夜も寂しい母子家庭 by 北村マリア

母子家庭で暮らしていくには想像以上の忍耐と根気が必要。時には不本意なことも・・。二人の保育園児を抱え風俗店の受付嬢も経験した妖艶なシングルママが、寂しい夜を克服しつつ母子家庭の喜怒哀楽を綴ります。

母子家庭シリーズ

私は在宅母子家庭ワーカー
by 萩谷 実春

夜も寂しい母子家庭
by 北村マリア

母子家庭・だからどーした?
by 小林絵美

 

北村マリア

発行部数
北村マリア自己紹介
ライター募集
只今たまごやでは母子家庭ママによるメルマガライターを募集中です。奮ってご応募ください>>詳細

北村マリアのコラム

19 実習生
18 水子
17 再会
16 現況報告
15 社会復帰
14 神経質
13 見合い話
12 風雲
11 離婚合意
10 修羅場(激情編)
9 変態談義
8 黄昏
7 潮騒
6 七転八起
5 父性愛
4 攻撃の夜
3 悶夜
2 秘め事
1 一人の夜
0 男いない歴

第6回

七転八起


風俗をやろうと思ったのは、お金目当てでもあったけど、部屋を探す約束をしてくれたからである。レギュラー入店が条件だったけど、社宅を出た後母子3人で生活できる場所を確保できるならまずはそれでよかったのだ。

夫は会社を飛び出した後、引き止める人たちを振り切って辞表を出した。子供もいることだしと一ヶ月間の猶予をもらったが、一ヶ月では時間が足りなかった。考えがまとまらない中、とにかく子供だけは路頭に迷わすまいと思案中に風俗嬢の友人から風俗に誘われた話は前に書いた。

部屋探しが難航したのにはわけがある。私には東京に身内がいなかった。唯一の身内は夫の両親だ。夫が辞表を出した後すぐさまお願いしたのだが、私たちの部屋の保証人にはならないと突っぱねられた。友人知人は愚痴は聞いてくれたが、部屋の保証人となると、皆巻き込まれることを恐れて引いてしまう。

私は共産党支持者ではないのだが、共産党は福祉に厚いと聞いて区役所の議員室まで行った事がある。知り合いの不動産屋を紹介してもらい、早速相談に行ったのだが、保証人なしで借りられて、かつ私一人でも何とか払えそうな家賃…となると、その不動産屋の物件では子供たちの保育問題が生じてしまった。

そんな四苦八苦している最中、夫の両親が突然、私が無条件離婚をするならば部屋の保証人になってあげましょうと、息子を介して言ってきた。無条件…それは、養育費なしということである。息子は息子で…夫だが、親がそう言い出してからと言うもの『どうしますか?』とばかりに離婚交渉はしてこなくなった。

私もバカだった。何が何でも離婚なんかしてやるもんかの一念にあるのみだった。渡りに船とばかりに風俗に飛びついたのは、やられっ放しで離婚するのが悔しかっただけだった。それに…

夫と付き合って、結婚生活含め5年。その間、私は他の男と関係を持ったことがない。長女が生まれた後くらいから、夫の性癖に苦しんだ。出勤10分前に背後からブラに手を入れられる、乳首や陰部を弄繰り回される…。『何なのよ!!』と抗議したら、浮気された。だからそれ以来、私は夫の性癖に耐え続けていた。いつの間にか耐える性行為が当たり前になっていた。

店長との講習は私にとって、思ってもみなかった素晴らしいストレス解消だった。それが意外すぎたから、余計に刺激的だった。一時何もかも忘れられた爽快感は癖になりそうだった。いや、なったのだ。女だから性産業は純粋に怖かったけど、それを伏すだけの淫らな魅力は十二分にあり、当時いろんなものを抱え込んで頭のいかれてた私には、もう、道徳なんて関係なかったのだ。

2003.04.13

北村マリア

夜も寂しい母子家庭


たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

知って得する労働法

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい

創刊:2003.02.23

最終更新日:2016.12.02

総訪問者数:

デジタルたまごやトップ