失業そしてタクシードライバー -週末派-

失業してタクシードライバーを決意した筆者がタクシー会社面接、二種免許取得、初乗車、業務日記等をドキュメントタッチで披露します。タクシーに興味のある方またリストラで悩む方におおくりする汗と涙の奮闘記。

週末派ご案内

はっぱ

マガジン発行履歴

はっぱ 週末派自己紹介
はっぱ あなたもライターになれる

新着エッセイ

6 会社訪問
5 失業者の情報収集
4 4つの候補
3 雲助
2 タクシードライバーを選択
1 ハローワークにて

0

只今転職活動中

第5回

失業者の情報収集


タクシーに関する情報を収集しまくった。 缶コーヒー渡して初乗り料金で目的地は言わず、

 「 ちょっとお話聞かせて下さい!! 」って

 大部分の運転手さんは、

 「 あなたマスコミ関係の人?? 」

 と聞いてくる。 その度に、

 「 いえ、只の失業者です… 」 (苦笑)

 生の情報が聞けてよかった。 おかげさまで2社まで絞る事 が出来た。

 1社目の会社に面接に行った。 指定時間に担当者は居なかった。担当者は営業所の所長。 買い物らしい・・・ 

 「やっぱり こういう業界???」

という気持ちが過ぎった。先方様も困ってしまったらしく工場長が代わりに面接してくれる事になった。

 「しかし、工場長と面接してどうするのだろう???」

 工場長とは車両のメンテナンス等を行う整備のスタッフである。ツナギ姿の彼との面接が始まった。

 ピントのズレた話ばかり・・・ 彼はひとりで喋っている。

規制緩和によっての新規参入組でちょっとしたセンセーションを業界に起こしている会社だけあって工場長も鼻息が荒い。会社の自慢話ばかりでこちらに質問はしない・・・。

 ???  ??? 

 内定だって!!! 笑   はぁ???

しかも、後日所長と面接だって???

 ???  

 2社目の会社に面接に行った。 こちらはとても丁寧な応対である。ここは小さい地元の会社であるが、地域でもサービスの良さは有名でリピート客の多さを誇る会社である。私も地元ではここ以外のタクシーには絶対に乗らなかった。駅の付け待ちでも後ろの人に譲って、この会社のタクシーを待ったものである。

 社長と専務とあとひとり、3対1での面接であった。説明がおよそ1時間、質疑応答が30分、その他が30分・・・

 2時間の面接であった。 

 こちらは合否連絡まで1週間と言われた。 う〜ん少しマトモ。たぶん、採用枠があるのであろう。そしてここ何日かで数人の面接をして選ぶのではないかと思った。

 大手タクシー会社は結構即採用みたいで、後に身上調査、健康診断簡単な技能試験で本採用と聞いていた。

 台数がバンバン欲しいから採るだけ採るらしい・・・。それが、タクシー台数の増加に繋がっている供給過多ってヤツですね。

 1週間後、連絡が来た  内定であった。

 必ず、、採用されると分かっていても結構嬉しいものである。

2005.01.15

週末派(しゅうまっは)


スポンサード リンク

失業そしてタクシードライバー|週末派


 

たまごや

がんばる派遣美人

知って得する労働法


週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

お店で買うにはちと恥ずかしい

四柱推命による人生相談

小口輸入支援・販路ドットビズ


創刊:2004.11.18
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