Iさん

老人ホームの裏事情PART2

老人ホームのイメージとは?和気藹々な老人たち。暗い病院のような所。夜な夜な徘徊するイメージ。じつは老人ホームにはこんな実体があるんです。有料老人ホームで働く筆者が語る老人ホームのさまざまな裏事情。

超高齢化社会コラム
老人ホームの裏事情Part5
〜学校では教えない本当の社会福祉〜new3.gif (112 バイト)
by エル・ドマドール
老人ホームの裏事情Part4
by 稲垣尚美
老人ホームの裏事情Part3
by 辻本ゆめの
いきいき介護ライフ
by 渡部紗也
老人ホームの裏事情Part2
by 永礼盟
老人ホームの裏事情
by 稲垣尚美
 
永礼盟のコラム
永礼盟自己紹介

50号〜最新号
49 リーダー
48 帰ってくる人
47 スターバックス
46 新たな問題
45 新しい風
44 婆ちゃん
43 集団感染
42 新年
41 ピアノ2
40 ピアノ
39 スウェーデンの人
38 四角形2
37 四角形1
36 いなくなる人
35 冬の始まり
34 17歳のカルテ
33 夜勤
32 ヘルパーまでの道のり(4)
31 ヘルパーまでの道のり(3)
30 老人ホーム
29 経管胃ろう(4)
28 経管胃ろう(3)
27 経管胃ろう(2)
26 納涼祭
25 経管胃ろう
24 死〜憂鬱と決意〜
23 踊る大捜査線
22 流れる麺
21 七夕
20 ヘルパーまでの道のり(2)
19 脳梗塞
18 スタッフを困らせるYさん(5)
17 スタッフを困らせるYさん(4)
16 お茶
15 ヘルパーまでの道のり
14 iさん
13 新しい人
12 疥癬(4)
11 疥癬(3)
10 疥癬(2)
9 疥癬
8 幻覚その2
7 幻覚その1
6 スタッフを困らせるYさん(3)
5 忘れる人
4 誤薬
3 Kさんの暴力
2 スタッフを困らせるYさん(2)
1 スタッフを困らせるYさん

バックナンバー

50号〜最新号
老人ホームの裏事情PART1

総訪問者数

最終更新日:2009.01.23

創刊2003.02.12

  デジタルたまごやトップ
 
第14回

Iさん

こんにちわ、永礼盟です。ご購読ありがとうございます。

新しい職員、新しい施設長を迎え、ほんわかと優しい風に包まれております、我がホーム。少し若い職員が増え、元気を貰い、活気づいている気がします。

施設長も、二十代後半ではありますが、経験値は高く、依存度はかなりたかくなっています。前に、施設長について少し触れましたが、自然なケアに、とても共感を覚えます。

我がホームですが、立ち上げから、やっと数年が経とうとしております。幾度となく、職員の入れ替えや施設長の入れ替えが行われてきました。

なぜ、そのように入れ替えが多かったかは、落ち着きがないホームというレッテルがはられていたからだと思います。今回、大幅に入れ替えが行われたことは、メルマガで触れました。私は、なぜか今のホームに留まる事になったのですが、以前、力不足と言うことで、今回のように他のホームに研修に行ったことがあります。

辞令的には、他のホームでの研修、勉強でしたが、本当のところは、お前じゃ無理だからのいてろ。その間に、経験豊富な人材で一気に立ち上げる。と言う物です。

本音と立て前の、悲しい実状でした。いくら、一生懸命に取り組んでも、結果がなければ、組織の中で認められないのです。今回の辞令を見て、その当時を思いだしました。

難しい御入居の方がいらっしゃいました。iさんと言うとても厳しい方でした。お部屋に伺うと、まずはお叱りを受けることから始まります。そのお叱りは、ごもっともな物が殆どで、間違いを指摘されるような感じです。

