を本人も私達も感じないためです。

たねさんの介護は、70歳くらいの息子さんがしてるようです。その奥さんは、糖尿病で思うように体が動かないと聞いてます。息子さんにしても決して健康というわけではなく、いろいろな持病があるのだとか・・・

3人暮らしかと思いきや、40代のお孫さん2人も同居されてる様子。1人は未婚で、1人は離婚。5人暮らし。

たねさんは、自分が家族にとってじゃまだろうと線路に座りこんだこともあるとのこと。その時は、息子さんの奥さんに発見されたようです。「やはり世間体は、よくないからやめておく」と、たねさんは寂しい笑顔で言います。

家では自分の部屋からほとんど出てくることはないのだとか。食事も部屋へ運んでもらうようです。家族関係が悪いわけじゃないけど、家族にたいしてとても気を使っているのがよくわかります。テレビもない自室で何を考え、何をして過ごしているのでしょう。

施設にくると「ここは、いい」と言ってくれますが、やはり帰る日を心待ちにしているのは、態度からよくわかります。やはり帰りたい場所は、自宅のようです。

こんな高齢になって家族に気を使い、小さい体をますます小さくさせ、施設にくれば、施設の他の利用者、職員にたいして気を使う。

たねさんにとって一番居心地がいい場所は、どこなのかと考えてしまいます。

本人は、「はやく天国へ行きたい」と口癖のように言います。彼女にとって明るい未来ってないのでしょうか。

2002.06.11


スポンサード リンク

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。


 

Web tamagoya.ne.jp
 
オススメサイト

週刊マナー美人

女性のためのクルマ読本

知って得する労働法

常識ぽてち

ファミレス様、覚悟せよ!

お店で買うにはちと恥ずかしい

四柱推命による人生相談


ライター募集

お問合せ