忘れる人

老人ホームの裏事情PART2

老人ホームのイメージとは?和気藹々な老人たち。暗い病院のような所。夜な夜な徘徊するイメージ。じつは老人ホームにはこんな実体があるんです。有料老人ホームで働く筆者が語る老人ホームのさまざまな裏事情。

超高齢化社会コラム
老人ホームの裏事情Part5
〜学校では教えない本当の社会福祉〜new3.gif (112 バイト)
by エル・ドマドール
老人ホームの裏事情Part4
by 稲垣尚美
老人ホームの裏事情Part3
by 辻本ゆめの
いきいき介護ライフ
by 渡部紗也
老人ホームの裏事情Part2
by 永礼盟
老人ホームの裏事情
by 稲垣尚美
 
永礼盟のコラム
永礼盟自己紹介

50号〜最新号
49 リーダー
48 帰ってくる人
47 スターバックス
46 新たな問題
45 新しい風
44 婆ちゃん
43 集団感染
42 新年
41 ピアノ2
40 ピアノ
39 スウェーデンの人
38 四角形2
37 四角形1
36 いなくなる人
35 冬の始まり
34 17歳のカルテ
33 夜勤
32 ヘルパーまでの道のり(4)
31 ヘルパーまでの道のり(3)
30 老人ホーム
29 経管胃ろう(4)
28 経管胃ろう(3)
27 経管胃ろう(2)
26 納涼祭
25 経管胃ろう
24 死〜憂鬱と決意〜
23 踊る大捜査線
22 流れる麺
21 七夕
20 ヘルパーまでの道のり(2)
19 脳梗塞
18 スタッフを困らせるYさん(5)
17 スタッフを困らせるYさん(4)
16 お茶
15 ヘルパーまでの道のり
14 iさん
13 新しい人
12 疥癬(4)
11 疥癬(3)
10 疥癬(2)
9 疥癬
8 幻覚その2
7 幻覚その1
6 スタッフを困らせるYさん(3)
5 忘れる人
4 誤薬
3 Kさんの暴力
2 スタッフを困らせるYさん(2)
1 スタッフを困らせるYさん

バックナンバー

50号〜最新号
老人ホームの裏事情PART1

総訪問者数

最終更新日:2009.01.23

創刊2003.02.12

  デジタルたまごやトップ
 
第5回

忘れる人

こんにちわ。永礼盟です。私事ですが、先日南の島へ出掛けてきました。

バカンスに行ったにもかかわらず、考えることは、ホームでの生活でした。ホテルマンの働きを見て、自分は今、ここで、バカンス気分に浸っていても良いのだろうか?そんな気持ちを、忘れられませんでした。ちょっと、気持ちが病んでいます。

しかし、その言葉にすることが難しいぐらい素晴らしい景色を見ているうちにあの御入居様を連れて来られないかな?あの御入居様にこの景色を見せてあげられないかな?そんな気持ちになってきました。しかし、その地は、飛行機で十時間弱。きっと無理だろう。。。何度も、何度も、同じ事を頭で考えていました。仕事に戻ったら、海の見える場所に、ドライブアクティビティーを考える事を心に誓いました。

さて、約一週間のバカンスから戻り、ホームでの奮闘の日々を送っています。まるで夢から覚めたような感覚でした。相変わらずの光景がホームでは、繰り広げられていました。その光景の一つを、紹介です。

その人多丸様は、ホームで最年長の御入居様で、とても正義感の強い方です。昔気質なのは勿論、何事もきっちりしていないと怒られる方でした。曲がったことが大嫌い。ホーム内でも、お母さん的存在の多丸様。90半ばを過ぎたお年で、何でもご自分でやる姿、その経験から来るお言葉。70〜80歳の、他の御入居様から「お母さん」と呼ばれていらっしゃいます。

その日、多丸様はとても御機嫌が宜しく、いつものようにニコニコされて、お食事されていらっしゃいました。午後も、四時を回ったところで、物凄い顔をして、全身全霊で怒っていらっしゃいます。食堂に降りてこられ、「ワシは、食事を食わしてもろうとらん!!」そう訴えていらっしゃいます。多丸様は、老人性痴呆で、時々物事を忘れてしまうことがありました。

多い訴えは、今回のように食事を食べさせて貰ってないと言う物と、お風呂に入らせてもらっていない。誰も、自分の面倒を見てくれない。この三つが、週に何日か、必ず訴えられる事でした。

今日は、食事です。対応したのは私でした。スタッフの間で、こう言うときに誰が対応するかは、特に決まっていません。ナースコールを受けた者。直接訴えを受けた者が、対応するようになっていました。今日は、私が多丸様の訴えを受けたので、まずは、食事をすでに召し上がっていることを、お伝えします。「多丸様、今日は、うな丼を召し上がられています。もうすぐ夕食ですし、あと少しの時間、お部屋でお待ちいただけますか?」私は、そう直球を投げかけます。しかし、それだけ実直な方が、そのような直球を投げられるとどうなるか?「自分は騙されている」と思われるようです。

当たり前のことですが食事は全量召し上がられています。しかし数時間の間、睡眠や、お友達とのお喋りをはさむと、肝心なことが記憶に残らなくなるようです。フッと自分を振り返った瞬間に、食事をしてないとか、お風呂に入れて貰ってないとか、色々な被害妄想が出てくるようでした。

「ワシが呆けとる言うんか?ワシは、年を取ってもまだ呆けちゃおらん!」涙ながらに、失望したことを訴えられます。それは、我々スタッフのことを信頼していたのにも関わらず、グルになって、自分に嫌がらせをしているという物です。この日、他の御入居様のご家族もいらして、このような訴えを見ておられたようで、「本当に食事をさせているのだろうか?」そんな不信感も抱かれてしまったようです。食堂のような大勢人が居るところで、こういう訴えを受容する事が、かなり心理的なプレッシャーになるものです。

まず、訴えをしている多丸様を真っ直ぐ見つめ、次に訴えは、間違えであることを、分かって貰えるように、回りの視線にも気を配らなくてはいけないからです。なぜなら、「お母さん」と親しまれている多丸様が、涙ながらに訴えを起こしている。嘘を言っているようには思えないのです。そう、多丸様にしてみれば、全く嘘ではなく、真実の訴えです。しかし、我々からしてみれば、その真実が錯覚である事をどう説明したらいいか?そこに集中する訳で、二つの真実をどうやって誰も傷つけずに、納得して貰うかが、ヘルパーの力量に関わってきます。約30分の時間、説得が続きました。私と、それを見た女性スタッフと、厨房にいる調理スタッフ、他の御入居様のご家族を巻き込んで。

やっと、お部屋に戻られ、話をお聞きすると、落ち着いてこられました。だいたい、30分〜1時間くらいの時間、自分の不満をぶつけると、落ち着かれるようです。我々スタッフは、この不満を受容することを仕事としています。その真実は、受容することで、消化されることが最近分かってきました。消化してしまえば、我々に対する不信感も消えてしまうようです。今日も、夕食はニコニコと召し上がられていました。しかし、夜中にまた、「ワシは飯を食わしてもろうとらん!!」と訴えられ、夜勤スタッフを困らせるのですが。。。。

2003.3.17


永礼盟

スポンサード リンク

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。


 

Web tamagoya.ne.jp
 
オススメサイト

週刊マナー美人

バストアップナビゲーター

女性のためのクルマ読本

知って得する労働法

常識ぽてち

ファミレス様、覚悟せよ!

お店で買うにはちと恥ずかしい

四柱推命による人生相談

小口輸入支援「販路ドットビズ」


ライター募集

お問合せ