Iさんは、あまり訴えがありません。その変わり、職員が間違ったことをしたら、ご指摘を受ける。そんな状況です。私は、そのIさんが、得意ではありませんでした。あまり物を語らないIさんが、恐かったのです。

お部屋にお伺いしても、手や、顔を横に振るなどの反応しかなく、どう接して良いか全く分からなかったのです。耳が遠く、コミュニケーションを好かれないと言うことは、情報として上がっていました。「今日も、嫌な顔されるのかなぁ...」そんな気持ちを抱きながらも、憂鬱を心に隠し、毎日、毎日、iさんのお部屋にお伺いを立てました。

その当時も、今回のように、職員の入れ替えが行われました。その中に、私永礼盟も含まれていたのです。数ヶ月の間、他のホームで勉強をしてこいという辞令でした。

私は、Iさんに挨拶をする事を、一番最後にしました。指で、チョイチョイと、「帰れ」と言われる事を恐れたのです。しかし、iさんの反応は違いました。

「iさん、私は、他のホームでの研修を言い渡されたので、数ヶ月の間、勉強することになりました。」そうIさんにお伝えすると、いつも手や顔の動きだけで会話されていたIさんが、大粒の涙を流しながら、こう訴えられました。

「私は、あなたが帰ってくるまで生きていられるかどうか解らないけど、私には、あなたが必要です。それまで生きていられるかどうか解らないけど、必ず、必ず、帰ってきてくれると約束してください。」

いつも、邪険にされていたと思っていたのに、iさんの思いは違ったのです。この時、ハッとさせられました。なぜ、iさんの本当の心を理解できなかったのだろう?と。なぜ、その外見から、態度から、物事を捉えたのだろう?と。iさんの心の奥を見ることが出来なかった自分が、とても恥ずかしくなりました。

iさんに、そう言われて、初めて自分を見てくれていたんだ。そう思い、目から鱗が落ちた思いになったのを、今でも強く覚えています。

その時の、iさんのお言葉が、今の永礼盟を支えていると言っても過言ではありません。多くを語らなくても、真実は曲がらない。自分の信念を忘れていたことにハッとさせられ、その言葉が自分を支えています。

「私には、あなたが必要。」ヘルパーとして、こんなに嬉しく、重い発言があるでしょうか?何も語らない人からの、過大なる評価。必ず、帰ると心に誓い、新しいホームに向かいました。

今、その時と同じような光景を目にして、iさんの言葉を書きたくなりました。人事異動と御入居様との信頼関係。多くを語らない方が、たった一言でそれ以上の物を語る凄さ。今でも、iさんの言葉を思い出すと、涙が出ます。いつか、このメルマガでiさんに触れたいと思っていましたが、今回人事異動があったことを機に書いてみました。

実際に、永礼盟とIさんとの約束は守られました。何ヶ月かの研修後、iさんの元に新しい顔を見せることが出来たのです。

やはり、iさんは多くは語りませんでした。そのIさんが、永礼盟にかけてくれた言葉があります。

「戻ってきてくれてありがとう。」

今、ホームにIさんの姿はありません。iさIさんの居ない今、私は声を大にこう言いたい。「こんな自分を待って居てくれたことに感謝します。その気持ちに、答えられるよう、精一杯努力します。」と。

言葉は交わされないまま、Iさんは居なくなってしまいました。でも、iさんと言う存在が、今の私に大きく影響しています。

5月の風と、温かい雰囲気に包まれた我がホーム。その暖かさに触れ、心の奥でIさんを想う自分が居るのでした。

2003.05.28


永礼盟

スポンサード リンク

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。


 

Web tamagoya.ne.jp
 
オススメサイト

週刊マナー美人

バストアップナビゲーター

女性のためのクルマ読本

知って得する労働法

常識ぽてち

ファミレス様、覚悟せよ!

お店で買うにはちと恥ずかしい

四柱推命による人生相談

小口輸入支援「販路ドットビズ」


ライター募集

お問合せ