老人ホーム

老人ホームの裏事情PART2

老人ホームのイメージとは?和気藹々な老人たち。暗い病院のような所。夜な夜な徘徊するイメージ。じつは老人ホームにはこんな実体があるんです。有料老人ホームで働く筆者が語る老人ホームのさまざまな裏事情。

超高齢化社会コラム
老人ホームの裏事情Part5
〜学校では教えない本当の社会福祉〜new3.gif (112 バイト)
by エル・ドマドール
老人ホームの裏事情Part4
by 稲垣尚美
老人ホームの裏事情Part3
by 辻本ゆめの
いきいき介護ライフ
by 渡部紗也
老人ホームの裏事情Part2
by 永礼盟
老人ホームの裏事情
by 稲垣尚美
 
永礼盟のコラム
永礼盟自己紹介

50号〜最新号
49 リーダー
48 帰ってくる人
47 スターバックス
46 新たな問題
45 新しい風
44 婆ちゃん
43 集団感染
42 新年
41 ピアノ2
40 ピアノ
39 スウェーデンの人
38 四角形2
37 四角形1
36 いなくなる人
35 冬の始まり
34 17歳のカルテ
33 夜勤
32 ヘルパーまでの道のり(4)
31 ヘルパーまでの道のり(3)
30 老人ホーム
29 経管胃ろう(4)
28 経管胃ろう(3)
27 経管胃ろう(2)
26 納涼祭
25 経管胃ろう
24 死〜憂鬱と決意〜
23 踊る大捜査線
22 流れる麺
21 七夕
20 ヘルパーまでの道のり(2)
19 脳梗塞
18 スタッフを困らせるYさん(5)
17 スタッフを困らせるYさん(4)
16 お茶
15 ヘルパーまでの道のり
14 iさん
13 新しい人
12 疥癬(4)
11 疥癬(3)
10 疥癬(2)
9 疥癬
8 幻覚その2
7 幻覚その1
6 スタッフを困らせるYさん(3)
5 忘れる人
4 誤薬
3 Kさんの暴力
2 スタッフを困らせるYさん(2)
1 スタッフを困らせるYさん

バックナンバー

50号〜最新号
老人ホームの裏事情PART1

総訪問者数

最終更新日:2009.01.23

創刊2003.02.12

  デジタルたまごやトップ
 
第30回

老人ホーム

こんにちわ。永礼盟です。ご購読ありがとうございます。

こないだ、テレビで老人ホームの特集をしているのを見かけました。なんだかホテルのようで、紹介されている数件のホームを見ると、とても夢のような感じでした。今、こんなスタイルのホームが増えているんでしょうね。

その綺麗な、豪華な物件と、介護用に作られたシステム。出演していたキャスターや俳優も、家事を一切やらなくて良いし、自分が入居したい等とコメントしていました。「宝くじが当たったら、何に使いますか?」と言う質問に、「老人ホームに入居して、気楽に老後を過ごしたい。」そんなコメントも聞いたことがあります。

老人ホームで働いている私が言うのもなんですが、本当に入居したいと思いますか?実際に、ホームでの生活を楽しんでいる方もいらっしゃいます。しかし、私が見てきた殆どの人が、帰宅願望を抱いています。その裏には、ご病気が影響している事もあるのだと思いますが、老人ホームの中で、自分の存在理由を確認する方が沢山いらっしゃいます。街頭インタビューで、「こんなに素敵なら、直ぐにでも入居したい。夫に相談してみようかしら?」そんな声を聞きました。確かに、ご病気もなく、旦那様と入居するなら、こんな天国はないでしょう。若い男女の職員が、ホテルマンのようなサービス。介護的なお世話。全てを賄ってくれるのです。我がホームも、どこかの街を行き来しているような若者達が働いています。

だから良いサービスが出来ると言うわけではなく、若さはパワーに繋がります。そのパワーは、入居者様に元気を与え、時に癒しを与えています。それは、きっと人間の残酷な節理な気がします。年老いて行くと言う事は、間違えなくやって来ます。出来たことが出来なくなるとき、急に自覚し始めます。私にも言える事であると思うのですが、前はこんな事をしても疲れなかったのに...例えは悪いかも知れませんが、同じ事だと思います。そんな時、自分を励ましてくれるのは、若さです。若くはなれないけれども、そのパワーは貰えるのです。

豪華なお部屋に、若いパワー。今ある、家事や雑用から逃れられると言う、「夢」のようなまやかし。じゃあ、なぜホテルのようではないの?それは、その空間がプライベートでないと言うことです。ホテルなら、その空間はそれぞれの物だと思います。しかし、老人ホームは違います。なぜなら、それぞれがそれぞれの理由を持って入居されています。ご主人様と、老後を過ごしたいと言う人達だけではないと言うことです。

ご病気をお持ちの方に、常識は通用しません。夜中に部屋をノックされ続け、睡眠が出来ないと言うこともあります。隣の人の大声で、ノイローゼになることもあります。時には、暴力を振るわれることだってあるのです。「じゃあ、お前ら職員が何とかしろよ!」そう言われるかも知れません。しかし、その方々も我々にはお客様なのです。ご病気で、何かしら不可解な行動をとられたとしても、夢を描いて入居されたご夫婦と動揺に接しなければならない。

ご自分の意志で入居されている方だけではないと言うことも理由の一つでしょう。家で見られないと言うのが、殆どの入居理由だと思います。ご家族同士ですら、なぜホームになんか入れたんだと言い争われる時があります。しかし、その入居者の状態を見れば、なぜ入居させたか解りますよね。直接関わらなければ、綺麗事で済まされます。しかし、徘徊癖のある方と一緒に暮らしていたら、介護者が参ってしまいます。我が家で暮らすのが理想だと思いますが、それが出来ないのも事実だと思います。

職員は、間違えなく皆親切です。これは、経験上間違えないことです。やはり、福祉を目指そうと思った瞬間に、志が自然とそうさせるのだと思います。同時に、どのホーム行っても言われる事は、申し訳なくて声をかけられない。と言う言葉です。一日中走り回っている。そのドタバタは、御入居にも嫌と言うほど伝わります。老人ホームに入居して先ず思うことは、職員数の少なさだと思います。

どのサービス業でも、お客様にそう思わせてしまっては失格だと思います。入居者数に、3対1の体勢しかとらない。本当にこの決まりが恨めしい。3対1って、その日に全入居者に対しての割合ではありません。トータル3対1と言うことです。入居者数が、20人なら、公休の職員、ナース、施設長、夜勤者、全てを含んでの割合です。昼間の時間に3人しかいない事はざらにあります。それでも、会社は1.5人多い人員体勢と言います。

テレビで夢のように描かれていた老人ホームですが、その理想を達成するには、まだまだ時間がかかるのかも知れません。

2003.09.28


永礼盟

スポンサード リンク

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。


 

Web tamagoya.ne.jp
 
オススメサイト

週刊マナー美人

バストアップナビゲーター

女性のためのクルマ読本

知って得する労働法

常識ぽてち

ファミレス様、覚悟せよ!

お店で買うにはちと恥ずかしい

四柱推命による人生相談

小口輸入支援「販路ドットビズ」


ライター募集

お問合せ