失業そしてタクシードライバー -週末派-

失業してタクシードライバーを決意した筆者がタクシー会社面接、二種免許取得、初乗車、業務日記等をドキュメントタッチで披露します。タクシーに興味のある方またリストラで悩む方におおくりする汗と涙の奮闘記。

週末派ご案内

はっぱ

マガジン発行履歴

はっぱ 週末派自己紹介
はっぱ あなたもライターになれる

新着エッセイ

6 会社訪問
5 失業者の情報収集
4 4つの候補
3 雲助
2 タクシードライバーを選択
1 ハローワークにて

0

只今転職活動中

第3回

雲助


 よく聞く言葉
「最後に流れ着く職業=タクシードライバー」
「雲助」

 全く、今従事している方には大変失礼な言葉である。そもそも、社会的地位って何?? というのが持論。職業で社会的地位を判断しても別に構わないが、では社会的地位の高いと言われる職業の方々の道徳観は??? という話にもなってしまう。その最たる職業が・・・そう「政治家」、「国家公務員」ですよね??

 確かにタクシードライバーの中には、とんでもないドライバーが数多くいる。私もタクシーに乗って嫌な思いをした事が、車を運転している時に対タクシーで嫌な思いをした事が数多くある。そういった個々の体験が積み重なって業界のイメージを作り上げている所は否めないと思う。

 まぁ、だからそこまでサービスに対して退廃している業界だから、大きな変貌を遂げる可能性も無きにしも非ずだが、これから始める者にとっては結構「一大決心」が必要である。

 ちょっとネガティブなところから始まるタクシードライバーへの道ではあるが私自身、こうしてメルマガを書いて自分自身を納得させているのかも・・・。

 とりあえず、タクシーを志望した動機は「タクシーが好きである」ということで読者の皆様には納得して頂きたい。

 稼げればもっと声を大にして言えるのになぁ 笑
 月収50万にでもなれば言います!!

 「 最高のお仕事ですよ!!! 」

2004.12.24

週末派(しゅうまっは)


スポンサード リンク

失業そしてタクシードライバー|週末派


 

たまごや

がんばる派遣美人

知って得する労働法


週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

お店で買うにはちと恥ずかしい

四柱推命による人生相談

小口輸入支援・販路ドットビズ


創刊:2004.11.18
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