失業そしてタクシードライバー -週末派-

失業してタクシードライバーを決意した筆者がタクシー会社面接、二種免許取得、初乗車、業務日記等をドキュメントタッチで披露します。タクシーに興味のある方またリストラで悩む方におおくりする汗と涙の奮闘記。

週末派ご案内

はっぱ

マガジン発行履歴

はっぱ 週末派自己紹介
はっぱ あなたもライターになれる

新着エッセイ

6 会社訪問
5 失業者の情報収集
4 4つの候補
3 雲助
2 タクシードライバーを選択
1 ハローワークにて

0

只今転職活動中

第6回

会社訪問


 1社目のすっぽかしをくらった会社を再び訪問。この会社は、情報収集の訪問を入れると4回目である。

 所長が出てきた。

 うあわ〜〜〜 タバコくわえてるよ。

 ワンコインで乗れ、デフレの波に乗る順風満開のこの会社。数年後にはキャピタル会社との絡みもあるが、株式上場を狙っている。女性客の支持も高く、マスコミにも良く取り上げられた。


 が、面接にタバコくわえながらノーネクタイの不潔そうな姿で来るとは。まして前回のすっぽかしについては何も言わない。

 所長ですよ! 営業所の・・・。

 もう私の気持ちはこの会社になかった。適当に話をして、入社書類を貰って、入社予定時期を適当に言って、営業所を出た。

 今度はこちらがすっぽかしてやる   笑

 帰りにタクシーに乗った。  態度の悪いドライバーに当たってしまった。しかも、道を知らなかった。 

 こちらもイライラしていたので、ドライバーと大喧嘩になった。


そこで一言 「 タクシーセンター通して続きはやらせてもらうよ! 」

 相手は急に土下座。 おいおい  それだったら喧嘩売るなよ!



私の経済的な状態では、月に30万は稼がないといけない収支である。

タクシーで30万は相当厳しい。どの会社に訪問しても

 「 真面目にやればもっといくよ 」

といわれる。

 「 社員の平均は40〜45万だね。 」

ともいわれた。

しかし、業界の平均年収は200万台である。東京に限っても400万前後、これで早くも嘘はバレる。


というわけで副業探しが始まるのであった。 私が行こうと思っている会社は免許取得後、4勤 1休で、その勤務は 早番(6〜18時)、遅番(18〜6時)というシフト制である。

早番の時と、体調的に余裕がある休日にバイトをして30万の手取りをクリアーしようという目論見である。

本当は新人なのだからタクシー一本で努力すべきなのだが、私には毎月の支払いがいっぱいあるので逃げ場を作る必要があるのであった。

完全歩合給ですから・・・  タクシーは。

2005.01.25

週末派(しゅうまっは)


スポンサード リンク

失業そしてタクシードライバー|週末派


 

たまごや

がんばる派遣美人

知って得する労働法


週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

お店で買うにはちと恥ずかしい

四柱推命による人生相談

小口輸入支援・販路ドットビズ


創刊:2004.11.18
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