母子家庭・だからどーした? by 小林絵美

見せます。晒します。母子家庭の実体のすべて。子育て。苦労。喜びと悲しみ、そして情けなさ。女はどうする?棄てるのか?再婚するのかしないのか?髪振り乱し、新米ママのえみりんが書きなぐります。

母子家庭シリーズ

私は在宅母子家庭ワーカー
by 萩谷 実春

夜も寂しい母子家庭
by 北村マリア

母子家庭・だからどーした?
by 小林絵美

 

小林絵美

発行部数
ライター募集
只今たまごやでは母子家庭ママによるメルマガライターを募集中です。奮ってご応募ください>>詳細

小林絵美のエッセイ

23 男ママ、女ママの育児
22 さびしい夜
21 閑話休題〜性の秘密?〜
20 ついに白髪染め…
19 ランドセル
18 転職
17 子供の包茎・その後
16 息子のオチ○○ン
15 親の老後
14 母子家庭ってスキがある?
13 頑張る、って変かね
12 自己破産・その1
11 今週は「恋」
10 旧姓に戻すか、夫姓を名乗りつづけるか
9 保育園…えみりんの場合
8 閑話休題「保育園」
7 小林絵美です
6 近況
5 福祉預金
4 子供の七五三
3 恋愛ってどうすればできる?
2 携帯電話を売ってくれるの? くれないの?
1 母子家庭ライター誕生

第21回

閑話休題〜性の秘密?〜


たまごやです。いつも「母子家庭・だからどーした?」をご購読ありがとうございます。今号は都合により、小林絵美さんに代わりまして私たまごやが閑話休題を書きます。母子家庭と全然関係無いハナシですが、よろしくお願いします。

●閑話休題〜性の秘密?〜

なぜ人には男性と女性があるのでしょう?オトコトオンナ。正解はHをするためです。

人間に限らず動物はいつの時代にも天敵に悩まされています。人類で言えば天敵はウイルスでしょうか。ウイルスは克服しても克服しても突然変異で私たちを攻撃してくる。しかもこのスピードは大変速い。しかるに私たち人類も猛スピードで対策を講じなければなりません。ウイルスに対抗できる強い身体をすばやく得る必要があります。その対策が性なのです。

細胞分裂ではなく異性と交わることで、新しく遺伝子を組替えてウイルスに対抗する設計図を作ります。当然メスは強いオスを選ぶ必要があります。またオスは新しい遺伝子を愛情を持って育ててくれるメスを選ぶことが重要です。Hがキモチいいのは遺伝子にとって死活問題となる大事な作業だからです。つまり言ってみれば飴玉ですな。そしてウイルスに対抗できる強い子孫を残す。

子孫は大事に育てなければならない。遺伝子の乗り物ですから。育児は大変です。これはムチですな。男に経済力が必要なのも、子供ができると妻が母に豹変するのも、元はといえばぜーんぶ遺伝子が指図してるのです。

ちなみに、遺伝子は性を作ると同時に細胞の分裂回数も制限しました。無限に分裂するよりも、新しい子孫に乗りかえる方を選びました。そのおかげで寿命ができたのです。最近、人間のクローンを作る技術が発達し、某外国では既にクローン人間の研究をはじめているとか。これはとんでもないことですな。折角「性」を手に入れたのに原始の時代に戻るに等しい行為です。

さて、人類は何を血迷ったかウイルスを征服しはじめました。それによって寿命が延びましたが、寿命が延びるということは、同時に性が必要でなくなるということを意味します。寿命が延びれば生殖能力が落ちる。子供が少なくなり、男女差がなくなり、人間自体活気がなくなるる。これは自然の成り行きなのかもしれませんね。

「あ、あの人素敵だわ」、「あの子きれいだー」と感じるのは強い子孫を残すための遺伝子の仕業なのです。せいぜいだまされないようにしましょうね。いや人類の存続の為にはだまされなければならないのかも??

2001-04-07


小林絵美

母子家庭・だからどーした?


たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

知って得する労働法

週刊節税美人

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい

創刊:2000.11.02
訪問者数:
更新:2016.12.03

デジタルたまごやトップ