集団感染

老人ホームの裏事情PART2

老人ホームのイメージとは?和気藹々な老人たち。暗い病院のような所。夜な夜な徘徊するイメージ。じつは老人ホームにはこんな実体があるんです。有料老人ホームで働く筆者が語る老人ホームのさまざまな裏事情。

超高齢化社会コラム
老人ホームの裏事情Part5
〜学校では教えない本当の社会福祉〜new3.gif (112 バイト)
by エル・ドマドール
老人ホームの裏事情Part4
by 稲垣尚美
老人ホームの裏事情Part3
by 辻本ゆめの
いきいき介護ライフ
by 渡部紗也
老人ホームの裏事情Part2
by 永礼盟
老人ホームの裏事情
by 稲垣尚美
 
永礼盟のコラム
永礼盟自己紹介

50号〜最新号
49 リーダー
48 帰ってくる人
47 スターバックス
46 新たな問題
45 新しい風
44 婆ちゃん
43 集団感染
42 新年
41 ピアノ2
40 ピアノ
39 スウェーデンの人
38 四角形2
37 四角形1
36 いなくなる人
35 冬の始まり
34 17歳のカルテ
33 夜勤
32 ヘルパーまでの道のり(4)
31 ヘルパーまでの道のり(3)
30 老人ホーム
29 経管胃ろう(4)
28 経管胃ろう(3)
27 経管胃ろう(2)
26 納涼祭
25 経管胃ろう
24 死〜憂鬱と決意〜
23 踊る大捜査線
22 流れる麺
21 七夕
20 ヘルパーまでの道のり(2)
19 脳梗塞
18 スタッフを困らせるYさん(5)
17 スタッフを困らせるYさん(4)
16 お茶
15 ヘルパーまでの道のり
14 iさん
13 新しい人
12 疥癬(4)
11 疥癬(3)
10 疥癬(2)
9 疥癬
8 幻覚その2
7 幻覚その1
6 スタッフを困らせるYさん(3)
5 忘れる人
4 誤薬
3 Kさんの暴力
2 スタッフを困らせるYさん(2)
1 スタッフを困らせるYさん

バックナンバー

50号〜最新号
老人ホームの裏事情PART1

総訪問者数

最終更新日:2009.01.23

創刊2003.02.12

  デジタルたまごやトップ
 
第43回

集団感染

こんにちわ、永礼盟です。ご購読ありがとうございます。

我がホーム、大変なことになりました。疥癬以来の大パニックです。ウイルスによる集団感染にやられたのです。

主な症状は、嘔吐と下痢です。テレビ等でも報じられていましたし、社内通達でも、小型球形ウイルスが流行しているので注意せよと促されていました。しかし、まさか我がホームにそのウイルスが蔓延するとは思ってもみなかったのです。小型球形ウイルス、SRSVが蔓延したのです。

それは唐突にやって来て、どんどん広がっていきました。公休明けの朝、救急対応でその日は始まったのです。

出社すると、入居者が1名入院したと言われ驚きました。何が起きているか解りませんでしたが、その慌ただしい、普通じゃない空気は、嫌と言うほど伝わってきました。

申し送りを受けると、すでに5名の入居者に嘔吐と下痢の症状が見られているようです。そのうちの1名が朝方入院となったのです。

始まりは、入居者が嘔吐したことでした。

月に一回の定期検診を受けた方が、病院で嘔吐したと、ホームに帰ってきてから訴えられたのです。すると、何時間も経たないうちに別の入居者から嘔吐や下痢をしたと訴えがあり、あっと言う間に広がっていきました。

我々職員の徹底事項は、マスクとディスポ手袋の着用義務。事ある度に、うがいと手洗いをする。入居者に関しては、疑わしい人の汚物は一つにまとめて完結する。共有部には誘導せず、別の部屋で食事をしてもらう等です。

疥癬対応をした経験もあり、リーダーからの指示を受け、対応に結びつける早さは敏速でした。しかし、次から次へと感染していくのです。すでに手遅れだったのかも知れません。

感染経路は、職員の手からによるものが大半だと思われます。嘔吐物を処理した際、オムツ交換をした際の汚物が、完全に洗い流されていなかったことが原因であったことが解ります。

職員が1人倒れました。直ぐにシフトの変更が行われます。そんなことをしているうちに、新たに職員が嘔吐の訴えをします。3人のスタッフが、わずか数時間の間に感染してしまったのです。

一人目の感染者が出てから、4日目が経ち、やっと入居者の様子が落ちついて来たように思えました。入居者をケアしていた介護職員の殆どが、このウイルスにやられていました。別室での食事介助をした者、オムツ交換した者、嘔吐物を処理した者、まるで魔法にかかるかのように、感染して行くのです。

勿論、指示が徹底されるまで手袋をはめなかったわけではないですし、手洗いやうがいは基本です。しかしこういう結果が出てしまうことに、悔しい思いでいっぱいです。入居者様が苦しまれているのを見ると、いたたまれませんでした。

会社から衛生方面と医療方面のバックアップがありました。専門のアドバイスと、雑用諸々を引き受けてくれたのです。入居者の状態が落ちついてきたので、このまま終結を向かえたいと思います。

今でも、入居者の苦しむ顔が目に浮かび、胸が苦しくなります。介護職員として、こんなに恥ずかしい事はないと思われ、このお粗末な結果をよく胸に刻みたいと思っています。

SRSV...恐ろしいウイルスです。

2004.01.13


永礼盟

スポンサード リンク

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。


 

Web tamagoya.ne.jp
 
オススメサイト

週刊マナー美人

バストアップナビゲーター

女性のためのクルマ読本

知って得する労働法

常識ぽてち

ファミレス様、覚悟せよ!

お店で買うにはちと恥ずかしい

四柱推命による人生相談

小口輸入支援「販路ドットビズ」


ライター募集

お問合せ