経管胃ろう(4)〜職員数と現実〜

老人ホームの裏事情PART2

老人ホームのイメージとは?和気藹々な老人たち。暗い病院のような所。夜な夜な徘徊するイメージ。じつは老人ホームにはこんな実体があるんです。有料老人ホームで働く筆者が語る老人ホームのさまざまな裏事情。

超高齢化社会コラム
老人ホームの裏事情Part5
〜学校では教えない本当の社会福祉〜new3.gif (112 バイト)
by エル・ドマドール
老人ホームの裏事情Part4
by 稲垣尚美
老人ホームの裏事情Part3
by 辻本ゆめの
いきいき介護ライフ
by 渡部紗也
老人ホームの裏事情Part2
by 永礼盟
老人ホームの裏事情
by 稲垣尚美
 
永礼盟のコラム
永礼盟自己紹介

50号〜最新号
49 リーダー
48 帰ってくる人
47 スターバックス
46 新たな問題
45 新しい風
44 婆ちゃん
43 集団感染
42 新年
41 ピアノ2
40 ピアノ
39 スウェーデンの人
38 四角形2
37 四角形1
36 いなくなる人
35 冬の始まり
34 17歳のカルテ
33 夜勤
32 ヘルパーまでの道のり(4)
31 ヘルパーまでの道のり(3)
30 老人ホーム
29 経管胃ろう(4)
28 経管胃ろう(3)
27 経管胃ろう(2)
26 納涼祭
25 経管胃ろう
24 死〜憂鬱と決意〜
23 踊る大捜査線
22 流れる麺
21 七夕
20 ヘルパーまでの道のり(2)
19 脳梗塞
18 スタッフを困らせるYさん(5)
17 スタッフを困らせるYさん(4)
16 お茶
15 ヘルパーまでの道のり
14 iさん
13 新しい人
12 疥癬(4)
11 疥癬(3)
10 疥癬(2)
9 疥癬
8 幻覚その2
7 幻覚その1
6 スタッフを困らせるYさん(3)
5 忘れる人
4 誤薬
3 Kさんの暴力
2 スタッフを困らせるYさん(2)
1 スタッフを困らせるYさん

バックナンバー

50号〜最新号
老人ホームの裏事情PART1

総訪問者数

最終更新日:2009.01.23

創刊2003.02.12

  デジタルたまごやトップ
 
第29回

経管胃ろう(4)〜職員数と現実〜

こんにちわ、永礼盟です。いつも購読していただき、有り難うございます。

杉山さんの状態が良くなって行っていると、職員同士で話し合っていた時だったので、疥癬発覚はとても残念でした。カンファレンスでは、暗い面もちの我々がありました。

杉山さんだけでなく、他の入居者からも疥癬が見つかりました。対応方法が、話し合われます。毎日のシーツ交換、居室掃除等、通常の疥癬対応に、心のケアと経管胃ろうの両立を達成する事を言い渡されます。

1対1のケアを行う事を告げられます。1日、杉山さんだけのケアをすると言う業務分担を作ったのです。経管胃ろうは勿論、清拭、シーツ交換、軟膏塗布、様子観察、全てがその日、杉山さん対応になった職員が行うと言う物です。

1人の職員が、1人の入居者だけのケアをすると言うことに慣れてない職員は、どうしても杉山さんのケアの合間に、他の業務に加担しようとしました。そうしないと業務が回らないからです。ここで、現場と会社の意向が分かれる事になります。会社は、命令したのだから実行しろと、現場は、これでは他の業務が回らないと。会社からの指示は絶対だと思います。しかし、業務が回らない事が目に見えて解るのに、杉山さん対応の合間に何も出来ないことが、職員同士の間でもどかしかったのだと思われます。

実際に、この業務をしてみると、初めて充実したケアを体験できました。じっくりと状態を観察し、事細かく記録する事が出来る。経管胃ろうに始まり、経管胃ろうで終わる、この業務が自分でとても魅力的に感じるようになりました。

疥癬の状態は、本当に酷かった。体中が真っ白に剥けて、その皮膚からは物凄い数のヒゼンダニが居ると思われました。週に三回のγーBHCの塗布を行います。経管胃ろうが終わると、軟膏塗布。しばらく様子観察をし、清拭してシーツ交換。今度はオイラックス軟膏の塗布。その度に居室の掃除。1日同じ方に接することが出来るので、心に余裕が生まれます。その余裕は、優しい気持ちになれ、自分はとても満足なケアが出来たと思っています。

自分が、杉山さんの居室で1人を見ている間、他の職員は業務に追われ、朝から晩まで走り回っているのです。通常、日勤帯での人数は3〜4名で回しています。多い日で、7:00〜20:00の間に最高5名の職員。その中に施設長と施設長補佐、ナースも含まれるので、実際にケアを行う職員は2〜3名です。その職員数で20人を見ています。そこから1人が、他の業務に加担しないとなると、通常業務の職員はいつも以上に走り回らなくてはいけないのです。まるで、嵐の様は激しいのに、その中心は穏やかな、台風の目のように。

勿論自分も、杉山さん対応でない日は、一日中走り回ります。会社は、1対3のケアに拘ります。現場はこれだけ走り回り、いっぱい、いっぱいなのに、職員数は、1.5人多いぐらいだと言われます。「アホか?」と思います。職員の入れ替わりが多い理由はここにあります。私立の老人ホームで、なぜ特別養護老人施設の最低限の職員数に拘るのかが、私にはさっぱり理解できません。私立であるから、公立のホームよりもお金を沢山もらい、サービス業として接することを義務づけているのに、公立と同じ体勢をとろうとすることに、介護職に就いてからずっと思っていた疑問でした。お金をもらい、その変わりサービスを提供する。この人数で、その謳い文句を実行しようとすると、我々末端の人間が影響を受けるのです。機械的に業務をしない。入居者を人間扱いする。そう研修されますが、その前に我々職員を、人間として扱ってくれ!と、いつも心の中に本心を隠していました。

愚痴はさておき、私は杉山さんのケアがとても好きでした。毎日の積み重ねが、見る見る状態を回復させたのです。あれだけボロボロだった皮膚が、綺麗になってきました。褥そうの状態も良好で、どんどん回復に向かっているようでした。声かけに、必ず反応がある事がとても嬉しかった。

ある日、声かけに反応しない杉山さんの姿がありました。「杉山さん!調子はいかがですか?」やはり、反応がありません。

杉山さんは、ご自分の命を全うされ、ご家族の元へ帰られました。まるで嘘みたいに、まるで眠るように。最後の良い状態だからと言う、病院の話通り、ホーム戻られてから一ヶ月もしないうちでした。しかし、自分は初めて介護職に就いて良かったと思うケアが出来ました。その人と向き合い、初めて『ケア』を実感しました。

正直、職員同士で、経管とノルウェー疥癬と言う状態を、負荷に思っていました。しかし、介護歴の中で一番充実した期間を過ごさせていただきました。この人数体勢で、重度の方のケアが出来た事に沢山の思いがあります。全ての人に感謝したい気持ちでいっぱいです。

杉山さんのご冥福をお祈りし、自分に『ケア』の大切さを思い出させてくれた全てに感謝いたします。

2003.09.21


永礼盟

スポンサード リンク

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。


 

Web tamagoya.ne.jp
 
オススメサイト

週刊マナー美人

バストアップナビゲーター

女性のためのクルマ読本

知って得する労働法

常識ぽてち

ファミレス様、覚悟せよ!

お店で買うにはちと恥ずかしい

四柱推命による人生相談

小口輸入支援「販路ドットビズ」


ライター募集

お問合せ