誤薬

老人ホームの裏事情PART2

老人ホームのイメージとは?和気藹々な老人たち。暗い病院のような所。夜な夜な徘徊するイメージ。じつは老人ホームにはこんな実体があるんです。有料老人ホームで働く筆者が語る老人ホームのさまざまな裏事情。

超高齢化社会コラム
老人ホームの裏事情Part5
〜学校では教えない本当の社会福祉〜new3.gif (112 バイト)
by エル・ドマドール
老人ホームの裏事情Part4
by 稲垣尚美
老人ホームの裏事情Part3
by 辻本ゆめの
いきいき介護ライフ
by 渡部紗也
老人ホームの裏事情Part2
by 永礼盟
老人ホームの裏事情
by 稲垣尚美
 
永礼盟のコラム
永礼盟自己紹介

50号〜最新号
49 リーダー
48 帰ってくる人
47 スターバックス
46 新たな問題
45 新しい風
44 婆ちゃん
43 集団感染
42 新年
41 ピアノ2
40 ピアノ
39 スウェーデンの人
38 四角形2
37 四角形1
36 いなくなる人
35 冬の始まり
34 17歳のカルテ
33 夜勤
32 ヘルパーまでの道のり(4)
31 ヘルパーまでの道のり(3)
30 老人ホーム
29 経管胃ろう(4)
28 経管胃ろう(3)
27 経管胃ろう(2)
26 納涼祭
25 経管胃ろう
24 死〜憂鬱と決意〜
23 踊る大捜査線
22 流れる麺
21 七夕
20 ヘルパーまでの道のり(2)
19 脳梗塞
18 スタッフを困らせるYさん(5)
17 スタッフを困らせるYさん(4)
16 お茶
15 ヘルパーまでの道のり
14 iさん
13 新しい人
12 疥癬(4)
11 疥癬(3)
10 疥癬(2)
9 疥癬
8 幻覚その2
7 幻覚その1
6 スタッフを困らせるYさん(3)
5 忘れる人
4 誤薬
3 Kさんの暴力
2 スタッフを困らせるYさん(2)
1 スタッフを困らせるYさん

バックナンバー

50号〜最新号
老人ホームの裏事情PART1

総訪問者数

最終更新日:2009.01.23

創刊2003.02.12

  デジタルたまごやトップ
 
第4回

誤薬

こんにちわ。永礼です。つい最近、誤薬をしてしまいました。誤薬とは、その名の通り、薬を間違えることです。このミスは、ホームの仕事の中でも、絶対にしてはならないことの一つです。

介護職を始めて、一年が経ちましたが、繰り返し、繰り返し、タブーであると教わってきました。しかし、沢山の誤薬があった事が事実です。どれも大事にはいたりませんでしたが、絶対に起こってはいけないことなのです。

例えば、うつ病のひとに、パーキンソン病の人の薬を飲ませてしまったとしましょう。うつ病の脳が、活性化されて自殺願望が強くなり、自分の命を絶ってしまう事も考えられます。もしもそれが、実際に起こってしまったとしたら、こんな悲しい事故はないと思います。

私がやった誤薬とは、その人が飲む分の薬に、他の人の薬が混ざっていたと言う物です。多丸様(仮名)が飲む薬に、桂様(仮名)の薬が混ざっていると言ったら解りやすいでしょうか?多丸様が飲まれている薬には、血圧を下げる薬が一錠入っています。桂様が飲まれる薬にも、血圧を下げる薬が2錠含まれていました。と言うことは、合計3錠の血圧低下剤を飲まれた事になります。ほんの数分で、運命が分かれました。

多丸様の薬を持っていって、桂様の薬がないことに気がついたのに、1分もかかっていませんでした。しかし、既に、多丸様は、桂様の分も飲んでしまっていたのです。すぐに血圧を測ると、110/60。問題のない数値ではありましたが、様子観察必至の状態です。30分後に、もう一度計測すると、96/58。徐々に下がり始めていました。歯をガチガチ言わせてながら、悪寒に耐えているようです。色々なことが、頭をよぎり、頭と心にストレスが掛かるのを感じました。もしかしたら、人を殺してしまうかも知れないと言う、とてつもなく大きなストレスでした。

お昼が終わるまで、体中の血管が開いたままでした。タブーを起こすことが、こんなに辛いとは。午前中の様子は、バイタルの数値もご本人の様子も問題なしでした。

ホームのクリニックのドクターから、それほど問題視はしなくても良いとは思うが、午後から病院へ受診しろと指示されました。見る見るうちに下がる血圧。病院へ向かうときに計ったバイタルは、90/58。明らかに薬の効き目です。縮小する感じの胃。絶えずやって来る嘔吐感。その背負わされて十字架のような感覚に耐えることで、自分の精神バランスを保っていました。

病院について、誤薬があったことと、それまでの様子を伝えました。しかし、血圧を上げる薬はなく、安静するしかないと先生から言われ、ただ、耐えるしかありませんでした。その間、御入居様に苦しい様子がなかったことだけが、救いでした。

一度、ホームに戻って、様子に変化があったらいつでも良いので再来してくれと言われ、帰ホームしました。薬の効き目は、24時間持続するので、次の日の八時までが勝負となりました。それまで、様子が変化しなければ、もう誤薬よる心配はなくなります。私は、最も長い24時間を体験し、今に至ります。

多丸様には、異常は見られませんでした。『誤薬』とても重たい事故だと、実感しました。

2003.3.10


永礼盟

スポンサード リンク

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。


 

Web tamagoya.ne.jp
 
オススメサイト

週刊マナー美人

バストアップナビゲーター

女性のためのクルマ読本

知って得する労働法

常識ぽてち

ファミレス様、覚悟せよ!

お店で買うにはちと恥ずかしい

四柱推命による人生相談

小口輸入支援「販路ドットビズ」


ライター募集

お問合せ