流れる麺

老人ホームの裏事情PART2

老人ホームのイメージとは?和気藹々な老人たち。暗い病院のような所。夜な夜な徘徊するイメージ。じつは老人ホームにはこんな実体があるんです。有料老人ホームで働く筆者が語る老人ホームのさまざまな裏事情。

超高齢化社会コラム
老人ホームの裏事情Part5
〜学校では教えない本当の社会福祉〜new3.gif (112 バイト)
by エル・ドマドール
老人ホームの裏事情Part4
by 稲垣尚美
老人ホームの裏事情Part3
by 辻本ゆめの
いきいき介護ライフ
by 渡部紗也
老人ホームの裏事情Part2
by 永礼盟
老人ホームの裏事情
by 稲垣尚美
 
永礼盟のコラム
永礼盟自己紹介

50号〜最新号
49 リーダー
48 帰ってくる人
47 スターバックス
46 新たな問題
45 新しい風
44 婆ちゃん
43 集団感染
42 新年
41 ピアノ2
40 ピアノ
39 スウェーデンの人
38 四角形2
37 四角形1
36 いなくなる人
35 冬の始まり
34 17歳のカルテ
33 夜勤
32 ヘルパーまでの道のり(4)
31 ヘルパーまでの道のり(3)
30 老人ホーム
29 経管胃ろう(4)
28 経管胃ろう(3)
27 経管胃ろう(2)
26 納涼祭
25 経管胃ろう
24 死〜憂鬱と決意〜
23 踊る大捜査線
22 流れる麺
21 七夕
20 ヘルパーまでの道のり(2)
19 脳梗塞
18 スタッフを困らせるYさん(5)
17 スタッフを困らせるYさん(4)
16 お茶
15 ヘルパーまでの道のり
14 iさん
13 新しい人
12 疥癬(4)
11 疥癬(3)
10 疥癬(2)
9 疥癬
8 幻覚その2
7 幻覚その1
6 スタッフを困らせるYさん(3)
5 忘れる人
4 誤薬
3 Kさんの暴力
2 スタッフを困らせるYさん(2)
1 スタッフを困らせるYさん

バックナンバー

50号〜最新号
老人ホームの裏事情PART1

総訪問者数

最終更新日:2009.01.23

創刊2003.02.12

  デジタルたまごやトップ
 
第22回

流れる麺

こんにちわ。永礼盟です。ご購読ありがとうございます。そして、メールを下さった方々にこの場を借りて、お礼申し上げます。一通、一通、目を通して、色々な想いが生まれます。メールを頂いているのに、返事が出来なくてごめんなさい。

7月も半ばを過ぎたというのに、梅雨が晴れませんね。時には、寒いぐらいの日もあって、本当に夏かな?と疑ってしまいます。カラッと晴れ渡って欲しいと思う自分が居ました。でも、夏の暑さが嫌いな方には、好都合かも知れませんね。

そんな梅雨空の晴れない7月に、我がホームでは色々なイベントに挑戦しています。七夕パーティーや、外出ドライブ、盆飾りのお供え等、レク係がたくさんのイベントを企画してくれているのです。

今回行われたイベントは、『流し素麺』でした。我々、職員同士でも、流し素麺の経験を持つ物はおらず、どんな風に具現化していくのか楽しみでした。七夕の時に、近くの林から笹を刈ってきましたが、最初はこの笹を再利用しようと言う試みでした。

七夕が終わり、その笹を割ってみると細すぎることに気づかされます。素麺が流れるどころか、薬味すら流れない細さに絶望しました。そこで、笹を再利用することを諦め、新たに林からぶっとい竹を調達することに決めたのでした。

今度の竹は、長さが2メートル半ぐらい有り、申し分ない太さの物です。それを半分に割り、素材造りが始まります。若い職員の、垣田君の腕の見せ所です。

半分に割った竹を、丁寧にヤスリをかけ、滑らかに仕上げていきます。3本の棒を縛り、竹を傾ける土台を作り、同じ竹で固定する台を拵えました。本番はホースで水を汲み上げようとしたらしく、そのホースにも飾り付けをしようと、素敵な造花をレクで作ってもらっていました。くみ上げた水を受け止める盥は、まるで檜風呂温泉に置いてあるような、とても風流な盥でした。全て、天然素材で作り上げた垣田君の技術に脱帽です。半月くらい前から、準備を始めていたようですが、実験する事は出来ていませんでした。この素材達が、理屈上では上手く行くのですが、本番で成功するかどうか、誰にも解りません。本番前日に、イメージを具現化してみました。

二本の竹を、高い位置から、低い位置へ設定し、直線に並べました。約4メートル程の流し素麺の道が出来上がります。しかし、実験では素麺は流せず、水が低い位置へ流れることしか確認できませんでした。誰も、成功のイメージを持てないまま、本番を迎えようとしていたのです。

