母子家庭・だからどーした? by 小林絵美

見せます。晒します。母子家庭の実体のすべて。子育て。苦労。喜びと悲しみ、そして情けなさ。女はどうする?棄てるのか?再婚するのかしないのか?髪振り乱し、新米ママのえみりんが書きなぐります。

母子家庭シリーズ

私は在宅母子家庭ワーカー
by 萩谷 実春

夜も寂しい母子家庭
by 北村マリア

母子家庭・だからどーした?
by 小林絵美

 

小林絵美

発行部数
ライター募集
只今たまごやでは母子家庭ママによるメルマガライターを募集中です。奮ってご応募ください>>詳細

小林絵美のエッセイ

23 男ママ、女ママの育児
22 さびしい夜
21 閑話休題〜性の秘密?〜
20 ついに白髪染め…
19 ランドセル
18 転職
17 子供の包茎・その後
16 息子のオチ○○ン
15 親の老後
14 母子家庭ってスキがある?
13 頑張る、って変かね
12 自己破産・その1
11 今週は「恋」
10 旧姓に戻すか、夫姓を名乗りつづけるか
9 保育園…えみりんの場合
8 閑話休題「保育園」
7 小林絵美です
6 近況
5 福祉預金
4 子供の七五三
3 恋愛ってどうすればできる?
2 携帯電話を売ってくれるの? くれないの?
1 母子家庭ライター誕生

第17回

子供の包茎・その後


  子供の包茎・その後えみりんです。先週のテーマ「子供の包茎」について、たくさんのご意見や情報をありがとう!です。

●今週は「子供の包茎・その後」●

「包茎には真性包茎と仮性包茎があって、日本人は仮性包茎が多いのだよ」北海道のOさん

「清潔のために良いです」Mさん

「余計なことをして傷を付けたり菌が入っては大変です」ATさん

「然し母性愛が受難劇に変わることもあるんですねー カカ大笑」KIさん

「あれって絶対に剥くの?」CFさん

「包茎問題には悩みました。人に聞くと、ほっとけばいいともいわれました」大阪市32歳ママさん

「私も以前やってみたけど、えみりんと同じく失敗だったなぁ」茨城HYさん

「中学に入るまでは剥けていない子どものほうが大半だと思います」Fさん。

他みなさま、どうもありがとうございます!

やはり、女性(母)にとってはどうしたらいいのか、わからないまま思い悩むことであるらしい。逆に男性はしっかりした情報を持っていて、しかも私の息子に対する同情も多数。まさに“思わず○○が痛くなる話”だったのかな(笑)。

いつもメルマガが発行されたあと、たくさんのメールを頂く。まだそのすべてに返事を出せていなくて、申し訳なくて反省のえみりん。でも私ひとりで読んでしまいこむにはもったいないほど、貴重なナマの声・心の込もった思いを頂いております。ほんと、頂くメールからいろんなことを学び、数々の叱咤激励に感謝感激っす(いつになく謙虚だなあ、私)笑。

今後メルマガに掲載してもイイヨということがあれば、ひとこと書いてくだされば引用させて頂くこともあるかもデス。それがなければえみりんが個人で読んで喜びますんで、笑。よろしくです。

結局、レイのモノは剥いたらいいのかどうかは結論がないママだけど来週、医療関係の友人に会うので、ちょっくら聞いてご報告いたします。

2001-03-08


小林絵美

母子家庭・だからどーした?


たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

知って得する労働法

週刊節税美人

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい

創刊:2000.11.02
訪問者数:
更新:2016.12.03

デジタルたまごやトップ