ヘルパーまでの道のり(4)

老人ホームの裏事情PART2

老人ホームのイメージとは?和気藹々な老人たち。暗い病院のような所。夜な夜な徘徊するイメージ。じつは老人ホームにはこんな実体があるんです。有料老人ホームで働く筆者が語る老人ホームのさまざまな裏事情。

超高齢化社会コラム
老人ホームの裏事情Part5
〜学校では教えない本当の社会福祉〜new3.gif (112 バイト)
by エル・ドマドール
老人ホームの裏事情Part4
by 稲垣尚美
老人ホームの裏事情Part3
by 辻本ゆめの
いきいき介護ライフ
by 渡部紗也
老人ホームの裏事情Part2
by 永礼盟
老人ホームの裏事情
by 稲垣尚美
 
永礼盟のコラム
永礼盟自己紹介

50号〜最新号
49 リーダー
48 帰ってくる人
47 スターバックス
46 新たな問題
45 新しい風
44 婆ちゃん
43 集団感染
42 新年
41 ピアノ2
40 ピアノ
39 スウェーデンの人
38 四角形2
37 四角形1
36 いなくなる人
35 冬の始まり
34 17歳のカルテ
33 夜勤
32 ヘルパーまでの道のり(4)
31 ヘルパーまでの道のり(3)
30 老人ホーム
29 経管胃ろう(4)
28 経管胃ろう(3)
27 経管胃ろう(2)
26 納涼祭
25 経管胃ろう
24 死〜憂鬱と決意〜
23 踊る大捜査線
22 流れる麺
21 七夕
20 ヘルパーまでの道のり(2)
19 脳梗塞
18 スタッフを困らせるYさん(5)
17 スタッフを困らせるYさん(4)
16 お茶
15 ヘルパーまでの道のり
14 iさん
13 新しい人
12 疥癬(4)
11 疥癬(3)
10 疥癬(2)
9 疥癬
8 幻覚その2
7 幻覚その1
6 スタッフを困らせるYさん(3)
5 忘れる人
4 誤薬
3 Kさんの暴力
2 スタッフを困らせるYさん(2)
1 スタッフを困らせるYさん

バックナンバー

50号〜最新号
老人ホームの裏事情PART1

総訪問者数

最終更新日:2009.01.23

創刊2003.02.12

  デジタルたまごやトップ
 
第32回

ヘルパーまでの道のり(4)

こんにちわ、永礼盟です。ご購読有り難うございます。

今回も、ヘルパー講習生だったときの日記を抜粋した、ヘルパーまでの道のりをお届けしたいと思います。宜しくお付き合い下さい。

今日も、実技スクーリングだった。しかし、今日は疲れからか、集中力がなかったかもしれない。午前中は、着せ替えの介護を学び、午後は、部分浴の介護、食事、口腔の介助を習った。

今日の出来は、全然駄目。先生にも、駄目だと言われたが、心がけたのは、駄目な日に落ち込まないことだった。疲れのせいで、体が言うことをきかない。頭も働かない。こう言うときに、吸収できる物は少ないかも知れない。駄目なときは、気にしないことにした。上手くいかなくても、前向きな姿勢がある。その姿勢は、先生にも伝わっているようなので、納得できた。

まず、駄目なところは、先生のデモンストレーションの後に、自分でやろうとすると、全く覚えてないことだ。頭で解ろうとしてるのかも知れない。しかし、体は正直だ。脳から、指示がいかないから、動かない。手順、バスタオルの向き、人の向き、出来上がりの具合の良さ。どれをとっても誉められることは出来てなかった。しかし、唯一学ぼうという姿勢は貫いた。今度は、しっかりとクリアな頭で学びたい。

次の勉強は、食事介助と口腔介助。この口腔介助と言うのは、前からイヤだったが、やっぱり一番今までで恥ずかしかった。何が恥ずかしいって、お尻の穴を見られるぐらい恥ずかしい。(意味不明)そんな介助を、交代で行った。

寝たきりの人に、口腔介助を行う設定でやった。これなら、お尻の穴を見られた方がましって言うくらいの顔。唾液ダラダラ、水は噴き出してしまう、最悪。毎回、毎回、介護のテーマに沿って実習と説明を受ける。説明の授業のあとに、実習となる。これを、クラス8人でタッグになって行うのだ。

もう今日が、六回目のスクーリングなので、あと二回で終わる。その後は、実技ではなく、実習だ。今度は、本当に要介護者の方と接するのである。車の運転で言うなら(車に例えるなや〜!)路上に出ると言ったところだろうか?

この実習を、三日間受けると晴れてヘルパー二級である。念願のヘルパーだ。自分は、この夏に、これからの道のりに怯え、焦り、戸惑った。介護の道に進む決意は、いつも心の何処かにあったが、どうしたら、この道が拓けていけるのか何も解らなかった。色んな人が、情報を与えてくれ、何とか、資格取得の方法を知ることが出来た。そして、今日スクーリングの仲間と一緒に写真を撮ったとき、「ああ、やっとここまで来たんだな〜」そう思ったのだ。

決して長くは無かったが、自分が自分の意志で選択し、自分で行動できた事に、成長を感じる。それなりの、結果もついてきているし、とても充実している。これで、介護の道が拓けてきたのだった。あとは、腐らず、おごらず、コツコツと頑張っていければ幸せだ。この道を見いだせた事に、感謝したい。沢山の人のアドバイスがあり、素直に応じることが出来たことに、不思議な力を感じる。

三十路に足を入れたとたんに、転機が訪れ、苦戦するも、どうにか足場を固める事が出来ている。この転機が、10年後でなかったことにホッとしている。今だからこそ出来た事だ。これからは、手に職。介護という技術を身につけ、必要とされる場所へ駆けつけたい。ヘルパー→介護士→ケアマネージャーそんなステップアップを目指し、どんどん上を狙っていきたい。介護に力を入れてない土地から、介護のスペシャリストが生まれてもいいでしょ?そんな、目標を持って頑張りたい。

今、感謝の気持ちでいっぱいです。今まで、協力してくれた方々、ありがとうございます。そして、スクーリングにみなさん、もう少しで取得ですね、頑張って乗り切りましょう。それぞれ、夢は違えど、ヘルパーと言う一本の旗を目指した同士です。最後まで、頑張っていこうではないか!!

2003.10.14


永礼盟

スポンサード リンク

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。


 

Web tamagoya.ne.jp
 
オススメサイト

週刊マナー美人

バストアップナビゲーター

女性のためのクルマ読本

知って得する労働法

常識ぽてち

ファミレス様、覚悟せよ!

お店で買うにはちと恥ずかしい

四柱推命による人生相談

小口輸入支援「販路ドットビズ」


ライター募集

お問合せ