母子家庭・だからどーした? by 小林絵美

見せます。晒します。母子家庭の実体のすべて。子育て。苦労。喜びと悲しみ、そして情けなさ。女はどうする?棄てるのか?再婚するのかしないのか?髪振り乱し、新米ママのえみりんが書きなぐります。

母子家庭シリーズ

私は在宅母子家庭ワーカー
by 萩谷 実春

夜も寂しい母子家庭
by 北村マリア

母子家庭・だからどーした?
by 小林絵美

 

小林絵美

発行部数
ライター募集
只今たまごやでは母子家庭ママによるメルマガライターを募集中です。奮ってご応募ください>>詳細

小林絵美のエッセイ

23 男ママ、女ママの育児
22 さびしい夜
21 閑話休題〜性の秘密?〜
20 ついに白髪染め…
19 ランドセル
18 転職
17 子供の包茎・その後
16 息子のオチ○○ン
15 親の老後
14 母子家庭ってスキがある?
13 頑張る、って変かね
12 自己破産・その1
11 今週は「恋」
10 旧姓に戻すか、夫姓を名乗りつづけるか
9 保育園…えみりんの場合
8 閑話休題「保育園」
7 小林絵美です
6 近況
5 福祉預金
4 子供の七五三
3 恋愛ってどうすればできる?
2 携帯電話を売ってくれるの? くれないの?
1 母子家庭ライター誕生

第15回

親の老後


  親の老後 えみりんです。2月も後半になってきて、そろそろ春の新入学・入園の準備が始まったね。我が家も下の娘が小学校入学を指折り数えて楽しみにしているようだ。私は財布を開いては、しょぼい計算をしとります…。

●今週は「親の老後」●

 人生のうちで30代という年齢がイチバン金がかかるような気がする。それは子供が育ち盛りであり、自分の親が定年を迎える年代であるからだ。これはあくまで世間一般の計算だが。子供の養育と親の老後の世話が30代の背中に重くのしかかってくる時期ではないかな。

 えみりんの場合は、母子家庭であるから自分の親のことだけを考えればすむ。こりゃあ、負担が半分になって楽かしらぁ〜と、不謹慎にぼんやり考えていたのだが。今月、父が突然退職した。昨年末から腰痛を理由に会社を長いこと休んでいたのだが、ある日退職していたという事が判明した。長く会社を休みつづける父に業を煮やした母が問いただしてわかったのだ。父の会社はご多分にもれず、世間並のリストラの嵐が吹きまくっていた。長いこと家族のために働きつづけた父は「退職」の2文字が、どうやら言えずにいたらしい。父の想いはわからない。今は聞いちゃいけないような気がして、時期を待っているのだが…。父の67歳という年齢にしかわからない想いがあるのだろう。私も、いつまで休んでいるんだろうとは思っていたが、まさか突然退社をしたとは考えもしなかった。

 本音を言うと「これからどーすんだよ!」何かに八つ当りしたい心境だ。背中が重いぜ〜(-_-メ) 頼りにならない娘かもしれないが相談してくれてもよかったのに。えみりんはついに、バツ一・コブ付き・ジジババ付きになった、とほほ。ますます恋愛に遠くなったようだ(タメ息(T_T) )

 友人で健康補助食品に勤めている独身がいる。仕事はおもにお客様係り。電話で注文や健康相談などを担当している。医学とは無縁の商業高校卒であるが…。おもに電話をかけてくるのはお年寄りが多いという。彼女は優しい性格であるから、年寄りの愚痴や病気の話も親身になって聞いているらしい。健康補助食品であるから、お値段もお高いざーます。そのせいか注文を受けたあとに、家族がキャンセルの電話をしてくるケースが多いそうだ。年金や自分の財産を使っての購入だとしても、その家族は「無駄」と一蹴する。友人もビックリしたそうだが、中にはえらい剣幕で「年寄りから金をむしりとるマネをして、いいと思っているのか!」「余計なことを吹き込むな!」などと“金・金・金”しか言わない息子に娘たち。友人がため息まじりにつぶやく。「切ないねー。自分の親だというのに、自分に残る金の計算ばかりしてさー。親が病気の時に使わないで一体いつ使う金なんだろうねぇ…」年取った親たちの嘆きが目に浮かぶ気がした。

 自分に置き換えてみると、どうするだろう…?心情としては友人に共感するが。父の退職、今後の生活設計、子供のこと、自分の夢、など諸々のことが交錯して、ふと“友人が嘆いた家族たち”の心境にも近い思いを抱いている自分がいたりして、冷や汗が出た。

 人生の終焉について、しみじみ考え込むえみりんであった…。

2001-02-21


小林絵美

母子家庭・だからどーした?


たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

知って得する労働法

週刊節税美人

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい

創刊:2000.11.02
訪問者数:
更新:2016.12.03

デジタルたまごやトップ