踊る大捜査線

老人ホームの裏事情PART2

老人ホームのイメージとは?和気藹々な老人たち。暗い病院のような所。夜な夜な徘徊するイメージ。じつは老人ホームにはこんな実体があるんです。有料老人ホームで働く筆者が語る老人ホームのさまざまな裏事情。

超高齢化社会コラム
老人ホームの裏事情Part5
〜学校では教えない本当の社会福祉〜new3.gif (112 バイト)
by エル・ドマドール
老人ホームの裏事情Part4
by 稲垣尚美
老人ホームの裏事情Part3
by 辻本ゆめの
いきいき介護ライフ
by 渡部紗也
老人ホームの裏事情Part2
by 永礼盟
老人ホームの裏事情
by 稲垣尚美
 
永礼盟のコラム
永礼盟自己紹介

50号〜最新号
49 リーダー
48 帰ってくる人
47 スターバックス
46 新たな問題
45 新しい風
44 婆ちゃん
43 集団感染
42 新年
41 ピアノ2
40 ピアノ
39 スウェーデンの人
38 四角形2
37 四角形1
36 いなくなる人
35 冬の始まり
34 17歳のカルテ
33 夜勤
32 ヘルパーまでの道のり(4)
31 ヘルパーまでの道のり(3)
30 老人ホーム
29 経管胃ろう(4)
28 経管胃ろう(3)
27 経管胃ろう(2)
26 納涼祭
25 経管胃ろう
24 死〜憂鬱と決意〜
23 踊る大捜査線
22 流れる麺
21 七夕
20 ヘルパーまでの道のり(2)
19 脳梗塞
18 スタッフを困らせるYさん(5)
17 スタッフを困らせるYさん(4)
16 お茶
15 ヘルパーまでの道のり
14 iさん
13 新しい人
12 疥癬(4)
11 疥癬(3)
10 疥癬(2)
9 疥癬
8 幻覚その2
7 幻覚その1
6 スタッフを困らせるYさん(3)
5 忘れる人
4 誤薬
3 Kさんの暴力
2 スタッフを困らせるYさん(2)
1 スタッフを困らせるYさん

バックナンバー

50号〜最新号
老人ホームの裏事情PART1

総訪問者数

最終更新日:2009.01.23

創刊2003.02.12

  デジタルたまごやトップ
 
第23回

踊る大捜査線

こんにちわ。永礼盟です。ご購読ありがとうございます。

梅雨が明けませんね。夏が好きな私にとっては、悲しい限りです。昨年の今頃は、異動を命じられ、新しいホームで勉強という名の下に業務をこなしていたことを思い出します。

何処のホームも、小さな問題が山積みになって居るんだと気づかされます。多少の差はあるにせよ、問題はあります。なぜ自分の居たホームだけが落ち着きのない悪いホームと言われたのか解りませんでした。悪いホームイコール職員の質。組織はそう考えて、私と他数人を他のホームへ異動させました。

今年の7月、その数ヶ月の研修のことを思い出します。組織の中の歯車。ヘルパーを目指し、スクーリングに通う頃は毎日が新鮮で、介護と言う仕事にやり甲斐を持てると信じていました。

介護、福祉、そんな世界に飛び込んだ物の、自分は組織の中の一部、もしくは駒。そんなことを思い知らされます。介護歴1年と少しの自分は、その職業に希望を持っていたことと、去年の辛い研修を、全く対照的な7月の空を見上げながら思うのでした。

最近、映画を見ました。永礼盟は、もしかすると映画鑑賞が趣味かも知れません。良く映画館に足を運びます。見た映画は、『踊る大捜査線』テレビドラマを映画化した続編でした。このドラマは、リアルタイムの頃から好きだった物でした。何処かのんびりと、お間抜けなペースに、1刑事が、事件を解決しながら、警察組織の本音と立て前に立ち向かう光景に依存したものでした。

