四角形1

老人ホームの裏事情PART2

老人ホームのイメージとは?和気藹々な老人たち。暗い病院のような所。夜な夜な徘徊するイメージ。じつは老人ホームにはこんな実体があるんです。有料老人ホームで働く筆者が語る老人ホームのさまざまな裏事情。

超高齢化社会コラム
老人ホームの裏事情Part5
〜学校では教えない本当の社会福祉〜new3.gif (112 バイト)
by エル・ドマドール
老人ホームの裏事情Part4
by 稲垣尚美
老人ホームの裏事情Part3
by 辻本ゆめの
いきいき介護ライフ
by 渡部紗也
老人ホームの裏事情Part2
by 永礼盟
老人ホームの裏事情
by 稲垣尚美
 
永礼盟のコラム
永礼盟自己紹介

50号〜最新号
49 リーダー
48 帰ってくる人
47 スターバックス
46 新たな問題
45 新しい風
44 婆ちゃん
43 集団感染
42 新年
41 ピアノ2
40 ピアノ
39 スウェーデンの人
38 四角形2
37 四角形1
36 いなくなる人
35 冬の始まり
34 17歳のカルテ
33 夜勤
32 ヘルパーまでの道のり(4)
31 ヘルパーまでの道のり(3)
30 老人ホーム
29 経管胃ろう(4)
28 経管胃ろう(3)
27 経管胃ろう(2)
26 納涼祭
25 経管胃ろう
24 死〜憂鬱と決意〜
23 踊る大捜査線
22 流れる麺
21 七夕
20 ヘルパーまでの道のり(2)
19 脳梗塞
18 スタッフを困らせるYさん(5)
17 スタッフを困らせるYさん(4)
16 お茶
15 ヘルパーまでの道のり
14 iさん
13 新しい人
12 疥癬(4)
11 疥癬(3)
10 疥癬(2)
9 疥癬
8 幻覚その2
7 幻覚その1
6 スタッフを困らせるYさん(3)
5 忘れる人
4 誤薬
3 Kさんの暴力
2 スタッフを困らせるYさん(2)
1 スタッフを困らせるYさん

バックナンバー

50号〜最新号
老人ホームの裏事情PART1

総訪問者数

最終更新日:2009.01.23

創刊2003.02.12

  デジタルたまごやトップ
 
第37回

四角形1

こんにちわ、永礼盟です。ご購読ありがとうございます。体調くずされていませんか?寒くなり、富士山が綺麗に見られるようになりましたね。ああ、冬がやってきます。

施設長がいなくなって少し経ちました。今だに連絡はつかず、元気なのか、そうでないのか、こんな神隠しにあったような気持ちは初めてです。きっと、バレーボールを見ながらワンカップでもやっているだろうと、勝手に思い、自分を慰めています。

いなくなっても、ホームの生活がなくなるかと言ったら、なくなるはずもなく、以前にも増して問題が次々に起こっていきます。職員は次々に倒れ、その欠員のために、また誰かが入院していく。一体、何が正しく、何が間違っていると言うのか?

新しい施設長が来ました。とっても元気で、とっても熱い人です。硬派で、今時珍しいぐらいの昔気質な人。その人が来て、一つ一つ問題を解決していこうとしているのでした。彼は、こう言いました。「頑張っていこう!」と。私は、はっきりと「もう頑張れません。」そう答えた。

既に、何人の施設長が替わっただろうか?これで六人目の施設長だ。数年でこれだけ施設長が替わるホームも珍しいのではないだろうか?少し前なら、自分が何か悪影響を与えているのではないか?そう考えたかも知れない。しかし、一度職員のそう入れ替えを行っても全く変わらなかったホームだった。きっと、要因は他にあると思われた。職員は頑張っているのである。頑張っても、頑張っても、何もよくならず、辞めていくか、倒れていくかのどちらかだった。昔から我がホームを知っている職員も、自分を含めて2人となっていた。

いなくなった施設長も、胃潰瘍と十二指腸潰瘍だった。来たときは、あんなに元気だったのに、最後は、死相まで出ていた。飯も食わず、酒ばかり飲み、来る日も来る日もホームの問題と、家族の不満を自分に集めた。

施設長に問題がなかったわけじゃないが、完璧な人間はいない。彼は、十分に施設長の仕事をこなしていたように思う。目に見えたのは、施設長と、その下の人間の不仲だった。施設長補佐が、理屈ばかりで、仕事をしない人だった。全ての問題を施設長が処理しなければならなかった。その上、我々現場の問題があっても見て見ぬ振りをし、そのまま放置したのである。なおかつその施設長補佐が、無断欠勤の嵐で、ただでさえ大変なのに、明らかにズル休みな彼を、現場の人間が許す訳もなかった。

ただ、チームワークよく仕事をしたかったのだと思う。その姿勢に何も文句を言わず、自分にも駄目なときがあるのだから、だから今は施設長補佐をフォローしようと現場は頑張っていたのである。その気持ちに泥を塗ったのは、施設長補佐自らだった。その状態に甘え、イヤ、舐めた彼は、仕事もせず、無断欠勤をし、問題は全て施設長に押しつけた。一番年上なのに、その10も年下の人間に嫌なことは全て押しつけた。自分は、理屈だけをこねくり回していた。

不満は、職員同士の愚痴になり、悪口になった。補佐の悪口を言うと、スッキリする。そんな最悪な状態になった。もう不満は止まらなかった。それは一気に爆発し、今までのストレスが全てそこに集まった。誰が見ても不味い人だった。その結末が、施設長の逃亡だった。

日勤、夜勤、看護士、厨房、の4点を結ぶと四角形が出来る。その形が崩れ始めた出来事だった。

つづく

2003.11.21


永礼盟

スポンサード リンク

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。


 

Web tamagoya.ne.jp
 
オススメサイト

週刊マナー美人

バストアップナビゲーター

女性のためのクルマ読本

知って得する労働法

常識ぽてち

ファミレス様、覚悟せよ!

お店で買うにはちと恥ずかしい

四柱推命による人生相談

小口輸入支援「販路ドットビズ」


ライター募集

お問合せ