新しい風

老人ホームの裏事情PART2

老人ホームのイメージとは?和気藹々な老人たち。暗い病院のような所。夜な夜な徘徊するイメージ。じつは老人ホームにはこんな実体があるんです。有料老人ホームで働く筆者が語る老人ホームのさまざまな裏事情。

超高齢化社会コラム
老人ホームの裏事情Part5
〜学校では教えない本当の社会福祉〜new3.gif (112 バイト)
by エル・ドマドール
老人ホームの裏事情Part4
by 稲垣尚美
老人ホームの裏事情Part3
by 辻本ゆめの
いきいき介護ライフ
by 渡部紗也
老人ホームの裏事情Part2
by 永礼盟
老人ホームの裏事情
by 稲垣尚美
 
永礼盟のコラム
永礼盟自己紹介

50号〜最新号
49 リーダー
48 帰ってくる人
47 スターバックス
46 新たな問題
45 新しい風
44 婆ちゃん
43 集団感染
42 新年
41 ピアノ2
40 ピアノ
39 スウェーデンの人
38 四角形2
37 四角形1
36 いなくなる人
35 冬の始まり
34 17歳のカルテ
33 夜勤
32 ヘルパーまでの道のり(4)
31 ヘルパーまでの道のり(3)
30 老人ホーム
29 経管胃ろう(4)
28 経管胃ろう(3)
27 経管胃ろう(2)
26 納涼祭
25 経管胃ろう
24 死〜憂鬱と決意〜
23 踊る大捜査線
22 流れる麺
21 七夕
20 ヘルパーまでの道のり(2)
19 脳梗塞
18 スタッフを困らせるYさん(5)
17 スタッフを困らせるYさん(4)
16 お茶
15 ヘルパーまでの道のり
14 iさん
13 新しい人
12 疥癬(4)
11 疥癬(3)
10 疥癬(2)
9 疥癬
8 幻覚その2
7 幻覚その1
6 スタッフを困らせるYさん(3)
5 忘れる人
4 誤薬
3 Kさんの暴力
2 スタッフを困らせるYさん(2)
1 スタッフを困らせるYさん

バックナンバー

50号〜最新号
老人ホームの裏事情PART1

総訪問者数

最終更新日:2009.01.23

創刊2003.02.12

  デジタルたまごやトップ
 
第45回

新しい風

こんにちわ、永礼盟です。ご購読ありがとうございます。

約一年と言う月日をともに過ごした仲間が、もうすぐいなくなってしまいます。自分の夢に向かって新たな道を選択したことで、一人の職員が我がホームを去ることになったのです。ちょうど今、その引き継ぎが行われている時期で、我がホームに新しい職員が来てくれました。

男性職員ですが、物静かで入居者からとても好評です。毎日同じ人間ばかりみているので、飽き飽きしていると言う声を聞きました。我々職員もそうなのですが、新しい風が、とてもフレッシュな気持ちにさせてくれているようです。

何よりも、彼のケアに忘れていた初心を思い出します。足を止め、入居者と向かい合う姿勢。忘れていた大切な物に、ドキッとさせられました。良い刺激を受けながら、引き継ぎ業務が行われています。

足を止めて、入居者と向き合う。当たり前のようで、結構難しい事です。当然持たなくてはいけない姿勢だろ?と言われてしまうと思うのですが、日々の業務に追われると、どうしても入居者と接する事がむずかしくなってしまいます。どの方も、寂しいと言う気持ちをお持ちから、長話になってしまうため、業務の途中でそういう状態になると、どうしても焦りの気持ちが出てしまうのです。

そんな焦りの空気の中、足を止めて入居者に向き合う姿に、我々も安心して業務をこなせるのでした。理数系な風貌からは想像できないおっとりケア。癒し系がぴったりはまるキャラクターで、入居者だけではなく、職員も癒しを貰っています。

独特の間(ま)があるんです。質問してくる内容も、普通とは違ってとても興味深く感じています。もしかすると、他の環境では煙たがられてしまうかもしれないキャラクターですが、我がホームには大歓迎の人材でした。

私よりも、大分年上のこの男性、以前はコンピュータ会社に勤めていたそうです。入浴介助を一緒にしたときに、色々聞いてみたのですが、お子さんは二人いるそうで、ここの給料でやって行けます?って質問すると、一つ間を置いてから、「アッ、む、無理です。」「じゃあ、どうやって生活して行くのですか?」私もしつこく聞いてしまいました。「きっと何とかなると思っています。」結構この行き当たりばったりな発言、嫌いではありませんでした。商社マンからコンピューターの技術屋、そして老人介護。面白い職歴でした。

やはり、かなり高額の報酬だったようです。しかし、不景気から給料は安くなり、ボーナスはなくなり、一緒に働いていた社員はどんどんいなくなって行き、自分にかかる負荷ばかりが大きくなっていったそうです。ある日、後輩と一緒に退職願を叩き付けて、今の自分があると語ってくれました。

そんな話をしながら、入浴介助は行われていました。いつもは一人で行う入浴介助も、研修のためと、二人で行っていました。私は、なるべく業務を進めたい方なので,研修と言えどガンガン入浴を手伝ってもらいました。

面白かったのは,浴槽のお湯が熱いと訴えられて、水を埋めていた時の事です。入居者から「今度は寒いわ。」と言われ、シャワーをかけるのですが、なぜか浴槽を埋めている水を止めてしまうのです。思わず私も、「水を止めたら浴槽がぬるくならないんじゃないですか?」と突っ込みました。すると今度はシャワーを止めてから水を埋めています。きっと、一つの事で精一杯なのだろうと、おかしくなりながら、その光景を眺めていました。入居者から再度「寒い」と言う訴えに、今度は浴槽のお湯をかけてあげていました。でも,そのお湯、熱いから埋めていたんじゃないの?

そんな、素朴な感じの新しい風。会社から、本当にここのホームでよいのですね?と確認されて配属になったそうです。素朴な彼が,素朴なままでいてくれる事を願います。

慣れ親しんだ人が去るとき,新しい風が吹き始める我がホームでした。

2004.01.27


永礼盟

スポンサード リンク

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。


 

Web tamagoya.ne.jp
 
オススメサイト

週刊マナー美人

バストアップナビゲーター

女性のためのクルマ読本

知って得する労働法

常識ぽてち

ファミレス様、覚悟せよ!

お店で買うにはちと恥ずかしい

四柱推命による人生相談

小口輸入支援「販路ドットビズ」


ライター募集

お問合せ