経管胃ろう

老人ホームの裏事情PART2

老人ホームのイメージとは?和気藹々な老人たち。暗い病院のような所。夜な夜な徘徊するイメージ。じつは老人ホームにはこんな実体があるんです。有料老人ホームで働く筆者が語る老人ホームのさまざまな裏事情。

超高齢化社会コラム
老人ホームの裏事情Part5
〜学校では教えない本当の社会福祉〜new3.gif (112 バイト)
by エル・ドマドール
老人ホームの裏事情Part4
by 稲垣尚美
老人ホームの裏事情Part3
by 辻本ゆめの
いきいき介護ライフ
by 渡部紗也
老人ホームの裏事情Part2
by 永礼盟
老人ホームの裏事情
by 稲垣尚美
 
永礼盟のコラム
永礼盟自己紹介

50号〜最新号
49 リーダー
48 帰ってくる人
47 スターバックス
46 新たな問題
45 新しい風
44 婆ちゃん
43 集団感染
42 新年
41 ピアノ2
40 ピアノ
39 スウェーデンの人
38 四角形2
37 四角形1
36 いなくなる人
35 冬の始まり
34 17歳のカルテ
33 夜勤
32 ヘルパーまでの道のり(4)
31 ヘルパーまでの道のり(3)
30 老人ホーム
29 経管胃ろう(4)
28 経管胃ろう(3)
27 経管胃ろう(2)
26 納涼祭
25 経管胃ろう
24 死〜憂鬱と決意〜
23 踊る大捜査線
22 流れる麺
21 七夕
20 ヘルパーまでの道のり(2)
19 脳梗塞
18 スタッフを困らせるYさん(5)
17 スタッフを困らせるYさん(4)
16 お茶
15 ヘルパーまでの道のり
14 iさん
13 新しい人
12 疥癬(4)
11 疥癬(3)
10 疥癬(2)
9 疥癬
8 幻覚その2
7 幻覚その1
6 スタッフを困らせるYさん(3)
5 忘れる人
4 誤薬
3 Kさんの暴力
2 スタッフを困らせるYさん(2)
1 スタッフを困らせるYさん

バックナンバー

50号〜最新号
老人ホームの裏事情PART1

総訪問者数

最終更新日:2009.01.23

創刊2003.02.12

  デジタルたまごやトップ
 
第25回

経管胃ろう

こんにちわ。永礼盟です。ご購読ありがとうございます。

重度の方が退院されてきました。医療が必要な方だったので、病院での治療を受けていたのですが、殆ど医療処置を行わなくていい所まで回復したことと、病院では行えない『人間らしい』生活をさせてあげたいという病院側と、ご家族の願いから今回の退院が決まりました。

ホームに帰ってくるにあたり、問題がありました。お食事を口からとる事が出来なくなってしまったため、経管胃ろうでのお食事だったのです。職員対応で胃ろうを行う事と、ホームで行える医療行為の限界をご家族と確認し、今回の退院となったようですが、我がホームに経管胃ろうの経験を持つ職員が誰もいなかったのです。

以前、私は経験があるからと言うことで胃ろうの御入居様の担当になり、中心となって行けと命令を受けたことがありました。今現在と、その当時では、全くと言っていいほどホームの態勢は違いますが、施設長から経験があるかどうか問われたときに、経験がないと自分を偽りました。

看護士から、経管胃ろうについて研修がありました。胃ろうとは、どう言うことなのか?どういう処置が行われていくのか?その方にとって、どんなケアが必要なのか?胃ろうについて語られました。自分の中では、胃ろうの処置自体ではなく、その方の心の問題がある気がしてなりません。看護士からの説明で、未経験の職員にそこまで深く語れないもどかしさの様な物を感じました。

我がホームで3人目の経管胃ろうの入居者様です。常に野辺様の事を思い出されてなりませんでした。二度とあのような無念な結果を生み出さないようにしていきたいと、気持ちを心の中に隠しました。

「杉山さん!杉山さん!こんにちわ!調子は、いかがですか?」入院する前の杉山さんとは別人でした。視点は定まって居らず、こちらの声かけに対する反応は全くありませんでした。それでも、オムツ交換、体位交換、お食事の際に伺ったときには、声かけを行い、その日の天気などをお話しさせていただきました。

自分が経管栄養を滴下するシフトがやってきました。その栄養剤の匂いで、野辺様を思い出しました。「おう!おう!」経管の準備をしていると、「これから何が始まるんだ?」そんな問いを自分にぶつけてきたことを想いだし、声かけに反応のない杉山さんを見て、不思議な気持ちになりました。一番恐かったのは、溶解した薬を注入するときでした。野辺様がいつも私に、薬を注入するときに管をはずせと訴えられたことを鮮明に思い出したからでした。しかし杉山さんは天井を見たまま何も訴えられません。薬を注入し終え、白湯を滴下しながら野辺様の居室に向かって一礼しました。杉山さんには、「杉山さん!お食事終わりましたよ!まだ少し、ベットはこのままにしますね!」そう声かけし、部屋を後にしました。

口から物が食べられない。その人の気持ちを察する。二度と同じ過ちを犯さないと、自分に誓いましたが、実際こうして胃ろうを行ってみると、どうケアしたら良いのか迷いました。勿論事故がないことが大前提ですが、胃ろうと言う行為、作業が、その方にどう影響するかそこをもっと考えたかったのに、どうしたらそれが具現化するか解りませんでした。

他の職員が、口腔ケアの時に目があったよ。そう教えてくれました。杉山さんが、段々声かけする方を見てくれるようになったことが、とても嬉しく感じました。一つ、一つ、進んでいきたい。そう思う自分が居るのでした。

2003.08.22


永礼盟

スポンサード リンク

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。


 

Web tamagoya.ne.jp
 
オススメサイト

週刊マナー美人

バストアップナビゲーター

女性のためのクルマ読本

知って得する労働法

常識ぽてち

ファミレス様、覚悟せよ!

お店で買うにはちと恥ずかしい

四柱推命による人生相談

小口輸入支援「販路ドットビズ」


ライター募集

お問合せ