母子家庭・だからどーした? by 小林絵美

見せます。晒します。母子家庭の実体のすべて。子育て。苦労。喜びと悲しみ、そして情けなさ。女はどうする?棄てるのか?再婚するのかしないのか?髪振り乱し、新米ママのえみりんが書きなぐります。

母子家庭シリーズ

私は在宅母子家庭ワーカー
by 萩谷 実春

夜も寂しい母子家庭
by 北村マリア

母子家庭・だからどーした?
by 小林絵美

 

小林絵美

発行部数
ライター募集
只今たまごやでは母子家庭ママによるメルマガライターを募集中です。奮ってご応募ください>>詳細

小林絵美のエッセイ

23 男ママ、女ママの育児
22 さびしい夜
21 閑話休題〜性の秘密?〜
20 ついに白髪染め…
19 ランドセル
18 転職
17 子供の包茎・その後
16 息子のオチ○○ン
15 親の老後
14 母子家庭ってスキがある?
13 頑張る、って変かね
12 自己破産・その1
11 今週は「恋」
10 旧姓に戻すか、夫姓を名乗りつづけるか
9 保育園…えみりんの場合
8 閑話休題「保育園」
7 小林絵美です
6 近況
5 福祉預金
4 子供の七五三
3 恋愛ってどうすればできる?
2 携帯電話を売ってくれるの? くれないの?
1 母子家庭ライター誕生

第3回

恋愛ってどうすればできる?


私の友達関係や知り合う人がことごとく、未婚の母だったりバツイチ(ひとりバツニもいるが)だったりが多いんである。まるで伝染病のようにみぃ〜んな母子家庭。けっして選んでいる訳ではないのだが、時代の流れなのかシングルマザーって多いね。

仕事と育児、体力的にも気力的にも疲れがたまる。子供がいるからこそ頑張れることもあるが、逆に一人前にするまでは頑張れるだろうか?と、責任の重さに凹みそうになる時も多い。

ついつい誰かの肩に寄りかかって守られて生きていきたいと弱音を吐きたくなってしまうよ。心の支えになる恋人を作ればいいじゃないかと思うでしょ。ところが、どーいうわけか子供を抱えた女の恋愛ってインモラルな雰囲気があるらしくて、ご近所のワイドショー的ネタにされてしまうんである。悪いことかしらねぇ〜?

友人A子は、私と同じ母子家庭で生活保護を受けている。付き合い始めた彼がいて週に1度、子供を寝かしつけた後ファミレスでおしゃべりや食事を楽しんでいたのだ。ある日、福祉事務所から呼び出しがかかった。役所の対応としては、恋人を作ることに口出しはしないが経済的にその人から援助を受けられるなら保護費を打ちきりにしたい、とのことを言われたらしい。なんじゃ、それぇ〜!?援交をしろってかぁ〜!?ま、もっともみなさんの税金からいただいている保護費。男と付き合うためのお金じゃないのよ、って言われるのもしかたないけどね。でも男とファミレスにいただけで呼び出され嫌みを言われるなんてビックリだよ。

あとで分かったのだが、その店でバイトしてるB子が役所にチクったらしいのだ。A子とB子は友達ではないが月に一度役所に保護費を受け取りにいく時によく顔を合わせる知り合いだとか。(毎月役所の窓口に出向き現状報告して受け取るシステムになってるの。長い行列ができて異様な光景だよー)同じ生活保護世帯同士なのに、いや、同じ境遇だからこそ嫉妬や妬みなどで人が自分より幸せなのが許せないという感情や摩擦がおこりがちのなだ。役所にチクったB子にしても、何を言ったかは知らないけどそれでけっしてB子の生活がうるおう訳ではない。昔の戦時中じゃないんだから報酬なんてない。ったく!

辛い時、苦しい思いの時、誰のことも恨めしく感じる気持ちはわからなくもないよ。自分の気持ちに余裕がない時って、感情のコントロールが難しい。私だってイライラして子供にやつあたりしたことが何度もある。(かわいそうなことしちゃったな〜)心の中で「けッ!うまくやりやがって」 と思う時はあっても(私もそうとう意地が悪いねー・笑)それを相手を困らせるために行動に移しちゃうなんて正直、不気味だ。性格の問題だろうが自分の置かれている立場や生活がとってもみじめに思えてくる。

恋愛しちゃ、いけないのかい?私の場合はまず相手を見つけるのが先決問題だが、この年になってまで親の目ならぬ近所の目を気にしていかなくちゃならないという現実に愕然とした。

●今週のえみりん●

ついに決心。白髪染めを購入、デヘヘ〜。前から気にはなっていたんだが、ずっと「気のせい」にしていた前髪の白髪・・・。女を磨いていい男をGETするぞぉ。あ、これはご近所には内緒ね〜(笑)。

2000-11-09


小林絵美

母子家庭・だからどーした?


たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

知って得する労働法

週刊節税美人

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい

創刊:2000.11.02
訪問者数:
更新:2016.12.03

デジタルたまごやトップ