トイレについて(1)

いきいき介護ライフ|渡部紗也

2010年には65歳以上の人口の割合が22%になると予想されています。まさに超高齢者社会に突入!誰もが確実に介護する側、される側になりました。介護に関する基礎知識・法律や制度・心構え・コツなどを一緒に身につけていきましょう。

超高齢化社会コラム
老人ホームの裏事情Part5
〜学校では教えない本当の社会福祉〜new3.gif (112 バイト)
by エル・ドマドール
老人ホームの裏事情Part4
by 稲垣尚美
老人ホームの裏事情Part3
by 辻本ゆめの
いきいき介護ライフ
by 渡部紗也
老人ホームの裏事情Part2
by 永礼盟
老人ホームの裏事情
by 稲垣尚美
 
いきいき介護ライフ
11 介護用品 お風呂
10 介護用品 車椅子
09 介護用品 ベッド
08 介護予防
07

在宅介護に必要なもの

06 できる事は自分で
05 春のお出かけ
04 トイレについて(2)
03 トイレについて(1)
02 ケアプランについて
01 介護保険を利用するには
00 “介護”について考えたきっかけ

発行履歴と部数
渡部紗也自己紹介

総訪問者数:

最終更新日:2009.01.23

創刊:2004.12.15

  デジタルたまごやトップ
 
第3回

トイレについて(1)

皆さん、こんにちは。

前回までに介護保険の概要とサービスを受けるまでを簡単にご紹介しました。なんとなく介護保険を利用するための手順は理解していただけたと思います。今回は、介護していく上で、最初の難関になるであろうトイレの問題を、身近な例を上げて紹介したいと思います。

体が不自由な人を、毎日お世話するのは、精神的にも肉体的にも、大変な事が沢山あると思います。その中でも、避けて通れないのが排泄に関することです。人間、生きている限り、必要なのが食べる事と排泄する事。排泄に関して言えば、とてもデリケートで、症状によって対処も違い、介護を初めて体験される方は、戸惑う事もあると思います。

一人でトイレまで行くのが難しければ、家族に連れて行ってもらう、それも無理ならポータブルトイレ、尿瓶やオムツを使いますが、高齢者ご本人も家族も、出来ればトイレでしたい、させてあげたいと思うものです。けれど様々な機能が衰えているので、トイレまで間に合わなかったり、頻繁に尿意または便意があったりと、介護する側は世話や後始末に終われ、その事で頭が一杯になってしまい、精神的に余裕がなくなってしまいます。

また、介護される側も、自分の意思に反して失敗してしまうのですから、ストレスも感じるでしょうし、家族にも申し訳ない気持ちで一杯だと思います。だからといって、家族の方からオムツをしてほしい、とはなかなか言えないものです。少しでも体が動くうちは、トイレに行くのもリハビリだから…と。実家で父を介護する母も、ぎりぎりまで頑張っていました。オムツの話を出しても、「お父さんが可哀想な気がして…」と言い出しにくかったようです

けれど、やはり度々お漏らしをして、時にはベッドの下に水溜りのようになっている事が続くと、ストレスもかなり溜まってきて、さすがにどうにもならないと思ったのか、父が一人になる時だけ(母は昼間仕事をしています)オムツをしてもらう事にしました。なにしろ90キロの巨体です。立たせるのも、着替えさせるのも、頻繁になればなるほど、介護者である母の負担はかなりのものだったと思います。父自身もオムツを使うようになって、ずいぶん落ち着いたように思います。

自分の親ですが、私も子供からオムツをしてほしいと言われたら、父が傷つくのではないかと、言えずにただ見守っているだけでした。介護というのは、肉親だからこそ難しい問題が、まだまだ出てくるのだろうなと考えさせられます。私自身、母に任せきりではなく、少しずつ手伝えるようになれるといいと思います。

2005.01.29


渡部紗也

スポンサード リンク



※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。


 

Web tamagoya.ne.jp
 
オススメサイト

週刊マナー美人

週刊節税美人

女性のためのクルマ読本

知って得する労働法

常識ぽてち

ファミレス様、覚悟せよ!

お店で買うにはちと恥ずかしい

四柱推命による人生相談

小口輸入支援「販路ドットビズ」


メルマガライター募集(素人歓迎)

お問合せ