外泊

老人ホームの裏事情PART1

いつかはお世話になるかもしれない老人ホームのショッキングな裏事情。老人たちにとって同じような毎日でもじつは日々刻々と変わっていく老人ホーム。そんな老人ホームの毎日をのぞいて見ませんか?

超高齢化社会コラム
老人ホームの裏事情Part5
〜学校では教えない本当の社会福祉〜new3.gif (112 バイト)
by エル・ドマドール
老人ホームの裏事情Part4
by 稲垣尚美
老人ホームの裏事情Part3
by 辻本ゆめの
いきいき介護ライフ
by 渡部紗也
老人ホームの裏事情Part2
by 永礼盟
老人ホームの裏事情
by 稲垣尚美
 
稲垣尚美のコラム
稲垣尚美自己紹介

老人ホームの裏事情Part4へ
35 まちさんの転落
34 痴呆の利雄さん
33 入院について
32 入所する人の家族の思い
31 介護認定調査のお仕事
30 熱の効果
29 風邪の季節です
28 あいさんのお仕事
27 帰宅願望
26 実習生と差し入れ
25 外泊
24 外国の介護
23 お盆の帰宅
22 ヘルパー実習
21 よしさんの外出
20 薬とアルコール
19 もう一つ、七夕様
18 七夕様
17 よしさんの歩行
16 リハビリの成果
15 ショートステイのたねさん
14 バラ園へ
13 夫婦愛っていいな〜
12 虐待を受けてきた人
11 近所の人
10 場違いな存在
9 重度の方の死
8 インフルエンザ
7 お花見ツアー
6 シンプルな生活
5 Tさんと娘さん
4 さととはつゑ
3 霊感が、ついちゃった職員
2 幽霊信じますか?
1 まんじゅう持ってこい
0 プレリリース

発行部数


最終更新日:2011.02.27

創刊:2002.02.14

  デジタルたまごやトップ
 
第25回

外泊

こんにちは、稲垣尚美です。まだまだ暑いですね。うちでは、鈴虫がうるさいくらいに鳴いてます。鈴虫って昼夜関係なく鳴くんですね。風流っていうより賑やかです。

お盆の二泊の外泊で自宅から施設へ帰ってきた朝治さん。食事の時、スプーンを自分で全く持とうとしなくなってしまいました。

朝治さんは、脳梗塞で両手両足に麻痺があるのですが、右手が少し動くので、柄の太い特殊スプーンを使う訓練をして最初は、三口、そして少しずつ増やして調子のいい時なら食事の半分くらいは、自力摂取できるようになっていました。もちろんリハビリの先生の指導、そして私達の補助、声かけなど様々な努力をしてきた結果です。ここまでくるのに半年は、かかっています。なんとか食事を自分で食べてほしいという願いからきています。

それが二泊、自宅へ帰っただけでスプーンを持つことを拒否。それどころか、食事も好き嫌いがひどくなっていて拒否が強く、半分も摂取できない状況です。

家で甘やかされてきたんだなというのは、一目瞭然です。

朝治さんは、脳梗塞になって15年以上経っています。それを朝治さんの奥さんが、ほとんど一人で介護してきました。亭主関白だった朝治さんにたいして、それこそ痒いところに手が届くような介護だったことは、朝治さんの家へ伺ったことがあるので一目瞭然でした。その介護が、朝治さんにとってよかったのか、悪かったのか。

奥さんは、まだ自宅に住んでみえますが、高齢を理由に朝治さんの施設への入所を決意されました。

施設での毎日は、「おばあさんは?」と私達に聞く毎日。「今、買い物に行ってみえますよ」

私達を受け入れられず、奥さんをもとめてみえます。たまに罵声や暴力行為もあります。そんな朝治さんを受け入れられない職員もいます。

現実は、奥さんは何ヶ月に一度、朝治さんの好物のまんじゅうを持って30分くらい訪れるのみです。朝治さんの自宅は、車で10分もかからない場所にあります。

朝治さんを甘やかして介護してきた奥さんは、今、介護から解放されて気持ちが楽になっていると思います。

でも、もっと別の介護の方法があったのではないかと思います。

2002.09.06


スポンサード リンク

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。


 

Web tamagoya.ne.jp
 
オススメサイト

週刊マナー美人

女性のためのクルマ読本

知って得する労働法

常識ぽてち

ファミレス様、覚悟せよ!

お店で買うにはちと恥ずかしい

四柱推命による人生相談


ライター募集

お問合せ