在宅介護に必要なもの

いきいき介護ライフ|渡部紗也

2010年には65歳以上の人口の割合が22%になると予想されています。まさに超高齢者社会に突入!誰もが確実に介護する側、される側になりました。介護に関する基礎知識・法律や制度・心構え・コツなどを一緒に身につけていきましょう。

超高齢化社会コラム
老人ホームの裏事情Part5
〜学校では教えない本当の社会福祉〜new3.gif (112 バイト)
by エル・ドマドール
老人ホームの裏事情Part4
by 稲垣尚美
老人ホームの裏事情Part3
by 辻本ゆめの
いきいき介護ライフ
by 渡部紗也
老人ホームの裏事情Part2
by 永礼盟
老人ホームの裏事情
by 稲垣尚美
 
いきいき介護ライフ
11 介護用品 お風呂
10 介護用品 車椅子
09 介護用品 ベッド
08 介護予防
07

在宅介護に必要なもの

06 できる事は自分で
05 春のお出かけ
04 トイレについて(2)
03 トイレについて(1)
02 ケアプランについて
01 介護保険を利用するには
00 “介護”について考えたきっかけ

発行履歴と部数
渡部紗也自己紹介

総訪問者数:

最終更新日:2009.01.23

創刊:2004.12.15

  デジタルたまごやトップ
 
第7回

在宅介護に必要なもの

暖かくなってきましたね。こんにちは、お元気ですか?風もなく穏やかな日に、近所の梅林公園に行ってきました。娘達にはよい散歩になったようです。園内は、ベビーカーでも問題なかったので、車椅子でも行けそう。今週か来週あたり、また父を誘ってみようと思います。もうすぐ梅も終わりですよ、今度は桜です。

最近、老人養護施設に勤めている友人と会う機会がありました。彼女は看護士です。私は気になっている事について質問してみました。それはリハビリ再開についてです。

もう随分前から、病院のリハビリに行かなくなって、父の生活の場は家の中だけになってしまいました。しかも、デイサービスやショートステイといったサービスを受けるのも嫌がるので、全ての世話を同居の母がしています。

以前から、お風呂だけでも介護保険のサービスを利用する方が良いと言っているのですが、母は、「自分ができる間は、家で入れるよ」と言って聞きません。

見ている限り、入浴は週に二回程なので、母が言うようにそれほど大変ではないのかな、と思ってしまいますが、父と母の体格差があまりに大きいので、いくら週二回とは言え、やはり負担はあるでしょう。まずは、遠回しに聞いてみました。

「どう、職場は。色々な人がいるでしょう?」
「いるよ、皆歳を取っているだけ、癖も強いしね」
「人の言う事聞かない人もいるよね」
「そうだね、でも皆芯には寂しい気持ちがあるのかな」

今は、入所してくるほとんどのお年寄りに認知症が認められるそうです。在宅で家族のお世話をするのも大変ですが、施設で複数の方のお世話をしている彼女の仕事は、本当に大変そうでした。彼女の勤務する施設の所長さんが、こう言ったそうです。

「介護する側が体調を崩して、やむを得ず短期で入られる方もいるが、そうでない場合が多い」

自宅で、自分達で面倒を見るのが嫌だから入れる、と言う意味でしょうか。一昔前なら、まだ施設の数も少なく、家族を施設に入所させたりすると、ご近所から後ろ指刺されるようなこともありました。でも、現代のような超高齢化社会で、老人養護施設も様々なサービスも充実している様に見えると、家族だけで見るのが当たり前、という考えも薄れていました。(あくまで私の中で)

でも、考えてみれば、実際入所する側だったら、やっぱり悲しい、寂しいと言う気持ちももちろんあるのだろうと思います。それぞれの家庭に、それぞれ事情があって、施設を利用しておられるでしょうし、状況が整えば在宅で、やはり家族で介護したいと思ってらっしゃる方も多いと思います。今現在、在宅で介護にあたられているご家庭でも、要介護者の状態や家族の協力が得られるかどうかや、サービスを上手に利用できているか、千差万別でしょう。

友人は、我が家の状況を聞いて、言いました。
「私達は、なんだかんだ言ってもサービス業。ディサービスやリハビリに本人が行きたくないと言うのなら、無理に引っ張っていく事は出来ないよ。でも私達プロが五十キロの人をお世話するのもキツイのに、お母さんが九十キロのお父さんの世話を一人でしているのは、心配だね。外に出るのが嫌なら、訪問してもらえばいい。早いうちに訪問介護サービスを受ける事を薦めるよ」

近くに住んでいても、現在私が実家に顔を出せるのは、多くても週に一回。しかも3才・1才の子供からはまだ目が離せません。なにより子供たちに会うのを楽しみにしている両親なので、いつも一緒に訪問します。実家近くの兄や弟も、仕事が忙しくなかなか足が向かないようです。こうしてどんどん時間は過ぎていき、元気だった母の限界が来てしまってから初めて、事の重大さに気づく所でした。

時々、悲しいニュースを耳にします。老人夫婦の孤独死や、介護疲れから殺人に至ってしまったというケース。誰も頼る人がいなかったから、誰も関心を持たなかったから、誰も話を聴く人がいなかったから、…とても悲しい事です。在宅介護に必要なもの、それは家族の協力。そしてサービスを上手に利用する事。家族のお世話を、外部の方にお願いする勇気。一番大事なものは、要介護者だけでなく介護者の健康だと、つくづく思いました。

2005.03.27


渡部紗也

スポンサード リンク



※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。


 

Web tamagoya.ne.jp
 
オススメサイト

週刊マナー美人

週刊節税美人

女性のためのクルマ読本

知って得する労働法

常識ぽてち

ファミレス様、覚悟せよ!

お店で買うにはちと恥ずかしい

四柱推命による人生相談

小口輸入支援「販路ドットビズ」


メルマガライター募集(素人歓迎)

お問合せ