スタッフを困らせるYさん(その3)

老人ホームの裏事情PART2

老人ホームのイメージとは?和気藹々な老人たち。暗い病院のような所。夜な夜な徘徊するイメージ。じつは老人ホームにはこんな実体があるんです。有料老人ホームで働く筆者が語る老人ホームのさまざまな裏事情。

超高齢化社会コラム
老人ホームの裏事情Part5
〜学校では教えない本当の社会福祉〜new3.gif (112 バイト)
by エル・ドマドール
老人ホームの裏事情Part4
by 稲垣尚美
老人ホームの裏事情Part3
by 辻本ゆめの
いきいき介護ライフ
by 渡部紗也
老人ホームの裏事情Part2
by 永礼盟
老人ホームの裏事情
by 稲垣尚美
 
永礼盟のコラム
永礼盟自己紹介

50号〜最新号
49 リーダー
48 帰ってくる人
47 スターバックス
46 新たな問題
45 新しい風
44 婆ちゃん
43 集団感染
42 新年
41 ピアノ2
40 ピアノ
39 スウェーデンの人
38 四角形2
37 四角形1
36 いなくなる人
35 冬の始まり
34 17歳のカルテ
33 夜勤
32 ヘルパーまでの道のり(4)
31 ヘルパーまでの道のり(3)
30 老人ホーム
29 経管胃ろう(4)
28 経管胃ろう(3)
27 経管胃ろう(2)
26 納涼祭
25 経管胃ろう
24 死〜憂鬱と決意〜
23 踊る大捜査線
22 流れる麺
21 七夕
20 ヘルパーまでの道のり(2)
19 脳梗塞
18 スタッフを困らせるYさん(5)
17 スタッフを困らせるYさん(4)
16 お茶
15 ヘルパーまでの道のり
14 iさん
13 新しい人
12 疥癬(4)
11 疥癬(3)
10 疥癬(2)
9 疥癬
8 幻覚その2
7 幻覚その1
6 スタッフを困らせるYさん(3)
5 忘れる人
4 誤薬
3 Kさんの暴力
2 スタッフを困らせるYさん(2)
1 スタッフを困らせるYさん

バックナンバー

50号〜最新号
老人ホームの裏事情PART1

総訪問者数

最終更新日:2009.01.23

創刊2003.02.12

  デジタルたまごやトップ
 
第6回

スタッフを困らせるYさん(その3)

こんにちわ永礼盟です。
Yさんの嫌がらせは、毎日続いていました。私以外のスタッフには、とてもいい子を演じられているように感じます。そうではないのかも知れませんが、その時の自分の精神状態では、どうしてもそう言う風に感じてしまうのでした。

自分の中に疲れもありました。当時の御入居数は、21名でした。日勤のスタッフは、早番、中番、遅番を含め、多いときで四人。少ないときで、3人でシフトを組んでいました。早番が2人で、遅番が1人しかいなければ、早番の人が残業をしなくては、とてもじゃいけど、業務が回らない状態でした。私から見たら、とても辛いシフトだったのですが、スタッフを増やす事を、会社は嫌がりました。勿論、募集はかけてくれていたようですが、なかなか集まらないのが実状だったようです。

少し体調が悪くても、1人休むと業務が回らなくなるのは、スタッフ全員が分かっている事です。当然、一人一人の疲労はかなりの物だったと想像出来ます。私も、今日は行けないと言う日がありましたが、なんとか出社し、勢いに任せて御入居様と接した事を思い出します。

そんな辛いある日、私と、新しく入ったスタッフ1人で午前中の業務を回さなくてはならない日が出てきました。この状態を、Yさんは見破った様子で、食堂でお茶を楽しまれていたのに、自分で部屋に戻られました。他の方のトイレ介助をしながら、部屋に帰る姿を見て、とてもイヤな予感がしました。

そう言う日に限って、排泄介助が大変だったりします。トイレにお連れすると、間に合わない状態が続きました。人数不足から、業務の流れが押し押しになっていたためでした。慣れていない新スタッフは、食堂の誘導に時間がかかってしまったようで、遅番で私が出社したときに、まだ朝食を食べている人が数人居るという、異常な状態でした。すぐに、業務を回そうと駆けずり回しました。それが、さっき述べた排泄介助の光景です。

排泄介助をしていると、ナースコールが鳴り始めます。部屋番号を見ると、Yさんでした。「お茶飲みたいから、食堂に連れて行って!」そんな要求でした。私は、Yさんがご自分でお部屋に戻られたことを確認してましたので、「Yさん、もうお茶は飲まれていますので、お昼ご飯の時にお迎えに上がります。」そう答えました。「分かった」と言ってくれましたが、ナースコールは鳴りやみません。排泄介助をしていても、ご家族対応していても、そのコールは止まることを知りませんでした。早くYさんの部屋へ行かなくては。その思いは、気持ちを焦らせます。

やっと落ち着いて、Yさんの部屋をお伺いすると、「散歩に連れて行って。外に出して。」そんな訴えをされます。散歩や日向が大好きな方なので、その気持ちはよく解ります。しかし、スタッフの人数も少ないのと、外は雨だと説得を試みます。その会話の途中も、ナースコールは押しっぱなしの状態。一生懸命説得を続けますが、「分かりました。じゃ、トイレに連れて行って。」散歩の次は、トイレに行きたいと言われます。

Yさんのお部屋で、そんな対応をさせていただいていると、違う方がナースコールされます。普段なら、他のスタッフに対応をお願いするのですが、今日は、無理です。全てのナースコールに出て、全ての対応をしなくてはなりませんでした。

Yさんにトイレに座って貰い、他の方のお部屋へお邪魔します。すると、Yさんの居るトイレからコールが鳴ります。すぐにYさんの所へ戻ると、「出ねえ!部屋に帰らせて」と訴えられるので、お部屋にお連れします。また違うお部屋のコール対応をしていると、Yさんに呼ばれます。Yさんの部屋に行くと、ベッドは尿でビチャビチャになっていました。

こう言う行為は、前からありましたが、このタイミングでやられると、とても困りました。私は、「今日みたいな日に、こう言うことをされると困ります。」腹の中では、複雑な気持ちが溢れていましたが、それを押し殺して、発言しました。Yさんは、私に向かってこう言い放ちました。「俺の勝ちだな」その時に、Yさんは自分のストレス解消に、私をいじめている事が分かりました。それでも、シーツとズボンを替えようと、シーツを剥ぎ、ズボンを脱いで貰うと、「俺を裸にして何をするんだ?俺を裸にしたって、家族に言いつけてやるからな。」そう自分に叩きつけてきました。嗚咽と、涙を我慢して、「ズボンを替えさせて下さいね」と声を振り絞った。

この時から、私は、怒れなくなってしまいました。怒ろうとすると、「ハァ〜」と無気力になってしまうようになりました。それから、Yさんの欲求は、他のスタッフにも及ぶようになっていきます。

Yさんは、一体私をどうしたいのでしょう?

2003.3.24


永礼盟

スポンサード リンク

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。


 

Web tamagoya.ne.jp
 
オススメサイト

週刊マナー美人

バストアップナビゲーター

女性のためのクルマ読本

知って得する労働法

常識ぽてち

ファミレス様、覚悟せよ!

お店で買うにはちと恥ずかしい

四柱推命による人生相談

小口輸入支援「販路ドットビズ」


ライター募集

お問合せ