リストカット中学生 -中瀬ゆい-

現代社会でも問題となっているリストカット。死ぬために切るのではなく、じつは生きている証として手首を切る。リストカット・鬱病・いじめなど色々な諸問題に対峙し健気に生きる女子中学生の実録手記。

リストカットカテゴリ

リストカット中学生Part1
by 中瀬ゆい

リストカット中学生Part2
by つぐみ悠

リストカット中学生Part3
by 外村 希

リストカット中学生Part4
by 中瀬ゆい

リストカット中学生NEO
by 神埼妃織

リストカット中学生ANNEX
by 常陸院飛鳥

リストカット高校生
by 戌乃刻葉月

女子高生の精神科ライフ
by 燕 弥子

リストカット女子高生
by 成瀬黎奈

リストカット社会人
by 岩倉 玲

心と体のスケッチブック
by しろいぬ万呼

ミニを履いたリストカッター
by 桐谷梨紗

私、精神科通ってます
by 伊藤ハル

中退リストカッター
by 澤田ゆき

心の病と向き合う
by 倉山栞

さっちんの精神科闘病記
by トランペッターさっちん

 

中瀬ゆい

中瀬ゆい自己紹介

中瀬ゆいのコラム

リストカット中学生4へ

25 最終号
24 弟。
23 恩師。
22 ファッションカット
21 カレシ
20
19 援助交際
18 トモダチ
17 伝えたいコト
16 不登校
15 自虐行為と表現力
14 得たモノ。失ったモノ。
13 恋愛話
12 自殺未遂(2)
11 自殺未遂(1)
10 中瀬の精神科レポート
9 精神科デビュー
8 理解
7 機転
6 鬱病・・?
5 やめられない。止まらない
4 寂しさ
3 平凡な中学生
2 始まり
1 キッカケ
0 リストカット

第25回

最終号


中瀬はいつだってHちゃんに甘えてきました。それはバックナンバーを見てもらえばわかると想います(笑)Hちゃんだけぢゃなく周りの人総てに甘えてきました。だから中学時代は独りでいるコトはあまりありませんでした。でも高校に入学してHちゃんとも別々・・・以前は鬱になったら傍に居てくれた。休んだ日に時々家に遊びにきてくれたり、話を聞いてくれたりとホントにべったりさんでした。だから高校で別々になって傍から離れてしまったのが寂しくて寂しくて仕方なかった。

よく「Hちゃんと同じ学校がよかった」「また中学時代に戻りたい。みんなと一緒がいい」と言っては泣いた。でも戻れないコトを知っていた、Hちゃんからも自立しなきゃイケナイことも理解はしていたけど頭でわかっていても精神的には受け入れらずにいた。ある日Hちゃんに鬱になりそのコトを泣きながら話した。そうしたら「孤独の時間を好きになって自分を受け入れろ!孤独を好きにならなきゃ、ただ自分を守るために人を好きになるだけ」って本当にそうだった。ただ自分を孤独から守りたいから人を好きになっているだけ・・・「中瀬は独りでいる時間があまりナイと想う。独りの時間をもっと大切にして色々いっぱい考えてみな!もっと視野が広がるよ。鬱の時間さえも大切にしてみな」と言ってくれた。

スゴイと想った圧倒された。「なんでHちゃんはそんな大人考え方でそんな考え方ができるの?」と聞いたら「独りの時間大切にしていっぱい考えてるからだよ」って言ってた。中瀬はその時、鬱だからってすぐ人に電話をするのをやめようと、もっと視野を広くしたいからHちゃんの言葉を忘れずに鬱の時間さえも大切にしようと想いました。それからは独りで考える時間が少しずつ増えて、やっぱりHちゃんや中学時代の友達と離れて寂しい時もあるけど「距離」は変わらないしずっとずっと大切な人だからそれで良いんだと想います。

さて・・・今回は題名の通り最終号です。今まで読んでくださった方。中瀬にメールをくれた方総ての人に感謝してます、本当にありがとうございました。メルマガは今回で最終号だけど文章はどこかで書き続けていきたいと想ってます。どこかで見かけた時はまたよろしくお願いします(笑)それではバイバイサンキュー!!!

2004.09.14
 

中瀬ゆい中瀬ゆい


リストカット中学生


 

たまごや

声優を目指す少女マキ

不登校とんでけ!

教育者様、覚悟せよ!

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

四柱推命人生相談

ファミレス様、覚悟せよ!

お店で買うにはちと恥ずかしい

創刊:2003.09.01

最終更新日:2013.06.06

総訪問者数:カウンター

デジタルたまごやトップ