新しい人

老人ホームの裏事情PART2

老人ホームのイメージとは?和気藹々な老人たち。暗い病院のような所。夜な夜な徘徊するイメージ。じつは老人ホームにはこんな実体があるんです。有料老人ホームで働く筆者が語る老人ホームのさまざまな裏事情。

超高齢化社会コラム
老人ホームの裏事情Part5
〜学校では教えない本当の社会福祉〜new3.gif (112 バイト)
by エル・ドマドール
老人ホームの裏事情Part4
by 稲垣尚美
老人ホームの裏事情Part3
by 辻本ゆめの
いきいき介護ライフ
by 渡部紗也
老人ホームの裏事情Part2
by 永礼盟
老人ホームの裏事情
by 稲垣尚美
 
永礼盟のコラム
永礼盟自己紹介

50号〜最新号
49 リーダー
48 帰ってくる人
47 スターバックス
46 新たな問題
45 新しい風
44 婆ちゃん
43 集団感染
42 新年
41 ピアノ2
40 ピアノ
39 スウェーデンの人
38 四角形2
37 四角形1
36 いなくなる人
35 冬の始まり
34 17歳のカルテ
33 夜勤
32 ヘルパーまでの道のり(4)
31 ヘルパーまでの道のり(3)
30 老人ホーム
29 経管胃ろう(4)
28 経管胃ろう(3)
27 経管胃ろう(2)
26 納涼祭
25 経管胃ろう
24 死〜憂鬱と決意〜
23 踊る大捜査線
22 流れる麺
21 七夕
20 ヘルパーまでの道のり(2)
19 脳梗塞
18 スタッフを困らせるYさん(5)
17 スタッフを困らせるYさん(4)
16 お茶
15 ヘルパーまでの道のり
14 iさん
13 新しい人
12 疥癬(4)
11 疥癬(3)
10 疥癬(2)
9 疥癬
8 幻覚その2
7 幻覚その1
6 スタッフを困らせるYさん(3)
5 忘れる人
4 誤薬
3 Kさんの暴力
2 スタッフを困らせるYさん(2)
1 スタッフを困らせるYさん

バックナンバー

50号〜最新号
老人ホームの裏事情PART1

総訪問者数

最終更新日:2009.01.23

創刊2003.02.12

  デジタルたまごやトップ
 
第13回

新しい人

こんにちわ。永礼盟です。ご購読ありがとうございます。

我が施設、我がホーム。大分、雰囲気が変わりました。ご家族からは、相変わらず異動が多いのねと、嫌みを言われます。異動が多いのは、我々のせいではないのですが、どうしても近くにいる分、お叱りを貰うことが多いです。まぁ、今回は疥癬という病気もあり、特別だと思いますが。

さて、職員と施設長が入れ替わって、どんな風に変わっていったかと言うと、雰囲気が若くなった感がありました。施設長も私とそう変わらない年で、二十代後半。そして殆どが二十歳前半の年です。箸が転がっても笑ってしまう年頃。そりゃぁ、明るくもなるかなと、日々感じております。

さて、その新しい施設長。こないだの子供の日に、歌を披露して下さいました。歌った歌は、「鯉のぼり」でした。お昼ご飯が終わった食堂で、まだ少し、入居者様が残って居られる所で、さり気なく、その芸は始まったのです。

屋根より高い 鯉のぼり大きい 真鯉はお父さん

見ても分かる通り、歌詞は、鯉のぼりです。しかし、メロディを聴くと、なんとなくおかしいのです。介護職員を含め、入居者もその歌に、???と言う反応をしていました。職員から、「施設長の歌、なんかおかしいですよぉ。」そう、突っ込まれて、「そんなことないやん。」そう得意気に歌い続けます。

小さい緋鯉は 子供達面白うそうに 泳いでる

やはり、どこかおかしいのです。御入居様から、もう一度、歌ってみてと、リクエストが入ります。「ええよ。何度でも歌うよ。」

屋根より高い こいのぼり

やはり、???です。職員の1人が、「そのメロディって、ひな祭りの歌ですよ。」と突っ込みが入ります。そうです。歌詞は、鯉のぼりなのに、メロディは、ひな祭りなのです。

私は、なるほどなと思いました。鯉のぼりの歌詞を、ひな祭りのメロディで歌いきる事が出来るのです。この施設長はこのネタで毎年、御入居と職員の心を引きつけてきたのが分かりました。今年も、施設長の思惑どおりで、御入居から笑いながら、「それはひな祭りの歌。鯉のぼりは、このメロディ。」そうして、本当の鯉のぼりのメロディを口ずさむ御入居。それに対して、施設長は、「そのメロディは、シャボン玉やん。」そう吐き捨てて、ひな祭りのメロディで、鯉のぼりを歌い続けます。

手を、違う。違う。と降る御入居様に、「え〜、小島さんなら分かると思ったんやけどなぁ。同じ関西やん。関西では、こう習うんよね?」と御入居も巻き込んで、ひな祭りと鯉のぼりを混同させようとしています。もう既に、施設長の手中です。「じゃあなぁ、本当の鯉のぼり歌ってみぃ。」その問いに、職員全員で歌うと、「それって絶対シャボン玉やん。」すると、シャボン玉の歌を歌う御入居。「違う。違う。絶対違うって。関東の歌がおかしいねん。」関西出身の小島様が、「あんたが間違っとんのや。」と突っ込まれたのが、とてもおかしかったです。

施設長に、してやられた時でした。その数十分、とても温かい空気に包まれました。今でも、「鯉のぼりはこうよね?」と、本当のメロディを、施設長の前で歌う小島様。とても可愛らしい姿だし、こうして、入居者を引きつけてしまう施設長のテクニックに、雰囲気の変化を感じぜずにはいられませんでした。我がホームに、5月の風と温かい空気が舞い込みました。

そんな施設長を、職員も入居者様も、大好きになってしまいました。私は、率先して馬鹿を出来る施設長に共感をもったのですが、最近、その鯉のぼりの芸が、本気で間違っていたことが判明しました。今となっては、それが本当に間違っていても、テクニックでも、どうでも良いことです。我がホームに、ほんわか優しい雰囲気に包まれたことだけが、事実として残っているのです。

これが、ごり押しでないケアなのだと、とても共感しました。それぞれに、都合良く、心地よく、温かい気持ちにさせてくれる。それが、ケアであり、サービスかな?と。

そんな施設長のことを、職員も入居者様も、大好きになりました。

2003.05.21


永礼盟

スポンサード リンク

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。


 

Web tamagoya.ne.jp
 
オススメサイト

週刊マナー美人

バストアップナビゲーター

女性のためのクルマ読本

知って得する労働法

常識ぽてち

ファミレス様、覚悟せよ!

お店で買うにはちと恥ずかしい

四柱推命による人生相談

小口輸入支援「販路ドットビズ」


ライター募集

お問合せ