幻覚その1

老人ホームの裏事情PART2

老人ホームのイメージとは?和気藹々な老人たち。暗い病院のような所。夜な夜な徘徊するイメージ。じつは老人ホームにはこんな実体があるんです。有料老人ホームで働く筆者が語る老人ホームのさまざまな裏事情。

超高齢化社会コラム
老人ホームの裏事情Part5
〜学校では教えない本当の社会福祉〜new3.gif (112 バイト)
by エル・ドマドール
老人ホームの裏事情Part4
by 稲垣尚美
老人ホームの裏事情Part3
by 辻本ゆめの
いきいき介護ライフ
by 渡部紗也
老人ホームの裏事情Part2
by 永礼盟
老人ホームの裏事情
by 稲垣尚美
 
永礼盟のコラム
永礼盟自己紹介

50号〜最新号
49 リーダー
48 帰ってくる人
47 スターバックス
46 新たな問題
45 新しい風
44 婆ちゃん
43 集団感染
42 新年
41 ピアノ2
40 ピアノ
39 スウェーデンの人
38 四角形2
37 四角形1
36 いなくなる人
35 冬の始まり
34 17歳のカルテ
33 夜勤
32 ヘルパーまでの道のり(4)
31 ヘルパーまでの道のり(3)
30 老人ホーム
29 経管胃ろう(4)
28 経管胃ろう(3)
27 経管胃ろう(2)
26 納涼祭
25 経管胃ろう
24 死〜憂鬱と決意〜
23 踊る大捜査線
22 流れる麺
21 七夕
20 ヘルパーまでの道のり(2)
19 脳梗塞
18 スタッフを困らせるYさん(5)
17 スタッフを困らせるYさん(4)
16 お茶
15 ヘルパーまでの道のり
14 iさん
13 新しい人
12 疥癬(4)
11 疥癬(3)
10 疥癬(2)
9 疥癬
8 幻覚その2
7 幻覚その1
6 スタッフを困らせるYさん(3)
5 忘れる人
4 誤薬
3 Kさんの暴力
2 スタッフを困らせるYさん(2)
1 スタッフを困らせるYさん

バックナンバー

50号〜最新号
老人ホームの裏事情PART1

総訪問者数

最終更新日:2009.01.23

創刊2003.02.12

  デジタルたまごやトップ
 
第7回

幻覚その1

こんにちわ。永礼盟です。

段々暖かくなってきました。時折、花のつぼみのせいかな?春の薫りがします。長い冬が明けるのは、もう間近ですね。そんな心地よさとは裏腹に、永礼は、花粉症に悩まされています。もう20年以上も、花粉症とお付き合いしていますので、何の対策もとらずに、出る物は出ると、鼻水を垂らしながらケアを行っています。

排泄介助を終わらせ、御入居様のズボンを上げると、その方の涎が顔にたれます。私が顔を上げると、自分の鼻水で口の回りまでベチョベチョになっています。涎を私の顔にかけた張本人が、私の鼻水を見て、「汚いじゃないのよ〜」と、ケタケタ笑っておられ、免疫が、小さな幸せの空間を作っています。

さて、我がホームですが、色々な方が御入居されておられます。最近は、どんな発言をされても驚かなくなりましたが、今までクリアだった方が、急に不可解な事を言い出すときは、驚きというか、何とも複雑な気持ちになります。

要支援だった方が、急に「最近部屋からお金を取っていく人が居て困るわ」と話されるようになったり、「スタッフの人が、私の悪口を言っている。」等の被害妄想的な発言をされる時です。

先輩達は、レベルダウンと呼んでいました。実際に使う言葉かどうかは分かりませんが、我々の現場では、そう呼んでいました。

ここ数週間、突然おかしな発言をされた方がいらっしゃいました。しっかりされている方なので、少し驚きを覚えましたが、レベルダウンとはちょっと違います。その方の発言は、部屋に魚が見えると言うのです。魚とは、海に泳いでいるあれです。あれが、自分の部屋の中で泳いでいるのだそうです。タンスの中に入っては、小さな鍵穴から出てきたり、ケアベッドの手すりの中から大群が出てきたり、とにかく大暴れなんだそうです。

その方は、パーキンソン病を患っておられ、脳を活性化するお薬を飲まれています。その副作用で幻覚が見えることがあるらしいのですが、ここ最近症状が酷くなっています。日中は、そんなに酷くないのですが、夜勤帯に発作のような訴えがあるようでした。「腐った魚たちが私に張り付くの!着替えをさせて!」夜中に、何度も着替えをされるようになったそうです。「知らない人が、私の部屋でお葬式をしている。」「テレビの中から女の子がこっちを覗いている。」「布団の上で女性が新聞を読み、その回りを少女が駆け回っている。」だんだんと、訴えが深刻になってきました。幻覚で夜は殆ど寝ておられないようで、疲れとストレスで、とても攻撃的になられていました。しかし、我々にはどうすることも出来ず、ただ、ただ、お話しをお聞きするしか方法がありませんでした。

その夜、幻覚はとても酷い物となり、御入居様を苦しめました。もう自分の部屋には、戻りたくないと訴えられます。ベッドに寝ていると、ミミズのような虫の大群が背中からウジャウジャと涌き、死んだ人がどんどん蘇って、自分の回りに集まってくる。赤ちゃんが沢山写っているカレンダーの写真を見て、人体実験をしている。もうパニックです。ケアリーダーが、すぐさま対応し、新しい部屋を作りました。ひと部屋、一千万円近い契約金がかかるので、無償でこのような対応した事に、敏速だったと感じます。リーダーには、このような状況判断が必要になってくることを学びました。しかし、移動した部屋にも人が居ると言われ、その夜はずっと車椅子で徘徊していたようです。

翌日、その様子を申し送られ、様子をうかがいに行くと、兎に角部屋中に死体が散乱しているから、掃除をして欲しいと言われました。ベッドは、虫だらけなのでシーツも交換して欲しいとも言われました。眠そうな表情から、昨日の苦しみが想像できました。私は、まずシーツを交換し掃除をしようと、新しいシーツを取りに行きました。すると、後輩スタッフが、パニックになって飛んできました。「永礼さん!永礼さん!吉川様の意識がないんですけど!」そう言われ、さっきまで喋っていたのに、嘘だろ?と半信半疑のまま居室へ向かいました。吉川様に、何が起こったのでしょうか?

2003.04.01


永礼盟

スポンサード リンク

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。


 

Web tamagoya.ne.jp
 
オススメサイト

週刊マナー美人

バストアップナビゲーター

女性のためのクルマ読本

知って得する労働法

常識ぽてち

ファミレス様、覚悟せよ!

お店で買うにはちと恥ずかしい

四柱推命による人生相談

小口輸入支援「販路ドットビズ」


ライター募集

お問合せ