できる事は自分で

いきいき介護ライフ|渡部紗也

2010年には65歳以上の人口の割合が22%になると予想されています。まさに超高齢者社会に突入!誰もが確実に介護する側、される側になりました。介護に関する基礎知識・法律や制度・心構え・コツなどを一緒に身につけていきましょう。

超高齢化社会コラム
老人ホームの裏事情Part5
〜学校では教えない本当の社会福祉〜new3.gif (112 バイト)
by エル・ドマドール
老人ホームの裏事情Part4
by 稲垣尚美
老人ホームの裏事情Part3
by 辻本ゆめの
いきいき介護ライフ
by 渡部紗也
老人ホームの裏事情Part2
by 永礼盟
老人ホームの裏事情
by 稲垣尚美
 
いきいき介護ライフ
11 介護用品 お風呂
10 介護用品 車椅子
09 介護用品 ベッド
08 介護予防
07

在宅介護に必要なもの

06 できる事は自分で
05 春のお出かけ
04 トイレについて(2)
03 トイレについて(1)
02 ケアプランについて
01 介護保険を利用するには
00 “介護”について考えたきっかけ

発行履歴と部数
渡部紗也自己紹介

総訪問者数:

最終更新日:2009.01.23

創刊:2004.12.15

  デジタルたまごやトップ
 
第6回

できる事は自分で

まだまだ寒い日が続きますね。
春の訪れが待ち遠しい今日この頃。皆さん、お元気ですか?


前回、前々回で私の実父の例をあげて、トイレについて触れてみました。
結局のところ我が家は、現段階ではポータブルトイレで落ち着いた日常を取り戻す事ができたわけですが、その後幾つかのサイトをのぞいて見て、介護をしていく上で忘れてはならない事があるのを知りました。
例えば、排泄のことに限って言えば、頻繁に失敗してしまう場合や、尿意・便意自体を感じない場合は、オムツにする必要がありますが、そうなった場合も心身の状態を考慮しながら、外す努力を忘れない事が大切だという事です。
オムツを使用する事で、寝たきりになったり、痴呆が進んだりする可能性もあるのだそうです。

体が不自由だから、高齢だからと、身の回りの事に人の手を借りるようになると、自分でできる事もしなくなり、場合によっては状態をより悪くしてしまうという事です。
たとえ手や足が不自由であっても、できる事は沢山あります。

年配の方には、こんな感じのご夫婦多いのではないでしょうか。
「お茶」「新聞」「灰皿」と、一言言えば物が出てきて、一家の大黒柱は茶の間であぐらをかいている。風呂から上がれば、着替えは一式そろえてあり、指定席に座れば、当たり前のようにお茶、風呂上りならビールが出てきて、必要なものは手の届くところに置いてある。

お互いが元気なうちは、それでも良いかもしれません。
しかし介護の場面に関して言えば、自分でできる事は自分で、と言うのが鉄則です。
かゆいところに手が届く、と言うと聞こえは良いかもしれませんね。
ですが、それでは要介護者は、自分でできる事も面倒になり、やってもらうのが当たり前になってしまうでしょう。
人間楽な事にはすぐに慣れてしまいます。
何もする必要がないのなら、何もする気にならない。意欲も気力もなくなって…という恐れがあるのです。
ここでは、家族の方の接し方も大切になってくるでしょう。
でも人のいう事を全く聞かない人っていますよね。

実は父がそうです。
誰が何を言っても聞く耳を持ちません。
全く何をする気にもなれないらしく、リハビリも現在中断した状態です。
母や私、ケアマネージャーの方の話も、聞いているのかいないのか、目も合わせずに頷くだけで、周りの者は手を焼いています。当の本人はそんな事お構いなしですが。
今後、どうやってリハビリを再開させるかが、我が家の大きな課題になっています。
せっかく介護保険があるのに、父のようにディサービスや訪問介護などを利用するのに抵抗を感じてしまう方も多いようです。
こういった問題についても後々取り上げていきたいと思います。

2005.03.13


渡部紗也

スポンサード リンク



※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。


 

Web tamagoya.ne.jp
 
オススメサイト

週刊マナー美人

週刊節税美人

女性のためのクルマ読本

知って得する労働法

常識ぽてち

ファミレス様、覚悟せよ!

お店で買うにはちと恥ずかしい

四柱推命による人生相談

小口輸入支援「販路ドットビズ」


メルマガライター募集(素人歓迎)

お問合せ