垣田君が、「俺、明日休みだから、永礼さんあとお願いしますね。」そう告白されました。「ほぇ?」唐突に言われたので、一瞬その事態を飲み込めませんでしたが、すぐに「俺がやるのか。」と言うことに気づかされました。

垣田君の技術に感心していて、かなり人ごとだったのです。本番は、進行通りに手伝いをしようと勝手に思っていました。垣田君から、お願いされて、事態は急変しました。

「俺がやるのかぁ...」誰も、予想できない流し素麺に未知の不安を感じました。垣田君が、ここまでやった物を、私が引き継ぐことに不安を感じながらも、勢いに任せるしかありませんでした。

当日を迎え、早速流し素麺造りに取りかかります。進行係に指示を仰ぎながら、厨房と連携を計ります。幸い、この企画に乗ってくれた梶原さんが、全ての『食』をかって出てくれたのです。素麺を茹で、薬味を用意してくれました。梶原さんの提案で、おやつの時間ではなく、お昼に当てればどうか?と言うことで、その日のお昼のメニューに素麺が加わりました。素麺と言うことで、普段はお茶碗に盛るご飯も、今日は黄粉おにぎりにしてくださいました。

新しい協力者のおかげで、企画に拍車がかかります。自分の気持ちも何となく乗ってきました。竹をセットし、良いイメージを持ちながら本番を迎えられそうな気がします。早めに誘導を行い、いつでも始められる状態を作りました。

好評だったのは、竹に盛った薬味でした。竹筒に、ネギやミョウガ、大葉に刻み生姜。これでもかと言うぐらい盛りました。めんつゆは、竹筒に盛り、気分だけは盛り上がっていました。後は、ぶつけ本番で素麺が流れるかどうかにかかってきました。

もう度胸を決めるしかありませんでした。もしも出来なくても、ご愛敬で許して欲しい。そんな開き直りの気持ちが返って良かったのかも知れません。垣田君の努力を知っている御入居は、それがどんな風に具現化するのが楽しみと語って居られ、実際にセットされた流し素麺の竹を見るだけで、「すでに流し素麺の50%を、目で楽しませてもらったわ。」そう語って下さいました。

準備は整いました。本番が始まります。今日の趣旨をお話しし、どんどん流し素麺の方へお越し下さいと語りました。

まずは、自立の方が前へ来られます。素麺の束を竹にセットし、やかんの水で流します。スルスル〜っと、素麺は流れます。その下では、「あ〜!上手く受け取れない!」と歓喜の声が上がります。大成功です。

次から次へと、素麺をとりに来てくださいます。テレビで見た光景と一緒の流し素麺です。イメージの中では、づっと素麺が流れ続けていましたが、我がホーム。そんなに急かさなくて調度良いじゃないか。目の前の光景を見て、心の底から思いました。

入居者様が、前に来たら「流しま〜す!」そう言って一束、一束、やかんの水で流す。竹を通る涼しげな水に押され、素麺達が綺麗な線を描きます。入居者の歓喜の声。素麺をキャッチできた声、キャッチし損なった声。梅雨の晴れないこの日、久しぶりに太陽が顔を見せました。太陽の光が、流し素麺をスポットライトのように照らします。

車いすの方も、1人、また1人と流し素麺の場所へ誘導し、楽しんでもらいます。「取れないのよ〜!!」アルツハイマーを患われている方も、流れ来る麺をキャッチすることに集中されていました。素麺を取れない方には、檜の盥に素麺を乗せ、かち割り氷をぶっかけてお席にお持ちしました。思いの外皆様食べていただけました。

「よくここまで形にしましたね。」1人の御入居様が発言されました。私は、その言葉をこう受け取っています。

「不完全ではあるが、雰囲気は十分に伝わった。」その言葉が、この企画の中で、なぜか一番嬉しかった言葉なんです。満足させることはとても難しいけど、少しベクトルがゴールに向かっていることを感じたのでした。

最後に、この企画に協力下さった梶原さん。天然素材でこれだけの物を作り上げた垣田君。当日の進行を一手に引き受けた崎田さん。この企画の時間に、お部屋から出られない方々のケアをしてくれた木下さん。車いすの方、食事介助の方、細かいケアを引き受けてくれた藤原さん。沢山のスタッフが、『流し素麺』と言う企画を成功させようと奮闘して下さいました。ここに、感謝の気持ちを述べさせていただきたいと思います。こんな、充実感を味あわせてくれたみんなに感謝!

2003.07.28


永礼盟

スポンサード リンク

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。


 

Web tamagoya.ne.jp
 
オススメサイト

週刊マナー美人

バストアップナビゲーター

女性のためのクルマ読本

知って得する労働法

常識ぽてち

ファミレス様、覚悟せよ!

お店で買うにはちと恥ずかしい

四柱推命による人生相談

小口輸入支援「販路ドットビズ」


ライター募集

お問合せ