自分は組織の末端に属します。しかし、その末端が自分は大好きである。いつも自分は、現場に居たと思う。そして今でも現場に属する。今回、この映画にも、『現場』と言う単語が登場する。

現場とは、問題が起こっているど真ん中だと自分は思っています。映画で、主人公の刑事に女性管理官が言うセリフがあります。「事件は現場で起きているのではないの。事件は、会議室で起きているの。」そう吐き捨てます。冷静に、クールに、少しの動揺もないその姿にIQの高さを感じます。このセリフの中に、沢山の想いが生まれます。ストレートな反発心はさすがに持たなかったですが、自分の組織の中にもにたような光景が、存在すると感じました。

踊る大捜査線に、自分の実生活を結びつけることが馬鹿げていますが、組織と言う歯車の中に生きている以上、現場の問題を解決することは、容易く無いと言うことです。

我がホームも、沢山の問題を抱えています。ご家族の不満も大きい事が予想されます。それでも一つ一つ、出来ることからコツコツとやって来ました。しかし、次から次へと問題が起こるのです。我々は、お客様からお金を頂き、介護と言う専門の分野でサービスさせていただきます。我が社が介護と言うサービスを提供する会社なのに、なぜ映画のような組織の醜さが生まれるのでしょうか?そこには、本音と立て前が存在するからです。

会社は、職員を組織の中での中枢であると研修します。入居者と直接接するのは、介護職員だからです。しかし、実際の所はただの駒です。あっちに人員が減ったから、こっちから持っていけばいい。そんな話し合いがされています。何処の会社組織にもある光景だと思います。違うのは、自分が『介護』と言う世界を、勝手に美化していたという事です。

理屈よりも、現場でもまれている姿が、自分の理想であり、それが出来たなら、それを貫く事がポリシーでした。大きい、小さいに変わりなく、福祉、介護を職業とされている方には、熱い気持ちがあると思います。自分にもその気持ちがありました。介護のスペシャリストになる。どんな形かは解りませんが、介護で何か役にたてる人間になりたかったのです。

こうして、民間の企業に属すると、結局自分はサラリーマンなんだと痛感します。命令は、上から下へ。そして我々は、時に貶され、時に褒められ、会社の駒として動かされていくのです。

そんな本音と立て前の中、自分は自分の思いを貫けたらと思っています。我がホーム、何かが変わってきています。映画の中で、そしてこのドラマの本質として、現場と司令塔の間の溝を埋める願いが込められています。ノンキャリアである現場の刑事と、キャリアである管理官の友情が組織を変えていく様。ここが映画なのですが、世の中の汚れを、ある程度見てきた若き施設長が、我がホームを少しずつ変えてくれています。本音と立て前を理解している人が、現場にいる。口にはしませんが、私はとても力強いと感じています。現場と会社を結びつける唯一の架け橋であると私は、思っています。

決して自分を、青島刑事に重ねていると言うことではありません。映画を見て、まるで映画を見ているように、我がホームを客観的に見てみたという話です。

頂くメールの中に、介護の風上にもおけない奴だと言う物もありました。しかし、自分は毎日、毎日、入居者と本気で向き合っているのです。どんなに魂を削られても、その訴えを受容できるよう心がけています。それが、組織の中で認められなくても、保身的で汚い自分が、自分でいても良いような掟みたいな物です。この思いを貫けたらと思います。

映画を見て、少しずつ変わっていく我がホームを思いだしたのでした。

2003.08.05


永礼盟

スポンサード リンク

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。


 

Web tamagoya.ne.jp
 
オススメサイト

週刊マナー美人

バストアップナビゲーター

女性のためのクルマ読本

知って得する労働法

常識ぽてち

ファミレス様、覚悟せよ!

お店で買うにはちと恥ずかしい

四柱推命による人生相談

小口輸入支援「販路ドットビズ」


ライター募集

お問合せ