特別養護老人ホームの実態(1)

老人ホームの裏事情Part3

老人ホームのイメージとは?和気藹々な老人たち。暗い病院のような所。夜な夜な徘徊するイメージ。じつは老人ホームにはこんな実態があるんです。老人ホームに渦巻く諸事情を辻本ゆめのがばっさり斬ります。

超高齢化社会コラム
老人ホームの裏事情Part5
〜学校では教えない本当の社会福祉〜new3.gif (112 バイト)
by エル・ドマドール
老人ホームの裏事情Part4
by 稲垣尚美
老人ホームの裏事情Part3
by 辻本ゆめの
いきいき介護ライフ
by 渡部紗也
老人ホームの裏事情Part2
by 永礼盟
老人ホームの裏事情
by 稲垣尚美
 
新着コラム
36 諦めと悟りをどう開くか?
35 デイサービスは宅老所か?
34 帰宅願望
33 自宅は何処?
32 セピア色の人間模様
31 特老(20)戦争とタブーその7
30 特老(19)戦争とタブーその6
29 特老(18)戦争とタブーその5
28 特老(17)戦争とタブーその4
27 特老(16)戦争とタブーその3
26 特老(15)戦争とタブーその2
25 特老(14)戦争とタブーその1
24 特老(13)色は生きることへの〜
23 特老(12)恋は最高の薬・その2
22 特老(11)恋は最高の薬・その1
21 特老(10)仕掛け人Sさんの軌跡
20 特老(9)ホテルコスト
19 特老(8)お化粧
18 特別養護老人ホームの実態(7)
17 特別養護老人ホームの実態(6)
16 特別養護老人ホームの実態(5)
15 特別養護老人ホームの実態(4)
14 個別事例ケースYさんの実母
13 特別養護老人ホームの実態(3)
12 特別養護老人ホームの実態(2)
11 特別養護老人ホームの実態(1)
10 有料老人ホーム実態編(6)
9 有料老人ホーム実態編(5)
8 有料老人ホーム実態編(4)
7 有料老人ホーム実態編(3)
6 有料老人ホーム実態編(2)
5 有料老人ホーム実態編(1)
4 有料老人ホーム歴史編(4)
3 有料老人ホーム歴史編(3)
2 有料老人ホーム歴史編(2)
1 有料老人ホーム歴史編(1)

辻本ゆめの自己紹介

総訪問者数:

最終更新日:2013.06.06

創刊:2005.07.20

  デジタルたまごやトップ
 
第11回

特別養護老人ホームの実態(1)

 前回まで、有料老人ホームの枠内を基本として世間話を提供してきたが、有料老人ホームは、どこでだれに介護を受けるという自己決定を迫るられた時の選択権の幅がある可能性の存在する施設ということになる。半ば、断腸の思いも含めて居を介護してもらえる空間にうつすという、本来的なイメージでいけば、特別養護老人ホーム(介護保険法でいう介護老人福祉施設)が従来のいわゆる老人ホームの一般の方がイメージに施設ということになろうか。

介護保険法的には介護老人保健施設、介護療養型医療施設とこの特別養護老人ホームの3つが「老人ホーム」という施設扱いになる。よって、入所者のADLもこの3施設はほぼ似通っている。老人ホームといえば?という問いに答えるにはわかりやすく説明もできよう。そのなかで、わざわざ有料老人ホームの話を中心にここできたのは、有料老人ホームは介護保険上は在宅扱いであり、利用者の対象のADL層が極めて幅広いからである。とはいえ、特別養護老人ホームの四方山話を知りたいのは、これからの高額な介護保険料という保険料を支払っていく、読者層の大半をおそらく占める、中高年の希望であろう。

そんなわけで、排泄の話を話題にしながら、特養に舞台を移してみよう。我が家の室内犬の話をして恐縮だが自分のトイレをする場所は当然心得てしつけされてきており、トイレというスペースで基本は排泄をする。けしてどこにでもするというものではない。ただし、トイレスペースのシートの交換がなされる前に再び、排泄を催した時は、すでに使用済みのトイレでは絶対しない。小水のしみがついている場所はせめてさけて、まだシートが汚れていない部分で排泄する。

また、排泄したシートや大便の上はけして踏んで歩くようなへまはしない。よけたり、飛び越えて歩いている。これはどの家の犬にも話を聴いてみると共通しているみたいであるが、すごいのは、長時間の留守番や叱られてすねたときなどの精神状態があまりよくない時の排泄は、ところかまわず、部屋のあっちこっちやわざとみんなが出入りする入り口ドア付近にひそやかにする。まさにその仕掛け方は痴呆のある高齢者の不潔行為につながる排泄の仕方なので、いつも感心しながら排泄物を片付けている。

で、話が人間に戻るが、オムツという状態は、本来不快なものであるのは言うまでもない。どんなにおしりさらっとシートや高分子の吸収力のある素材が開発されてきてもあまり変わらない。人間の日常生活としては、もともと不快な必要としなければよい快適なものがオムツということになる。それをつけるのがまずいやだというのが普通で、つけた状態で排泄をするというのに抵抗があり、さらに排泄したらただちに外してもらいたいという気持ちがごく普通だと考える。

わたくしめのたまに担当する初心者のための介護教室などは、オムツを本当に装着してもらって一晩寝てもらうというところから始まる。快適に眠れるのであろうか?聴いてもつまらない質問だが、快適なわけがない。大半の人はムレムレで、がそごそで、お尻がもこもこだと訴える。一番性能がいいと言われている高価な紙オムツを利用してでもである。それから、朝目覚めたら、横になったまま小水を排泄してもらう。前の晩たくさん水を飲んでもらうとなお楽しい。

いきおいよく出る憔悴は背中まで回ってしまうことがしばしば起こることと、あて方や性器の向きでとんでも無い方向に小水が漏れる。背中のオムツに少しでも上の下着のすそなんか重なっていればもう、毛根現象であっというまに背中のシャツがじーんと濡れてくる。で、そのまま排泄したおむつを外さずに横になってもらっている。もう、これには絶望的な雰囲気である。女性なら生理の時、ナプキンを使い汚れたら、ただちに交換したくなる感覚が一番近いだろうか。ま、いずれにしても、赤ちゃんのしているオムツと高齢者のオムツは、ここまで「不快」という点までは同じだろうと思う。次回は、オムツの話である。

2005.10.02

★Yahoo!ショッピングで「介護オムツ」を探す★
★楽天で「失禁用品」を探す★

辻本ゆめの

スポンサード リンク

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。


 

Web tamagoya.ne.jp
 
オススメサイト

週刊マナー美人

週刊節税美人

女性のためのクルマ読本

知って得する労働法

常識ぽてち

ファミレス様、覚悟せよ!

お店で買うにはちと恥ずかしい

四柱推命による人生相談


メルマガライター募集(素人歓迎)

お問合せ