介護保険を利用するには

いきいき介護ライフ|渡部紗也

2010年には65歳以上の人口の割合が22%になると予想されています。まさに超高齢者社会に突入!誰もが確実に介護する側、される側になりました。介護に関する基礎知識・法律や制度・心構え・コツなどを一緒に身につけていきましょう。

超高齢化社会コラム
老人ホームの裏事情Part5
〜学校では教えない本当の社会福祉〜new3.gif (112 バイト)
by エル・ドマドール
老人ホームの裏事情Part4
by 稲垣尚美
老人ホームの裏事情Part3
by 辻本ゆめの
いきいき介護ライフ
by 渡部紗也
老人ホームの裏事情Part2
by 永礼盟
老人ホームの裏事情
by 稲垣尚美
 
いきいき介護ライフ
11 介護用品 お風呂
10 介護用品 車椅子
09 介護用品 ベッド
08 介護予防
07

在宅介護に必要なもの

06 できる事は自分で
05 春のお出かけ
04 トイレについて(2)
03 トイレについて(1)
02 ケアプランについて
01 介護保険を利用するには
00 “介護”について考えたきっかけ

発行履歴と部数
渡部紗也自己紹介

総訪問者数:

最終更新日:2009.01.23

創刊:2004.12.15

  デジタルたまごやトップ
 
第1回

介護保険を利用するには

こんにちは、本格的に冷え込んできました。皆さん、お元気でお過ごしでしょうか?今回は、介護保険について知らない方のために、介護初心者マークの私なりに、少し調べてみましたので、お付き合いください。


介護が必要になった時

家族の誰かが、介護が必要になった。そんな時、はじめて介護保険を意識する方も多いのではないでしょうか。我が家もそうでした。父がいよいよ動けなくなり、これは大変だと、とても不安に思っていました。そんな時、たまたま利用したタクシーの運転手さんに「介護保険は使わないのですか?」と聞かれて、はじめてその存在に気づいたほどです。その頃は介護保険制度も、どういうサービスが受けられるのかも、全く分からない状態でしたが、今は様々なサービスがあるのを理解できただけでも、とても心強く感じています。



介護保険の制度や内容など、基本をまとめてみました。

介護保険は、40歳以上の全国民が加入し、介護が必要になった時に、介護サービスの費用を支払って利用することが出来ます。支払う保険料については、所得や年齢、在住する地域によって変わってきます。サービスを受けられるのは、第一号被保険者といわれる65歳以上の方、そして第二号被保険者といわれる40歳以上65歳未満の、特定の疾病が原因と認定された方です。


介護認定の申請

介護サービスを利用するため、介護認定の申請が必要です。


介護認定の申請から、介護サービスを受けるまで
  1. 申請
    申請用紙は、お住まいの市区町村の役所(保険福祉センター・介護保険課など)にあります。この時、担当者に説明を受け、記入できる箇所はその場で書いてしまうのが確実です。また、本人でなく、家族による代理申請も可能です。
     
  2. 訪問調査
    自宅に職員が訪問し、その人の心身の状態を調査します。結果はコンピューターで全国一律処理されます。(一次判定)
  3. 主治医による意見書作成。かかりつけの医師に、意見書を作成してもらいます。
  4. 介護認定審査会で、訪問調査と医師の意見書に基づき、介護が必要かどうか、どの程度の介護が必要かを審査します。(二次判定)
  5. 認定基準の区分に分けた認定の結果が通知されます。
  6. ケアプラン作成。認定結果にもとづいた、介護サービスの計画をたてます。
  7. 介護サービス利用開始

申請日から認定の結果が通知されるまで、約一ヶ月かかると思われます。認定結果が出る前でも、申請日までさかのぼって有効ですから、申請したその日からサービスを受けることも出来ます。


介護認定の有効期間

新規で認定を受けた場合、有効期間は原則6ヵ月です。ただし、申請者の心身の状態によって、3ヵ月から12ヵ月の間で、変更される場合があります。また、更新後の有効期限は、原則として12ヵ月ですが、こちらも申請者の状態によって、3ヵ月から24ヶ月の間で、変更される場合があります。


要介護認定の区分変更申請

申請後、症状が著しく変化した場合、変更の申請をすることによって、適切なサービスを受けることが出来ます。


認定結果に不満

認定結果に不満がある場合は、一度市町村に説明を受け(一次判定と主治医意見書の公開)、申請者の現状と異なる場合は、介護保険審査会に不服審査請求することが出来ます。特別な書類はないので、窓口でその故伝えるだけで済むそうです。


以上、介護保険の基本的な内容です。分からないことがあれば、まず役場に相談してみましょう。我が家の場合も、右も左も分からないまま役場に問い合わせてみましたが、担当窓口の方はとても親切で、良くして下さいました。介護という大きな課題を抱え、家族もご本人もとても不安なものです。しかし、まずは手続きをしないと何も始まりません。家族の負担を少しでも軽くするために、介護保険はとても大きな存在だと思います。

2005.01.01


渡部紗也

スポンサード リンク



※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。


 

Web tamagoya.ne.jp
 
オススメサイト

週刊マナー美人

週刊節税美人

女性のためのクルマ読本

知って得する労働法

常識ぽてち

ファミレス様、覚悟せよ!

お店で買うにはちと恥ずかしい

四柱推命による人生相談

小口輸入支援「販路ドットビズ」


メルマガライター募集(素人歓迎)

お問合せ